楽天損保 ホームアシスト/ 火災保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

楽天損保 ホームアシスト
オススメ度:
3
保険会社:
楽天損保
名称:
ホームアシスト
基本補償:
火災・風災・雪災
サービス:
カギ・水回り・ガラスの補修
割引:
なし
特徴:
新しく家を買うならホームアシスト

楽天損保 ホームアシストは総合的には悪くなく更なる進化に期待!?

楽天損保は楽天が朝日火災を2018年に買収して誕生した損害保険会社だ。ホームアシストは朝日火災から名称も引き継いで販売を継続している火災保険だ。以下、楽天損保のホームアシスト(家庭総合保険)の概要を記載し他社の火災保険と比較する。

まず基本補償だが、3つあるプラン(エコノミー・ベーシック・ワイド)で共通して火災・風災・雪災が補償項目に入っている。ベーシックプラン(フリープラン)は他の補償が選択でき、不要だと思えば補償から外すことで保険料を節約できる。

楽天損保 ホームアシストの補償内容・付帯サービス等

一般的な補償も外すことで保険料を節約できるわけだが、どの項目を外すかは慎重に判断する必要がある。特に河川の氾濫等による床上浸水を補償する水災は、昨今の豪雨被害を鑑みると必要性は低くはない。もちろん居住地によって可能性は低くはなるが、外すか否かは慎重に判断した方がいいだろう。逆に追加できる補償(特約)には建替費用特約・類焼特約・防犯特約などがあるが、他社では見かけない独自性のあるものは無い。

災害に対する補償以外では「ハウスアシスタンスサービス」という各種トラブルに対応してくれるサービスがある。カギ・水廻りの応急処置は他社でも見かけるが、ガラス破損時の片付け・清掃、エアコン・給湯器のトラブルへの対応は対応していない保険会社もあるため、一応は評価できるポイントといえそうだ。また、楽天損保あんしんコールというサービスがあり、大規模災害時には楽天損保側から連絡が来るサービスがある。保険会社側からの自発的な連絡が来るのは悪くない点だろう。

次に下図で各社の火災保険を、火災・風災・水災・雪災・破損汚損・水漏れ・盗難などの補償内容が基本補償かオプションか、各種特約・災害の補償以外のサービス内容を比較した。保険料面では、各社のスタンダードプランで戸建・マンションの保険料を同一条件下で比較した。その際には保険期間10年で、戸建は木造H構造で評価額1,500万円、マンションはコンクリM構造で1,000万円と設定し家財の補償は無しとした。

名称 楽天損保
ホームアシスト
セコム損保
マイホーム
日新火災
住自在
東京海上
アシスト
三井住友海上
GKすまい
AIG損保
プロテクト
SBI損保
火災保険
損ジャ日本興亜
THEすまい
火災
風災 選択 選択
水災 選択 ワイドのみ 選択 選択 選択 選択 選択
雪災 選択 選択
盗難 選択 選択 選択 選択 選択
水濡れ 選択 選択 選択 選択 選択 選択
物体飛来 選択 選択 選択 選択 選択 特約 選択
破損汚損 選択 特約 選択 ワイドのみ 選択 特約 ベーシックのみ
特約 建替え費用
防犯費用
類焼
臨時費用
類焼
ドアロック
類焼
弁護士費用
臨時費用
類焼
事故費用
バルコニー
類焼
類焼
弁護士
日弁連
受託品
類焼
失火見舞い
損害防止
類焼
事故防止
サービス カギ水廻り
ガラス
エアコン
給湯器
セキュリティ
カギ
ガラス
カギ水廻り カギ水廻り カギ水廻り カギ水廻り カギ水廻り
ガラス
電気ガス
カギ水廻り
税務法律
保険料
戸建て
\120,000 \95,020 \129,670 \180,710 \138,650 \102,920 \121,050 \153,120
保険料
マンション
\27,200 \16,990 \32,890 \26,440 \28,130 \21,270 \24,600 \30,280
火災保険・住宅総合保険の補償項目・特約・サービス・保険料の比較表(楽天損保・セコム損保・日新火災・東京海上日動・三井住友海上・AIG損保・SBI損保・損保ジャパン日本興亜)

上図で1番左の楽天損保 ホームアシストだが、基本補償にしている内容では他社比較して大差はない。ただ、細かく見ていくと、それが良いかどうかは別にして風災・雪災まで選択できる火災保険も他社にはあるため、楽天損保のフリープランでも完全にフリーとはいえない。特約には特に目立ったものはなく、各種サービスではガラス・給湯器は他社では未対応の火災保険もあるため一応は評価できる。

スタンダードプランでの保険料の比較では、他社と比較して平均か少し安い部類に入る。楽天といえば激安というイメージがあるが、そこまで保険料が安いとはいえない。ただ、補償される内容を鑑みれば大手よりも保険料は安く悪くない水準ともいえる。

結論としては総合的には悪くないかもしれない。保険料は激安ではないが、一通りの補償が揃って災害補償以外のサービスも地味に他社よりも広めだ。保険料も今は何の割引もないが、いずれは楽天カードで保険料割引・ポイント倍増といった特典が出る可能性もある。今は朝日火災のホームアシストから僅かにバージョンアップしただけだが、いずれは楽天グループ入りしたことによるシナジー効果が出るだろう。契約を急いでいないなら様子見してもいいが、そうでないなら契約年数を短めにしてみるのも良いかもしれない。