全労済 マイカー共済(二輪車用)/ バイク保険の保険料・補償・評判・サービスを評価 レビュー

全労済 マイカー共済(二輪車用)
オススメ度:
3
保険会社:
全労済
名称:
マイカー共済(二輪車用)
基本補償:
対人・対物賠償
割引:
-
満足度:
対象外
特徴:
自賠責でカバーできない備えをひとまとめにした補償

全労済 マイカー共済(二輪車用)は工夫次第で激安の保険料に!?

全労済は生協(生活共同組合)の1つで、1,000円程度の出資金を支払って組合員となれば各種共済・サービスを利用できる。全労済には自動車用のマイカー共済があるが、補償内容に若干の差異がある二輪車用で加入できる。以下でマイカー共済(バイク用)を公式HP等を元に、そのメリット・デメリットを明らかにして、保険料と評判を他社と比較して評価してみる。

まず補償についてだが、対人賠償・対物賠償・自損事故傷害などが基本補償として組み込まれ、オプションで搭乗者傷害・人身傷害が選択できる。他社のバイク保険では搭乗者傷害・人身傷害のいずれかが必須だが、全労災の場合は両方とも削減できる。これらの特約を外せば相当に保険料を節約できるが、搭乗するライダーがケガ・死亡した場合の補償は皆無となる。自損事故補償と無保険者傷害は残るが最低限の中の最低限であり、ケガをした時の金銭的な不安は大いにある。

全労済 マイカー共済(二輪車用)の保険料・各保険金・補償内容・ロードサービスなど

特約には弁護士費用などもあるが、自転車賠償責任補償・交通事故危険補償特約が他社になく珍しい。前者はバイクではなく自転車で事故を起こして加害者となり損害賠償を起こされた時に補償される特約だ。個人賠償責任補償の自転車版と考えればいい。後者は交通事故全般で電車などでケガをした場合でも保険金が受け取れる特約だ。どちらも普通の人には微妙かもしれないが、家族で自動車はなくバイクだけ所有しており子供が自転車を運転するなら一考の余地はある。

また、他社のバイク保険と同様にロードサービスが付帯するようになった。数年前まではバイクには適用されずJAF等で補完する必要があったが、今では故障・トラブル時も対応してもらえる。その中身もレッカーは100キロまで無料で、ガス欠時は10リットルまで無料で届けてくれる。他社のチューリッヒ・三井ダイレクトなどでは2年目以降のサービスのため、全労災ならではなのメリットといえるだろう。ただ、帰宅費用などの細かい補償サービスが無いため少し物足りなさがあるのも事実だ。

次に、下図で各社のバイク保険を補償・割引項目・満足度・保険料等で比較した。補償面では対人賠償対物賠償人身傷害搭乗者傷害車両保険・ロードサービスで比較した。割引項目はゴールド免許割引・走行距離割引の有無、評判が良いか悪いかは約4000人を調査対象にしたオリコンのバイク保険満足度ランキングで比較した。年間保険料は20歳(グリーン免許)・21歳(ブルー免許)・30歳・40歳・50歳(ゴールド免許)で125cc超250cc以下でシミュレーション比較した。年間走行距離は約5,000キロ以下、新規6等級で日常レジャー使用で東京在住とした。

名称 アクサ
バイク保険
三井
総合バイク保険
チューリッヒ
スーパーバイク
AIG損保
バイク保険
全労済
マイカー共済
(二輪用)
損ジャ日本興亜
バイク保険
日新火災
おとなバイク
対人賠償 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
対物賠償 500万~ 500万~ 500万~ 200万~ 無制限 無制限 無制限
人身傷害 3000万~ 3000万~ 3000万~ 1000万~ 5000万~ 3000万~ 1000万~
搭乗者傷害 200万~ 200万~ 200万~ 100万~ 500万~ 200万~ 200万~
車両補償 - - -
ロード
特約 弁護士 弁護士
自損事故
携行品
弁護士
盗難
不正使用
車庫損壊
弁護士
自転車
交通事故
弁護士 盗難
割引 走行距離
免許
ネット割引
ネット割引
継続割引
走行距離
ネット割引
継続割引
免許
長期割引
22等級割引 - -
オリコン 7位 5位 1位 8位 対象外 4位 8位
20歳
(グリーン)
\62,960
(\141,830)
\88,670
(\158,710)
\215,630 \105,310
(\144,810)
\86,970
(\101,140)
-
21歳
(ブルー)
\36,230
(\75,840)
\42,700
(\86,260)
\38,790 \62,270
(\97,680)
\60,770
(\72,610)
-
30歳
(ゴールド)
\36,720 \63,450 \46,910 \68,300 \60,650 \68,430 \72,580
40歳
(ゴールド)
\36,010 \62,310 \48,310 \62,840 \55,530 \60,720 \77,510
50歳
(ゴールド)
\39,890 \58,640 \46,910 \60,870 \54,930
バイク保険の比較表(アクサダイレクト・三井ダイレクト・チューリッヒ・AIG損保・全労済・損保ジャパン日本興亜・日新火災)

上図で右から3番目の全労済のマイカー共済(二輪車用)だが、対物補償の補償額は基本的に無制限で、人身傷害・搭乗者傷害も付帯するとなると最少額が他社よりも高い。補償額を削って保険料(掛け金)を削るというのは少し難しい。オリコンの顧客満足度では調査の対象外のため、事故対応・顧客対応で他社と一律で比較はできない。ただ、そもそも共済である点を考えれば民間の保険会社よりは良くない可能性が高い。

年間保険料(共済掛け金)は、人身傷害を付帯した場合も搭乗者傷害を付帯した場合も他社と同額か高い。数年前までは破格の安さだったが、保険料は一段と高くなった印象だ。ただ、20歳で搭乗者傷害を付加すれば他社の方が得だが、搭乗者傷害も外せば保険料は約54,000円と安くなる。21歳でも搭乗者傷害を外せば約35,000円、30~50歳だと3万円を切る保険料となる。これらの場合には保険料はアクサを下回り、上図で割愛した3社含めた10社中で最も安くなる。

結論としては、徹底的に保険料を削減したいならオススメのバイク保険だ。圧倒的な安さで他社が差を埋めてくるのも不可能だろう。ただし、それも自分のケガに対する補償が無い分だという点を忘れずにおきたい。さらに満足度調査で対象外で実態が見えにくい点も少し不安だ。20代前半では保険料を節約すべく全労済を契約して、数年後には他社に変更するという使い方もアリだろう。また、保険料を削減した分は貯金するなり他の保険でリスクヘッジをしておくと安心かもしれない。