アクサダイレクト 自動車保険+アクサ安心プラス/ 自動車保険に自転車特約を付帯した際の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

アクサダイレクト
オススメ度:
2
保険会社:
アクサ損害保険(アクサダイレクト)
名称:
自動車保険 + アクサ安心プラス(弁護士費用特約)
個人賠償:
最大3,000万円
示談交渉:
あり
オリコン:
8位(76.2点) / 18社中
特徴:
インターネット割引最大-10,000円!合理的な保険料で安心の事故対応。

アクサダイレクトの自動車保険なら保険料は確かに抑えられるが!?

アクサ損害保険は、代理店を介さずダイレクト販売しているためアクサ・ダイレクトという名称を用いている。今回はアクサの自動車保険に自転車事故に備えるための特約を付帯した場合の、補償内容・保険金・保険料などを記載し他社と比較する。

アクサダイレクト 自動車保険の自転車向け特約(人身傷害・アクサ安心プラス)の概要・補償内容・保険金額・保険料など

まず選択するプラン(特約)だが、自分と家族のケガに備えるために「人身傷害補償特約」、さらに自転車事故で加害者になり多額の賠償金を課される時のために個人賠償責任補償がある「アクサ安心プラス」が必要となる。

人身傷害特約は自動車搭乗中だけでなく、歩行中や自転車運転中のケガも補償されるが、注意したいのは自動車搭乗中のみ保障特約を付帯すると、自動車に乗っている時に限定されてしまう点だ。この特約は保険料を節約する効果があるが、自転車事故に備えるなら不要だ。

アクサ安心プラスは、ファミリープランかレディースプランを選択するといいだろう。この特約で個人賠償責任をカバーすることになる。併せて自動車保険の補償が拡充されるが、これはオマケ程度に考えるしかないだろう。より保険料が安く済む方か、子供のケガに手厚い補償を求めるかで選択する必要がある。

次に、下図では各社の自動車保険に自転車事故に備える特約を付帯した場合を比較した。補償内容では補償対象(個人か家族か)・死亡保険金・入院時の一時金及び入院日額・個人賠償補償の上限額を比較した。さらに保険会社の示談交渉サービスと弁護士費用特約の有無を比較した。顧客満足度ではオリコンの自動車保険総合ランキング、国際的な調査機関のJDパワーの事故対応満足度で比較した。

保険料面では30・40・50歳の代表的な保険料をシミュレーション比較した。その際の条件は、個人賠償責任補償・弁護士費用を付帯し、さらに国土交通省の自動車輸送統計調査を元に年間平均走行距離を約9,000キロとした。さらに自動車販売協会連合会の新車販売販売台数ランキングで長らく1,2位にいるトヨタのプリウスの新車を採用し、東京在住のゴールド免許として車両保険搭乗者保険は無しとした。

名称 ソニー損保 アクサ
ダイレクト
三井
ダイレクト
チューリッヒ イーデザイン
損保
セゾン
おとなの
自動車保険
SBI損保 アメホ 日本興亜
補償対象 個人/家族 家族 家族 家族 家族 個人/家族 個人/家族 個人/家族 個人/家族
死亡保険金 500万~ 3,000万~ 3,000万~ 246万 5,000万~ 500万 1,000万 100万 500万~
入院一時金 - 10万 - - - 10万 - 5万 10万
入院日額
通院日額
5,000円
1,500円
ケガ次第 5,000円
1,000円
2,500円
1,500円
ケガ次第 5,000円
-
ケガ次第 ケガ次第 ケガ次第
個人賠償 5,000万 3,000万 - 3000万~ - 無制限 1億 1~5,000万 無制限
弁護士費用
示談交渉 - - - - -
オリコン 3位 8位 2位 4位 1位 6位 5位 7位 10位以下
JDパワー 9位 16位 10位 14位 2位 12位 15位 4位 5位
30歳 \56,230 \38,970 \50,240 \50,290 \36,910 \48,730 \34,640 \45,080 \57,840
40歳 \56,760 \39,610 \47,490 \51,960 \37,950 \39,480 \34,620 \45,080 \56,140
50歳 \57,400 \41,320 \48,540 \51,990 \37,950 \37,110 \36,260 \49,360 \56,260
自動車保険に自転車特約の比較表(ソニー損保・アクサ・三井ダイレクト・チューリッヒネ・イーデザイン損保・セゾンおとなの自動車保険・SBI損保・アメホ・日本興亜)

上図で左から2番目のアクサダイレクトだが、前述した人身傷害とアクサ安心プラスを付帯した場合で他社と比較している。まず補償内容では、死亡保険金が他社より低額に見えるが、実際には3千万円を最低額として1千万円ずつ増額して1億円まで調整できる。事故による入院に関しては、ケガに応じて保険金が支払われるため入院日額・通院日額は存在しない。上限額の目安としては打撲などで10万円、骨折などで30万円程度のため、重症となれば保険金が物足りない可能性は高い。さらに、個人賠償責任補償は3,000万円で1億手前の高額賠償もありうる自転車事故の現状を考えれば物足りない。その一方、示談交渉サービスが付帯しているため、弁護士費用は付帯せずに保険料を節約する手はある。ただし、満足度調査ではオリコン・JDパワー共に評価は低い。担当者の当たり外れはあるだろうが弁護士費用特約は付帯した方が無難か。

保険料を他社と比較すると、30歳・40歳ではSBI損保に次いで安価だ。個人賠償・ケガの保険金が他社より低めという点はあれど、示談交渉サービスが付帯している点から考えて保険料は安いと考えられる。

結論としては、保険料を節約するならオススメといえそうだ。ただし、前述したように補償面では他社に劣る面もあり、人身傷害では自転車・人の事故では自転車側の怪我はカバーされない。それで問題なければ保険料を節約するならSBI損保を選ぶという手もある。その一方で、補償を厚めにしながらも保険料を一定程度は抑えるならセゾン おとなの自動車保険を検討するといいだろう。特に40代・50代なら保険料はアクサと遜色のない金額になる。