メットライフ生命 やさしくそなえる医療保険 終身タイプ/ 終身医療保険の保険料・保障内容・特約を評価 レビュー

メットライフ生命 やさしくそなえる医療保険 終身タイプ
オススメ度:
2
保険会社:
メットライフ生命
名称:
やさしくそなえる医療保険 終身タイプ
保障内容:
入院(1日目から)・手術・通院
先進医療:
2,000万円まで
オリコン:
4位 / 10社中
特徴:
入院・手術の保障が一生涯続く、老後も安心な終身タイプの医療保険

メットライフ やさしくそなえる医療保険 終身は通院をカバーするにも!

現在のメットライフの終身医療保険の主力は「フレキシィ」になっています。
メットライフ やさしくそなえる医療保険 終身タイプは、メットライフ生命(2014年よりメットライフ・アリコからメットライフ生命に社名変更)が販売する医療保険だ。同社には冠名が同じで、女性向けタイプ・定期タイプ・総合保障(定期)タイプがあるが、一番ベーシックなのが終身タイプといえる。以下、終身タイプの概要を記載し他社の保険と比較する。

メットライフ やさしくそなえる医療保険 終身タイプの仕組みと主な保障内容・保険料

他社の医療保険と同様に入院・手術保険金が主契約の保障となっている。昨今の主流になりつつあるが、手術保険金は基本は10万だが軽微な手術(中耳炎など)でも2.5万が受け取れ、日帰り入院の手術でも手術給付金の対象となる。ただし、回数無制限と謳ってはいるが60日に1回という制限が付いているのは変わりない。

入院・手術の保障をベースとして、3つのプランの中で検討・選択することになる。入院と手術のみのD1プラン、先進医療給付金を付加したE1プラン、がん特約を付加したF1プランがあり、退院特約は、どのプランにも特約で付加できる。F1プランではガン診断一時金が悪性新生物で100万、上皮内新生物(ガンだが転移しない・手術不要の可能性がある)でも50万円が受け取れる。がん保険の代替になるともいえるが、メットライフの40歳男性の場合には保険料が2,300円増額され、2倍近い保険料になってしまう。現在40歳で70歳でガンになると、特約分の差額は30年で約80万円(=2,300円×12ヶ月×30年)になる。80万円で50万円か100万円が受け取れるとは何とも微妙だ。2年の間隔が空いて再発すれば再び診断金が受け取れるが、再発するのは約30%のため不要と割り切るのも手だ。

次に、下図では終身医療保険を加入できる年齢入院日額と限度日数・通院日額と限度日数・入院と外来時の手術給付金通算給付日数先進医療給付金で比較した。顧客満足度では、保険の究極的な目的は保険金のためオリコンの保険金・給付金ランキングで比較した(価格.comや各保険サイトのランキングは契約数だけが基準のため参考外)また、参考までに苦情率(苦情数÷契約数 ※生命保険協会公表)を算出し、契約した場合に自分が苦情を言う可能性も考慮した。

保険料では、男性で入院日額5,000円(終身払い)を選択した場合の、40歳・50歳・60歳の月額保険料で比較した。また、先進医療給付金の特約を付加し、通院特約も何かしらの制限があっても付加した。

名称 メットライフ
やさしく
アメホ
みんなα
オリックス
新CURE
メディケア
フィット
アフラック
EVER
楽天生命
スマート
損ジャ
日本興亜
お守り
ライフネット
新じぶん
三井住友
あいおい
&LIFE A
年齢 ~80歳 ~80歳 ~75歳 ~75歳 ~85歳 ~80歳 ~75歳 ~70歳 ~80歳
入院日額
限度
\5,000~
60日
\3,000~
60日
\5,000~
60日※
\5,000~
60日※
\5,000~
60日※
\5,000~
60日
\5,000~
60日※
\5,000~
60日※
\5,000~
60日※
通院日額
限度
\3,000~
30日
\1,500~
45日
\5,000
無制限※
- \2,500
30日
- \5,000
120日※
- \5,000
5年※
手術給付
入院
10万 5万 10万 5~20万 5~20万 2.5~5万 5~40万 5~15万 5~10万
手術給付
外来
10万
(2.5万)
5万
(1.5万)
10万
(2.5万)
5~20万
(2.5万)
5~20万
(2.5万)
- 5~40万
(2.5万)
- 5万
通算日数 1,095日 1,000日 1,000日※ 1,000日※ 1,095日 1,095日 1,000日※ 1,095日 1,095日
先進医療 2,000万※ 1,000万※ 2,000万 2,000万円 2,000万※ 1,000万※ 2,000万 2,000万 2,000万
特約 ガン ガン
生活習慣
ガン
生活習慣
三大疾病
ガン
七大疾病
- - ガン
三大疾病
ガン
三大疾病
集中治療
三大疾病
ガン・介護
オリコン 4位 10位 3位 対象外 6位 対象外 7位 8位 ランク外
苦情率 0.78% - 0.31% 0.30% 0.82% 0.06% 0.82% 0.46% 0.24%
保険料
40歳
\2,740 \3,020 \3,377 \2,330 \2,470 \2,102 \2,057 \3,723
(\2,000)
\3,328
保険料
50歳
\3,786 \4,173 \5,170 \3,315 \3,683 \2,922 \2,957 \5,290
(\2,721)
\4,603
保険料
60歳
\5,315 \5,855 \7,842 \4,720 \5,472 \4,112 \4,307 \7,477
(\3,690)
\6,708
終身医療保険の比較表(メットライフ生命・アメホ みんなα・オリックス 新CURE・メディケア フィット・アフラックEVER・楽天生命スマート・損ジャ日本興亜・ライフネット新じぶん・三井住友あいおい)

上図で1番左のメットライフ「やさしくそなえる終身タイプ」だが、入院日額は5,000円・10,000円の2パターンで、通院日額は入院日額5,000円なら3,000円で10,000円なら6,000円となる。他社同様に入院してからの通院が必須条件だ。給付日数は入院が60日で通院が30日で、通院が他社よりも多少短い。手術給付金は前述の通りだが、他社と比較して特に秀でているわけではない。また、先進医療給付金の最大額は2,000万円で額は問題ないが、更新型のため先進医療分の保険料が値上がりする可能性がある。また、オリコンの評価は4位と悪くないため保険金支払いは一応は信頼できそうだ。ただ、苦情率が若干高いのが気になる。保有契約数が約800万のうち6万件の苦情が出ている。苦情の中身を見ると、保全関係(解約手続・更新)の件数が多いため、解約には一手間食う可能性がある。

保険料は他社比較すると通院特約が存在しない保険よりは高いが、悪くはない金額といえそうだ。オリックスやメディケアの通院はガンのみが対象のため除外すれば、アフラックやアメホとの比較となるが、それらよりも高いわけではない。通院日額が僅かに大きい分だけ、メットライフの方が上ともいえる。

結論としては、通院日額を目当てとするなら検討の余地は無くはない。ただ、給付日数は30日と短いため生活習慣病などによる長期の通院をカバーしたいなら適さない。ガンなら平均通院日数は10日以内のため、一応はカバーはできる。ただ、前述のようにガン特約は給付日数が増大されるなどのメリットがなく、一時金だけのためオススメはできない。あくまで通院をカバーしたい場合のみ検討の余地があるといえよう。