SBI損保の火災保険/ 火災保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

SBI損保の火災保険
オススメ度:
3
保険会社:
SBI損保
名称:
火災保険
基本補償:
火災・風災・雪災以外は自由選択
サービス:
カギ・水回りの補修
割引:
ノンスモーカー割引
特徴:
豊富な補償から自由に選べます

SBI損保の火災保険は自由設計型の火災保険の中でも保険料は安い!

SBI損保の火災保険は、かつてはセゾンの火災保険を販売していたようだが、今では自前の火災保険を販売しているようだ。ただ、その中身はセゾンの時と同じように選択の幅が広い自由設計型の火災保険から変わってはいない。以下、SBI損保の火災保険の概要を記載し他社と比較する。

まず、この保険は基本補償に火災(落雷・爆発含む)の補償があり、その他の補償は自分で取捨選択することになる。極論をいえば火災だけ、火災と水災だけという形にすることも可能で、それによって保険料はプラン選択型の保険よりも相当に安くなる。

SBI損保の火災保険の補償内容・付帯サービス等

ただ、同じく自由設計型の日新火災・セゾンなどの火災保険と同様に、完全に自由設計ではない点に注意が必要だ。例えば、火災と風災だけの補償だけ欲しいとしても、風災の補償には雪災と雹災が含まれている。例えば北海道在住だから風災は不要だが雪災は欲しい、といった場合でも切り離すことはできない。とはいえ盗難と水濡れをセットにしている火災保険が他社にはあることを考えれば、これでも自由設計として頑張っている方ではある。

それ以外のオプションや特約などで特筆すべき点はないが、強いて挙げればノンスモーカー割引だろうか。医療保険やガン保険では珍しくもないが、火災保険としては珍しい割引だ。タバコを吸わないことで火の元が1つ減るため、その分だけ保険料が安くなるということだ。ただ、ノンスモーカー割引によって1~2000円ほど保険料が安くなるだけで、そこまでの効果は見込めない。また、契約後にタバコを吸うようになり火災がタバコで起きるようならペナルティ(保険金が減らされる)が課せられる可能性がある点には注意が必要だ。

次に下図で各社の火災保険を、火災・風災・水災・雪災・破損汚損・水漏れ・盗難などの補償内容が基本補償かオプションか、各種特約・災害の補償以外のサービス内容を比較した。保険料面では、各社のスタンダードプランで戸建・マンションの保険料を同一条件下で比較した。その際には保険期間10年で、戸建は木造H構造で評価額1,500万円、マンションはコンクリM構造で1,000万円と設定し家財の補償は無しとした。

名称 楽天損保
ホームアシスト
セコム損保
マイホーム
日新火災
住自在
東京海上
アシスト
三井住友海上
GKすまい
AIG損保
プロテクト
SBI損保
火災保険
損ジャ日本興亜
THEすまい
火災
風災 選択 選択
水災 選択 ワイドのみ 選択 選択 選択 選択 選択
雪災 選択 選択
盗難 選択 選択 選択 選択 選択
水濡れ 選択 選択 選択 選択 選択 選択
物体飛来 選択 選択 選択 選択 選択 特約 選択
破損汚損 選択 特約 選択 ワイドのみ 選択 特約 ベーシックのみ
特約 建替え費用
防犯費用
類焼
臨時費用
類焼
ドアロック
類焼
弁護士費用
臨時費用
類焼
事故費用
バルコニー
類焼
類焼
弁護士
日弁連
受託品
類焼
失火見舞い
損害防止
類焼
事故防止
サービス カギ水廻り
ガラス
エアコン
給湯器
セキュリティ
カギ
ガラス
カギ水廻り カギ水廻り カギ水廻り カギ水廻り カギ水廻り
ガラス
電気ガス
カギ水廻り
税務法律
保険料
戸建て
\120,000 \95,020 \129,670 \180,710 \138,650 \102,920 \121,050 \153,120
保険料
マンション
\27,200 \16,990 \32,890 \26,440 \28,130 \21,270 \24,600 \30,280
火災保険・住宅総合保険の補償項目・特約・サービス・保険料の比較表(楽天損保・セコム損保・日新火災・東京海上日動・三井住友海上・AIG損保・SBI損保・損保ジャパン日本興亜)

上図で右から2番目のSBI損保の火災保険だが、前述したように他社よりも自由度が高いとはいえ完璧に分離して補償は選択できない。災害補償以外のサービスは「ハウスサポートサービス」という応急サービスがある。サービス内容はカギ・水廻りといったベーシックなものから、窓ガラスの破損・エアコン・給湯器の復旧サービスまで対応してくれる。カギ・水廻りだけよりは僅かだがサービス内容は広そうだ。

保険料は他社と比較すると、戸建・マンション共に平均か少し安い部類に入る。ただ、他社にはSBI損保よりも安い保険が存在するため、保険自体が安いというわけではなさそうだ。その反面、同じく自由度の高い日新火災よりは保険料が同条件で安いため、相応に保険料が安いともいえる。

結論としては、補償を自由に選択して保険料を削りたい人にはオススメできそうだ。同じ自由設計の日新火災よりも保険料が安くなる可能性が高いのもプラスだ。その反面、どの補償を削るか迷ったり決めあぐねるような人は、単純に保険料が安いセコムやAIG損保、少し高いが一通りの補償が揃って総合的には良い楽天損保あたりを検討してみると良いだろう。