メットライフ生命 サニーガーデンEX/ 外貨建て終身保険の予定利率・保険金・保障を評価 レビュー

メットライフ生命 サニーガーデンEX
オススメ度:
1
保険会社:
メットライフ生命
名称:
サニーガーデンEX
通貨:
米ドル・豪ドル
支払方法:
一時払い
予定利率:
米2.8% 豪2.0%
特徴:
しっかりのこしながら受け取るとるたのしみも

メットライフ生命 サニーガーデンEXは選択肢の難しさだけが際立つ?

サニーガーデンEXはメットライフ生命の一時いの外貨建て終身保険で、金融機関窓口でのみ契約できる保険だ。金融機関は三井住友銀行の他、各県の地方銀行・信用金庫等で契約できる。以下、サニーガーデンEXの概要を記載し他社の保険と比較する。

この保険は保険料が外貨(米ドルor豪ドル)で運用され、契約者が死亡時には死亡保険金、解約時には解約返戻金が外貨で受け取れる保険だ。サニーガーデンEXの場合は、この基本的な仕組みに加えて定期支払コース・目標設定付定期支払コース・積立金増加コースの3つのコースに分かれている。

メットライフ生命 サニーガーデンEXの仕組み・予定利率・返戻率・解約返戻金(解約払戻金)・死亡保険金など

まず定期支払いコースは、定期支払金が毎年受け取れるのが特徴だ。リタイア後の年金の補完に使えなくもないが、注意点とデメリットも多い。まず定期支払金は為替レートの影響を受けるため一定額ではなく変動するため、予想よりも少ない金額になる年が出てくる可能性がある。さらに積立利率は契約時から10年間は固定されるが、その後は見直しが入るため通貨国の経済情勢次第では利率が下落して定期支払金の額が減る可能性もある。そして死亡保険金は為替レートの影響を受けるのに加え、クッションになったはずの金利による増加分を受け取ってしまうため、想定よりも大幅に少ない額になる可能性がある。もちろん、自分の死後のことなど知らないという考えなら問題はない。

目標設定付定期支払コースは、定期支払金を受け取りつつ死亡保険金が目標に到達したなら死亡保険金の額を円建てで確定させるコースだ。死亡保険金を円で確定させるため、その後は為替レートの影響を受けず確実に予定通りの金額を遺せるのがメリットだ。ただ、目標額に到達時点で定期支払金は終了するのがデメリットだ。定期支払金をあてにして生活しているようだと突然のストップに戸惑う可能性が高い。絶妙な目標設定が必要になるため、便利さの反面、非常に難しいコースともいえる。

積立金増加コースは定期支払金はなく、ひたすら死亡保険金が増加していくコースだ。こちらも為替レートの影響を受けるが、円高になっても金利による増加分がクッションとなるため損になる可能性を低減させられる。デメリットは定期支払金がないことと、それでも急激な円高時に死亡すると円建てでは損失になる可能性がある点だ。

次に下図では、各社の外貨建て終身保険(予定利率変動型)を選択できる通貨・契約できる年齢・予定利率の更改時期・支払い方法・死亡保険金の増減・為替手数料・予定利率・最低保証の予定利率等で比較した。いずれも為替レートの変動は度外視して計算している点に注意してほしい。また、参考までに苦情率(苦情数÷契約数 ※生命保険協会公表)を算出し顧客満足度面も考慮した。

名称 日本生命
GOLD2
第一F
プレゼント
メットライフ
サニーEX
メットライフ
Be with
三井住友
しあわせ
マスミュー
MS3
三井生命
フラット
明治安田
エブリ
アクサ
アップサイド
契約年齢 15~90歳 40~90歳 0~80歳 0~100歳 0~87歳 50~87歳 0~75歳 20~85歳 0~80歳
通貨 米豪 日米豪 米豪 米豪 米豪欧 米豪 米豪 米豪 米豪
為替手数料 50銭 50銭 50銭 50銭 50銭 50銭 25銭 50銭 50銭
支払方法 一時払 一時払 一時払 一時払 一時払 一時払 月払 一時払 一時払い
予定利率
更改
10年 10-30年 10年 毎月 10年 20-25年 毎月 10年 5-15年
死亡保険金
増減
漸増 2段増 コース次第 2段増 漸増 2段増 2段増 2段増 変動
苦情率 0.04% 0.07% 0.15% 0.15% 0.08% 0.25% 0.15% 0.07% 0.13%
予定利率
米ドル
2.8% 3.0% 2.8% 4.6% 2.8% 4.1% 3.2% 3.8% 2.0%
予定利率
豪ドル
2.3% 1.8% 2.0% 3.0% 2.3% 2.9% 3.2% 3.4% 1.9%
最低保証 0.01% 0.50% 0.01% 2.0% 0.01% 0.50% 1.5% 0.5%
外貨建て終身保険の比較表(日本生命エバー・第一フロンティア生命レシーブ・ギフト・メットライフ生命・Be with・三井住友プライマリー・マスミューチュアル生命・三井生命・メットライフ生命

上図で左から3番目のメットライフ生命 サニーガーデンEXだが、選択できる通貨は米ドル・豪ドルで、保険料の支払いは一時払いのみとなっている。死亡保険金は前述の通り選択するコースによって増減するか否かが異なる。苦情率は社全体の数値だが他社よりも高めのため、商品内容の説明は元より顧客対応などでも多少の不安感がある。

予定利率は現在は米ドルで2.8%、豪ドルで2.0%と他社と比較しても低い。同じメットライフの一時払い外貨建て終身保険と比較しても一段と低いが、サニーガーデンは10年は契約時の予定利率が確保される点で異なる。Be withは毎月変動するため、下手をすれば数ヶ月後に利率が大幅に下落する可能性があるが、サニーガーデンなら当面は確保される。とはいえ、11年目以降は最低保証まで下落する可能性がある。最低保証は他社よりも破格に低いため、その意味では11ん目以降に不安感がある。

結論としては、コースを選択できるのは良いが、いかんせん不安の方が大きいためオススメはし難い。定期支払金を年金補完に使うことにして、11年目以降で解約するにしても為替レート次第では塩漬けになる可能性がある。目標設定コースも数値設定の難しさもあり、目標に永遠に届かない可能性もある。保険に対する考え方にもよるが、難しさだけが際立っている保険といえるかもしれない。