東京海上日動あんしん生命 メディカルKit/ 終身医療保険の保険料・保障内容・特約を評価 レビュー

東京海上日動あんしん生命 メディカルKit
オススメ度:
1
保険会社:
東京海上日動あんしん生命
名称:
メディカルKit(メディカルキット)
保障内容:
入院(日帰りから)・手術
先進医療:
1,000万円まで
オリコン:
ランク外
特徴:
シンプルでお手ごろなあんしんの医療保険

東京海上日動あんしん生命 メディカルKitは他社と比較すると劣る!

メディカルKit(メディカルキット)は東京海上日動あんしん生命が販売する医療保険で、Rが付いた健康還付給付金が付加されたメディカルKit Rも存在する。以下では、ノーマルなメディカルKitの概要を記載し、他社の医療保険と比較する。

東京海上日動あんしん生命 メディカルKitの仕組みと主な保障内容・保険料

主契約の保障内容には入院給付金・手術給付金が含まれ、先進医療給付金は特約となる。入院日額を5,000円・10,000円にするか、手術を給付金の額によってⅠ・Ⅱ型にするかで4パターンに分かれる。基本は入院日額は5,000円で十分で(妥当な給付日額とは?を参照)、手術給付金は5万円の差ならⅡ型でも十分だ。保険期間は終身が基本だが、10年の定期にもできる。貯金・退職金が入るまでの現役期間だけ保障を受けたいなら10年にするという手もある。

特約では先進医療給付金があるのみで、他社のように三大疾病・成人病特約は存在しない。それ自体は問題ないが、先進医療給付金が10年更新型のため特約分の保険料が値上がりする可能性がある点は頂けない。さらに金額が1,000万円と他社の半額という点も、保険を比較する上で覚えておいて損はない。

次に、下図では終身医療保険を加入できる年齢入院日額と限度日数・通院日額と限度日数・入院と外来時の手術給付金通算給付日数先進医療給付金で比較した。顧客満足度では、保険の究極的な目的は保険金のためオリコンの保険金・給付金ランキングで比較した(価格.comや各保険サイトのランキングは契約数だけが基準のため参考外)また、参考までに苦情率(苦情数÷契約数 ※生命保険協会公表)を算出し、契約した場合に自分が苦情を言う可能性も考慮した。

保険料では、男性で入院日額5,000円(終身払い)を選択した場合の、40歳・50歳・60歳の月額保険料で比較した。また、先進医療給付金の特約を付加し、通院特約も何かしらの制限があっても付加した。

名称 メットライフ
やさしく
AIG
サイフ
オリックス
新CURE
東京海上
メディR
東京海上
メディ
アフラック
EVER
楽天生命
スマート
損ジャ
日本興亜
お守り
三井住友
あいおい
&LIFE A
年齢 ~80歳 ~69歳 ~75歳 ~60歳 ~75歳 ~85歳 ~80歳 ~75歳 ~80歳
入院日額
限度
\5,000~
60日
\5,000~
60日※
\5,000~
60日※
\5,000~
60日※
\5,000~
60日※
\5,000~
60日※
\5,000~
60日
\5,000~
60日※
\5,000~
60日※
通院日額
限度
\3,000~
30日
- \5,000
無制限※
抗がん剤 - \2,500
30日
- \5,000
120日※
\5,000
5年※
手術給付
入院
10万 2.5~5万 10万 5万 2.5~5万 5~20万 2.5~5万 5~40万 5~10万
手術給付
外来
10万
(2.5万)
- 10万
(2.5万)
2.5万 2.5万 5~20万
(2.5万)
- 5~40万
(2.5万)
5万
通算日数 1,095日 1,095日 1,000日※ 730日 730日 1,095日 1,095日 1,000日※ 1,095日
先進医療 2,000万※ 2,000万 2,000万 1,000万円※ 1,000万※ 2,000万※ 1,000万※ 2,000万 2,000万
特約 ガン 七大疾病
無事故
ガン
生活習慣
三大疾病
健康還付 - - - ガン
三大疾病
集中治療
三大疾病
ガン・介護
オリコン 4位 ランク外 3位 ランク外 ランク外 6位 対象外 7位 ランク外
苦情率 0.78% 0.24% 0.31% 0.33% 0.33% 0.82% 0.06% 0.82% 0.24%
保険料
40歳
\2,740 \1,947 \3,377 \4,145 \2,468 \2,470 \2,102 \2,057 \3,328
保険料
50歳
\3,786 \2,737 \5,170 \5,920 \3,358 \3,683 \2,922 \2,957 \4,603
保険料
60歳
\5,315 \3,947 \7,842 \8,110 \4,718 \5,472 \4,112 \4,307 \6,708
終身医療保険の比較表(メットライフ生命・AIGサイフにやさしい・オリックス 新CURE・東京海上メディカルkit・アフラックEVER・楽天生命スマート・スマート2・損ジャ日本興亜・三井住友あいおい)

上図で右から5番目の東京海上あんしん生命「メディカルKit」だが、入院日額は5,000円・10,000円から選択でき、通院給付金は存在せず先進医療給付金特約のみ付加できる。入院給付金の給付日数は60日で他社と同等だが、通算給付日数は730日と短い。手術給付金は外来だと一律2.5万円と他社より低めで、前述したようにⅠ・Ⅱ型で5万の差額がある。先進医療給付金は1,000万円と他社の半額で、さらに10年更新型のため他社と異なり保険料が値上がりする可能性がある。顧客満足度の面ではオリコンではランク外で他社と比較できないが、さして苦情率は高くはない。

保険料は他社と比較して平均か安い部類に入り、最安値クラスと比較しても月額400円程度の差額に留まっている。ただ、同じく2,000円台の保険料になっている他社の保険では通院給付金が付加されている点を考えれば、保険料は決して安いとはいえない。一方、メディカルキットRと比較すると1.7倍程度は高い額になっている。メディカルキットRは特にお得ではないが。。。

結論としては、シンプルな構成は悪くないが、保険料が同額レベルの他社の保険と比較すると保障で劣るのは否めないため、特にオススメはしない保険だ。また、保障・保険料のどちらかに振れ幅があれば検討の余地があるが、そうでもないため総じて中途半端な保険ともいえるだろう。