SBI損保 自動車保険+自転車事故補償特約/ 自動車保険に自転車特約を付帯した際の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

SBI損保の自動車保険
オススメ度:
2
保険会社:
SBI損保
名称:
自動車保険+自転車事故補償特約
個人賠償:
最大1億円
示談交渉:
なし
オリコン:
5位(78.2点) / 18社中
特徴:
週刊ダイヤモンド「もう騙されない保険選び」のランキング5年連続第1位

SBI損保の自動車保険に自転車特約を付帯しても保険料は最安値だが!

SBI損保は、SBIグループの一員として自動車保険をダイレクト販売で募集している。今回はSBI損保の自動車保険に自転車事故に備えるための特約を付帯した場合の、補償内容・保険金・保険料などを記載し他社と比較する。

SBI損保 自動車保険の自転車向け特約(自転車事故補償特約)の概要・補償内容・保険金額・保険料など

まず選択するプラン(特約)だが、「人身傷害補償特約」でも悪くないが、自転車運転中に自動車に衝突されると補償されるが、自転車で人と衝突した際の自分のケガは補償されない。そのため「自転車事故補償特約」を付帯した方が安心感がある。この特約には死亡・後遺障害時になれば1000万円の保険金が受け取れる他、ケガをした場合にはケガの程度によって保険金が受け取れる。もちろん、保険契約者だけでなく家族も補償の対象となる。

さらに特約の中には、事故の加害者となった場合に保険金が受け取れる個人賠償責任補償が付帯している。保険金の上限額は1事故で最大1億円で、昨今の高額賠償でも1億円未満となるケースが多いため十分な額といえる。ただし、個人賠償には示談交渉サービスが付帯していない。そのため自転車事故の加害者となるリスクに備えるなら弁護士費用補償特約は必須といる。

次に、下図では各社の自動車保険に自転車事故に備える特約を付帯した場合を比較した。補償内容では補償対象(個人か家族か)・死亡保険金・入院時の一時金及び入院日額・個人賠償補償の上限額を比較した。さらに保険会社の示談交渉サービスと弁護士費用特約の有無を比較した。顧客満足度ではオリコンの自動車保険総合ランキング、国際的な調査機関のJDパワーの事故対応満足度で比較した。

保険料面では30・40・50歳の代表的な保険料をシミュレーション比較した。その際の条件は、個人賠償責任補償・弁護士費用を付帯し、さらに国土交通省の自動車輸送統計調査を元に年間平均走行距離を約9,000キロとした。さらに自動車販売協会連合会の新車販売販売台数ランキングで長らく1,2位にいるトヨタのプリウスの新車を採用し、東京在住のゴールド免許として車両保険搭乗者保険は無しとした。

名称 ソニー損保 アクサ
ダイレクト
三井
ダイレクト
チューリッヒ イーデザイン
損保
セゾン
おとなの
自動車保険
SBI損保 アメホ 日本興亜
補償対象 個人/家族 家族 家族 家族 家族 個人/家族 個人/家族 個人/家族 個人/家族
死亡保険金 500万~ 3,000万~ 3,000万~ 246万 5,000万~ 500万 1,000万 100万 500万~
入院一時金 - 10万 - - - 10万 - 5万 10万
入院日額
通院日額
5,000円
1,500円
ケガ次第 5,000円
1,000円
2,500円
1,500円
ケガ次第 5,000円
-
ケガ次第 ケガ次第 ケガ次第
個人賠償 5,000万 3,000万 - 3000万~ - 無制限 1億 1~5,000万 無制限
弁護士費用
示談交渉 - - - - -
オリコン 3位 8位 2位 4位 1位 6位 5位 7位 10位以下
JDパワー 9位 16位 10位 14位 2位 12位 15位 4位 5位
30歳 \56,230 \38,970 \50,240 \50,290 \36,910 \48,730 \34,640 \45,080 \57,840
40歳 \56,760 \39,610 \47,490 \51,960 \37,950 \39,480 \34,620 \45,080 \56,140
50歳 \57,400 \41,320 \48,540 \51,990 \37,950 \37,110 \36,260 \49,360 \56,260
自動車保険に自転車特約の比較表(ソニー損保・アクサ・三井ダイレクト・チューリッヒネ・イーデザイン損保・セゾンおとなの自動車保険・SBI損保・アメホ・日本興亜)

上図で右から3番目のSBI損保だが、前述した自転車事故補償特約・弁護士費用特約を付帯した場合で他社と比較している。補償内容では、死亡保険金は他社より低めだが、人身傷害での補償となれば他社とは大きな差はない。ただし、セゾン・チューリッヒ・ソニー損保といった同様に自転車向け(自動車以外含む)の特約の中ではトップの金額となる。その一方、入院日額・通院日額は存在せず、ケガ次第で5~100万円程度を受け取ることになる。これはケースバイケースだが他社に劣る内容といっていいだろう。個人賠償の上限額は無制限としている他社もあるが、1億円と十分な額といえるだろう。前述したように示談交渉サービスは存在していないが、満足度調査ではJDパワーの事故対応満足度の評価は非常に低いため、付帯していないのは逆にいいかもしれない。

保険料を他社と比較すると、どの年齢層でも最安値の保険料となっている。入通院日額が無い点を差し引いても、この保険料の安さは評価できる。

結論としては、本丸の自動車保険と同じく保険料重視ならオススメできそうだ。自動車保険と異なり、示談交渉は弁護士に任せられるため不安は軽減される。ただし、そもそもSBI損保の満足度が低いのは、窓口の対応姿勢、保険金支払いに関するトラブルが起因している。多少は保険料が増額されてもいいなら、セゾンあたりも視野に入れておいた方が賢明だろう。