住友生命 スミセイの終身保険/ 終身保険の返戻率・利回り・保険料・保障を評価 レビュー

住友生命 スミセイの終身保険
オススメ度:
2
保険会社:
住友生命
名称:
スミセイの終身保険
契約年齢:
15~70歳
返戻率:
117.5% ※30歳契約
利回り:
0.24%
特徴:
死亡・高度障害保障が一生涯続く安心の終身保険です

住友生命 スミセイの終身保険は多くの特約が用意されているが?

スミセイの終身保険は、住友生命が募集・販売する最もベーシックな終身保険だ。同社には他に一時払いの終身保険・低解約返戻金型の終身保険(バラ色人生)などがあり、さらに銀行などの金融機関窓口限定で予定利率変動型の一時払い終身保険などがある。以下、住友生命 終身保険の概要を記載し、他社の終身保険と比較する。

住友生命 スミセイの終身保険の仕組み・保険料・返戻率・死亡保険金など

この保険は他のベーシックな終身保険と同様に、契約した時点から死亡保険金は一定額で、その保障は保険料の払い込みが完了すれば一生涯継続する。5年ごとの利差配当があり、株・債券等の市場環境が良好なら配当金が出ることもある。解約返戻金については、明確な記述が無く解約返戻率も明らかではないが、低解約返戻金型でない以上は概ね保険料の払い込みから5~7年後には、払い込んだ保険料を上回ると考えた方が無難だ。

特約は医療に関わるものが多く、他社のようにケガや病気で入院・手術をした場合に給付金が受け取れる特約がある。その他、ガン・生活習慣病・女性疾病・成人病などの具体的な病名を挙げて、それらが発症すれば給付金が受け取れる特約まである。ただ、がん薬物治療特約以外は通院治療は対象外とするものが多く、昨今の入院ではなく通院治療が主流という流れからすれば、終身保険に特約を付加するのでなく別途で医療保険なりガン保険を契約した方がいい。また、特約分だけ保険料は上昇し、解約返戻金が保険料を下回る可能性も大きくなる。

次に下図では各社の終身保険を、加入できる年齢・選択できる保険料の払い込み完了時期で比較し、さらに死亡保険金の増減・5年ごと利差配当の有無・付加できる特約などで比較した。参考までに苦情率(苦情数÷契約数 ※生命保険協会公表)を算出し、自分が苦情を言う可能性があるかも考慮した。

さらに1,000万円(一部は500万円)契約した場合の保険料と、支払った保険料が何%で戻るかを示す「返戻率」を比較した。解約返戻金で利益を出すなら低解約返戻金型が妥当(終身保険の種類を参照)なため、今回は死亡保険金と保険料から返戻率を算出した。契約者は30・40・50歳に分け、保険料の払込完了を60歳とした。また、他の金融商品(定期預金・国債・社債など)より得かを計るため、40歳契約で平均寿命の80歳で死亡保険金を受け取った場合の利回り(保険料を何%で運用したか)でお得さを比較した。

名称 かんぽ
ながいき
第一生命
悠悠
住友生命
終身
ソニー
有期払込
アフラック
終身
ジブラルタ
終身
AIG富士
終身
オリックス
終身
コープ共済
ずっと
契約年齢 20~65歳 3~70歳 15~70歳 0~85歳 3~80歳 20~50歳 6~75歳 0~70歳 0~70歳
払込年齢 60~75歳 55~70歳 3年~ 60~70歳 5歳刻み 10年以上 5歳刻み 60~70歳
保険金
増減
一定 一定 一定 一定 一定 一定 一定 一定 一定
5年ごと
利差配当
- - - - - -
特約 災害/傷害
疾病
沢山 沢山 沢山 - 死亡/介護
年金
災害/傷害
三大疾病
災害/傷害
リビング
リビング
苦情率 0.64% 0.34% 0.83% 0.57% 1.08% 1.35% 0.24% 0.42% -
保険料
返戻率
30歳
\21,100
131.6%
- \23,630
117.5%
\19,620
141.5%
\7,810※
106.7%
\21,940
126.6%
\10,695※
129.8%
\21,760
127.6%
\21,200
131.0%
保険料
返戻率
40歳
\33,000
126.2%
\31,388
106.2%
\30,410
109.6%
\31,260
133.2%
\10,070※
103.4%
\34,090
122.2%
\16,760※
124.3%
\33,800
123.2%
\33,500
124.3%
保険料
返戻率
50歳
\67,500
123.4%
- \41,090
101.4%
- \13,625※
101.9%
\72,370
115.1%
\34,435※
121.0%
\70,250
118.6%
\69,800
119.3%
利回り 0.66% 0.15% 0.24% 0.83% 0.09% 0.56% 0.58% 0.58% 0.61%
終身保険の比較表(かんぽ生命ながいき・第一生命 悠悠・住友生命・ソニー生命・アフラック・ジブラルタ・AIG富士生命・オリックス生命・コープ共済 ずっと)

上図で左から3番目のスミセイの終身保険だが、契約できる上限の年齢は70歳までと平均的で、保険料の払込を完了させる年齢にも目立った点はない。ノーマルな終身保険では数少ない5年ごと利差配当がある点はプラスで、株・債券(特に債券)の市場環境が良好なら配当金が受け取れるため悪くない。他方で苦情率は他社より高めで、解約手続き・名義変更の手続きは元より、職員の態度・マナーに関する苦情も決して少ないため一応は注意しておきたい。

お得さを表す返戻率は、どの年齢層でも他社より低く上図ではワーストクラス(他の保険を含めればワーストではないが)となっている。見た目の保険料は安く映るのだが、この保険の場合、40歳だと65歳で払込完了で50歳だと70歳で完了となっているためで、見た目に反して支払う保険料の合計額は大きいため返戻率は低くなっている。利回りでは、0.24%と国債・社債より低く定期預金にも迫る数字だ。この程度なら相続目的は別にしても、死亡に備えるなら貯金して国債・社債を購入するのも手だ。

結論としては、特に目立った特徴・特約・割引がなく、返戻率・利回りで他社に劣るためイマイチな保険といえる。この程度の返戻率では、付加する特約の数・質次第で容易に100%も切ってくるだろう。特約を付加したい人でも、可能な限り返戻率が高い他社の終身保険を選択した方がいいだろう。