あいおいニッセイ同和 ドライバー保険/ 短期の自動車保険・ドライバー保険の保険料・保険金・補償内容を評価 レビュー

あいおいニッセイ同和 ドライバー保険
オススメ度:
2
保険会社:
あいおいニッセイ同和
名称:
ドライバー保険
保険期間:
1年
基本補償:
対人・対物・自損
年齢区分:
21歳以上 or 未満
特徴:
他人のお車を借用し運転される機会のある方に

あいおいニッセイ同和 ドライバー保険は補償・保険料からして微妙?

あいおいニッセイ同和には他社同様に、自動車保険とは別に自分の自動車を保有していない人向けにドライバー保険が用意されている。以下、同社のドライバー保険の概要を記載し、他社のドライバー保険と補償・保険料等で比較する。

あいおいニッセイ同和 ドライバー保険の年齢別の保険料・給付金・保険金及び補償内容

補償内容だが、まず対人賠償責任・対物賠償責任を選択することになる。当然ながら両方を付帯させることも可能だが、対物か対人のみ付帯させることも可能だ。一般的には対人での補償の方が金額的にも精神的にも負担が大きいため対人補償を選択するのが筋だろう。同様に搭乗者傷害も選択制となっているが、対物超過保険は特性上、対物補償を付帯させた場合のみ選択できる。

その一方、対人賠償を選択した場合に自損傷害・無保険車傷害は自動付帯となる。他社のドライバー保険は対人・対物(保険会社によっては人身傷害も)は基本補償で、選択できる幅は狭い。その意味では柔軟性が無くはない。

次に、下図では各社のドライバー保険・短期自動車保険(1日単位の契約)を、対人補償対物賠償人身傷害搭乗者傷害自損事故などの補償が基本補償か否かを比較した。さらに、保険料を21歳未満・21歳以上で等級が6等級の場合で比較し、併せて保険期間・支払い方法も比較した。保険を必要とする期間が数日であるなら、その条件に合致した保険を選択する必要があり、支払い方法が簡便な方が突発的に運転することになった場合に有益だからだ。

名称 東京海上
ちょいのり
損保ジャパン
ドライバー保険
あいおい
ドライバー保険
三井ダイレクト
ドライバー保険
ドコモ
1日自動車
日本興亜
ドライバー保険
共栄火災
ドライバー保険
対人賠償 ○※ ○※
対物賠償 ○※ ○※
人身傷害 - オプション オプション - - -
搭乗者傷害 オプション オプション オプション オプション -
自損事故 ○※ オプション ○※
個人賠償 - オプション - - - - -
保険期間 1日~ 1年 1年 1年 1日~ 1年 -
支払い方法 携帯料金 口座振替
カード
口座振替
カード
口座振替
カード
携帯料金 口座振替
カード
口座振替
保険料
(21歳未満)
\500
~\1000
\55,280 \47,390 \39,270 \500
~\1000
保険料
(21歳以上)
\500
~\1000
\30,970 \25,800 \21,860 \500
~\1000
短期自動車保険・ドライバー保険の比較表(東京海上ちょいのり・損保ジャパン・あいおい・三井ダイレクト・ドコモ・日本興亜・共栄火災)

上図で左から3番目の「あいおい ドライバー保険」だが、前述したように対人・対物補償は選択制、さらに他の補償も制限つきでオプションとして組み込める。同様に対人・対物を選択できるのは日本興亜だけで、その意味では貴重とえいる。ただし、三井ダイレクトなら対人・対物は選択できないが、それ以外はオプションで選択できる。こちらでも十分に自在性はある。

保険料は同じく1年契約の他社と比較すると、中間の額になっている。ネット系損保である三井ダイレクトよりも数千円レベルで高額で、補償を厚めに設定している損保ジャパンよりは安いという立ち位置だ。かといって1日単位で契約できる東京海上(+ドコモ)ほどの柔軟性はない。非常に中途半端な額といえる。

結論としては、補償のカスタマイズ性では一定の評価はできるが、保険料からして微妙なところだ。1年契約なら三井ダイレクトを選択した方が補償も分かりやすく、さらに保険料は安い。さらに契約期間では1日単位で契約できる東京海上の方が補償の自在性はないが、数日~数週間の利用なら保険料が安い。やはり相対的には微妙な保険と言わざるを得ない。