全労済 住まいる共済/ 火災保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

全労済 住まいる共済
オススメ度:
3
保険会社:
全労済
名称:
住まいる共済(火災共済・自然災害共済)
基本補償:
火災・風水災・水濡れ・死亡
サービス:
カギ・水回りの補修
割引:
-
特徴:
火災や自然災害に備える住まいと家財の保障

全労済 住まいる共済は自然災害共済とセットで上限額に納得なら?

住まいる共済は生協の1つである全労済の共済の1つで、火災共済と自然災害共済を合わせた呼び名だ。一口が100円で最低10口(1,000円)を供託金として預ければ組合員になれば各種サービスを利用できる。供託金は後に返還される。以下、全労済の住まいる共済の概要を記載し他社の火災保険と比較する。

まず、この住まいる共済は火災共済と自然災害共済がセットとなっており、前者が火災・水濡れをカバーし、後者が風水害と地震をカバーする。基本的に両者はセットのため切り離すことはできない。また、風水害の補償が無い「マンション構造専用」のプランも用意されている。それ以外にプランを選択したり、補償を自由選択できる仕組みではない。

全労済 住まいる共済の補償内容・付帯サービスなど

一般的な災害の補償以外では、水道管凍結修理共済金・傷害費用共済金だろうか。水道管凍結修理共済金は水道管が凍結により損壊すると受け取れる。保険金額が2000万円以上の人だけが対象だが、北海道・東北地方などの居住地によっては有益な補償だろう。傷害費用共済金は火災などの災害で契約者と生計を同一にする親族が死亡・身体障害となると保険金か受け取れる補償だ。JA共済の治療共済金よりもハードルは高いが、他社を見渡すと昨今では減ってきた補償のため存在自体は貴重といえる。

その一方でデメリットといえるのは補償額が民間の火災保険よりも小さい点だ。火災共済金の6000万は大丈夫としても地震保険の1200~1800万は地震による全壊でも適用される上限額のため心もとない。ちなみに民間の火災保険だと時価額の100%が限度額だ。また、勘違いしやすい仕組みなのも大きなデメリットだ。火災共済だけでも風災・水災の損害があれば共済金が受け取れるが、住宅の一部損壊なら損害額が100万円以上で40万円、損害額が100万円以下なら20万円と少額な共済金に留まる。ただし、風災・水災による住宅の一部損壊なら、セットになっている自然災害共済から火災共済からの共済金とは別に、損害額が100万円以上なら最高840万円、損害額が100万円以下なら最高100万円が受け取れる仕組みになっている。つまりは住宅の一部損壊では損害額が100万円以上なら最高880万円が受け取れるのだ。住まいる共済は基本的に火災共済と自然災害共済のセットだが、仕組みを理解せずに火災共済だけの契約(HP上ではシンプルプラン)にすると手痛いしっぺ返しを食らうことになる。

次に下図で各社の火災保険を、火災・風災・水災・雪災・破損汚損・水漏れ・盗難などの補償内容が基本補償かオプションか、各種特約・災害の補償以外のサービス内容を比較した。保険料面では、各社のスタンダードプランで戸建・マンションの保険料を同一条件下で比較した。その際には保険期間10年で、戸建は木造H構造で評価額1,500万円、マンションはコンクリM構造で1,000万円と設定し家財の補償は無しとした。

名称 楽天損保
ホームアシスト
セコム損保
マイホーム
日新火災
住自在
三井住友海上
GKすまい
AIG損保
プロテクト
SBI損保
火災保険
全労災
住まいる
JA共済
むてきプラス
火災
風災 選択 選択
水災 選択 ワイドのみ 選択 選択 選択 選択
雪災 選択 選択
盗難 選択 選択 選択 選択 選択
水濡れ 選択 選択 選択 選択 選択
物体飛来 選択 選択 選択 選択 選択 特約
破損汚損 選択 特約 選択 選択 特約
特約 建替え費用
防犯費用
類焼
臨時費用
類焼
ドアロック
類焼
弁護士費用
事故費用
バルコニー
類焼
類焼
弁護士
日弁連
受託品
類焼
失火見舞い
盗難
ケガ死亡
類焼
ケガ死亡
満期割り戻し
実損てんぽ
サービス カギ水廻り
ガラス
エアコン
給湯器
セキュリティ
カギ
ガラス
カギ水廻り カギ水廻り カギ水廻り カギ水廻り
ガラス
電気ガス
風呂
バルコニー
水道管
-
保険料
戸建て
\120,000 \95,020 \129,670 \138,650 \102,920 \121,050 \92,490 \111,251
保険料
マンション
\27,200 \16,990 \32,890 \28,130 \21,270 \24,600 \41,140
(\14,150)
\50,807
火災保険・住宅総合保険の補償項目・特約・サービス・保険料の比較表(楽天損保・セコム損保・日新火災・三井住友海上・AIG損保・SBI損保・全労済・JA共済)

上図で右から2番目の全労済 住まいる共済を他社と比較すると、選択の自由度はなく補償される項目については固定されることになる。ちなみに盗難については特約扱いとなり、他社の一部の火災保険のようにプランに含まれることはなく自分で選択することができる。その他では前述したように死亡保険金・水道管凍結の他に風呂空焚きの補償もある。その一方で民間の火災保険ではスタンダードな鍵・水周りのサポートなどは付帯していない。

保険料のシミュレーション比較では、他社と比較して掛け金は戸建だと他社よりも明らかに安い。上図の掛け金は自然災害共済をセットにした金額だが、これでも十分に安いといえるだろう。その一方でマンション向けだと掛け金は他社よりも明らかに高い。マンションだから自然災害共済を外すという手もあり、そうすると保険料は他社と比較して最安値となる。しかし、その場合には地震の補償も消滅するため痛し痒しということになる。

結論としては、受け取れる共済金の上限額に納得した上でなら悪くない共済(保険)といえるだろう。特に保険料の安さが大きなメリットといえるだろう。ただ、重ねてになるが自然災害共済を外さないことが前提で、それも戸建に限っての話しだ。一方でマンションなら自然災害共済が無駄になり、それも保険料が高くなるためオススメできない。そのためマンション住まいの人や、やはりベーシックな火災保険を希望する人は他社の火災保険を検討した方がいいだろう。