そんぽ24 自動車保険/ 自動車保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

そんぽ24
オススメ度:
1
保険会社:
そんぽ24損害保険
名称:
自動車保険
免許割引:
ゴールド免許で割引
走行距離:
4,000km未満~16,000km以上の5区分で割引
オリコン:
10位以下 / 18社中
特徴:
納得の保険料で安心サポート

そんぽ24 自動車保険は他社比較すると保険料も事故対応もイマイチ?

そんぽ24は、損保ジャパン・日本興亜損保を含むSOMPOグループの中の1社だで自動車保険のネット販売を担っている。同グループにはセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)もある。以下、そんぽ24の自動車保険の概要を記載し他社と比較する。

まず保険料だが、他社と同様に年齢・車種・地域・免許の色・年間走行距離によって算出される。年間走行距離は4,000キロ未満から16,000キロ以上で5区分が設けられている。他社は5,000キロ未満にしていることが多いため、4,000キロ未満の走行距離が短い人は他社より有利になる可能性がある。

そんぽ24 自動車保険の保険料割引・ロードサービス等

また、早めに継続の契約(満期日の30日前)すると適用される割引として「継続お早め割引」がある。少し珍しい割引項目だが、だからといって保険料が他社より割安というわけではない(後述の比較表を参照)

補償・特約・ロードサービスでは、補償・特約では取り立てて珍しいものはなく、他社にもあるものが一通り揃っている印象だ。ロードサービスは無料で付帯しており無料レッカー移動や故障時の応急サービスなどの一般的なサービスは付帯している。無料レッカーの搬送距離は2014年4月より30kmから100kmに拡大され、他社の50km~100kmにも見劣りしなくなった。ガス欠時の給油も以前は契約者の自己負担だったのが10Lまで無料となった。ただ、他社同様に年1回まで無料で2回目から有料である点に注意が必要だ。

下図では各社の自動車保険を、対人賠償対物賠償人身傷害・バッテリー上がり・レッカー移動の距離等の補償内容と保険料で比較した。顧客満足度ではオリコンの自動車保険総合ランキング、国際的な調査機関のJDパワーの事故対応満足度、参考までに苦情数で比較した。保険料は21~60歳でプリウスで、自動車輸送統計調査を元に年間平均走行距離を9,000キロでシミュレーション比較した。21歳のみブルー免許で他はゴールド免許とし、保険料を節約するため車両保険搭乗者保険は無しとした。

名称 ソニー損保
Type S
アクサ
ダイレクト
三井
ダイレクト
チューリッヒ
ネット専用
そんぽ24 セゾン
おとなの
自動車保険
SBI損保 東京海上
トータルA
損ジャ
日本興亜
対人賠償
対物賠償 減額可 減額可 減額可 減額可 減額可
人身傷害 車内or車外 車内or車外 車内or車外 車内or車外 車内or車外 車内or車外 車内or車外 車内or車外 車内or車外
バッテリー
上がり

期間中1回

期間中1回

期間中1回

期間中1回

期間中1回
レッカー
距離

50km

35km

50km

100km

60km
○ ※
300km

50km

100km

180km
ゴールド
免許割引
走行距離 - -
オリコン 1位 6位 7位 2位 15位 3位 12位 8位 11位
JDパワー 3位 8位 9位 1位 対象外 6位 11位 2位 4位
苦情数 5,497件 2,258件 735件 1,486件 263件 976件 3,160件 11,781件 19,014件
21歳 \76,820 \65,710 \55,900 \65,500 \81,970 \73,130 \54,250 \81,450 \74,500
30歳 \36,460 \26,790 \28,760 \17,600 \41,990 \40,220 \24,070 \47,730 \43,190
40歳 \36,330 \26,070 \25,840 \19,960 \39,310 \31,400 \24,340 \43,690 \37,420
50歳 \36,380 \27,880 \25,120 \19,900 \38,440 \29,000 \23,730 \44,660 \37,690
60歳 \37,380 \29,750 \28,290 \20,650 \44,330 \31,110 \26,650 \48,010 \41,460
自動車保険の比較表(ソニー損保・アクサ・三井ダイレクト・チューリッヒ・そんぽ24・セゾンおとなの自動車保険・SBI損保・東京海上・損保ジャパン日本興亜)

上図で真ん中の「そんぽ24 自動車保険」だが、前述したようにロードサービスの距離が拡充されているものの、オリコンの総合満足度では15位と低調で、JDパワーの事故対応満足度の調査ではサンプル数不足で調査対象外となっている。実際、そんぽ24の保険金総額は130億円程度しかなく、チューリッヒの半分、三井ダイレクトの3分の1、ソニー損保の6分の1程度しかない。それを考えると、シェアと同様に三井ダイレクトの約3分の1の苦情数のため、事故満足度では他社のネット系損保と大差はないかもしれない。

一方で平均モデルでの年間保険料のシミュレーション比較では、他社よりも高いことが明白だ。同じネット系のダイレクト型自動車保険との差額は1万円以上あり、保険料面でのメリットは見出せない。特に年齢が50代から60代になるタイミングでの上昇幅は大きく、代理店型の自動車保険と同額程度になる。

結論としては、保険料でも満足度調査でもイマイチでオススメし難い。ロードサービスを含めて付帯するサービスが改善傾向にあるが、それでも特に他社より目立って優れている点はない。もちろん、今後のさらなる改善がある可能性があるが、まずは保険料の見直し(リスクの更なる細分化)がない限りは微妙だ。