ソニー生命 終身介護保障保険/ 介護保険の保険料・返戻率・保障内容・支払い条件・特約を評価 レビュー

ソニー生命 終身介護保障保険
オススメ度:
4
保険会社:
ソニー生命
名称:
終身介護保障保険
保障内容:
介護年金・介護一時金
支払日数:
1回・一生涯
支払基準:
要介護2以上
特徴:
所定の介護状態になられたときに、年金をお支払いする保険です

ソニー生命 終身介護保障保険は総合的にはオススメできる保険!?

終身介護保障保険はソニー生命が募集・販売する介護保険で、市場環境(主に債券)次第で配当金が受け取れ解約返戻金もある5年ごと利差配当型も存在する。以下、同社の終身介護保障保険の概要を記載し他社の介護保険と比較する。

ソニー生命 終身介護保障保険の仕組みと保障内容・保険料・介護年金・特約など

この保険は要介護2以上の要介護状態となると介護一時金が受け取れ、生涯に渡って介護年金を受け取れる。他社の介護保険には一時金が無いものもあるため、一時金があるのは評価できる。というのも介護でも在宅介護となれば家の一部リフォーム(トイレや階段に手すりを付けるなど)で費用が必要となるためだ。また、介護年金・介護一時金に自由度は乏しいが、死亡保険金は介護年金の5~10倍まで増額させることが可能で一定程度の調整を効かせられる。

また、特約には介護一時金特約があり、介護一時金を上乗せさせられる。付加しても悪くない特約だが、あくまで上乗せされるのは介護一時金のみで死亡給付金などが付いてこず魅力としては微妙だ。

次に下図では介護保険を、加入できる年齢・保険料払い込み期間・保障が介護のみか死亡を含むか?・保険金の支払い基準・介護一時金及び年金の金額等で比較した。また、参考までに苦情率(苦情数÷契約数 ※生命保険協会公表)を算出し、顧客満足度と自分が苦情を言う可能性を考慮した。

保険料は男性で40歳・50歳・60歳の月額と返戻率で比較した。その際には80歳で介護状態となり85歳で死亡した場合(介護が必要になる年齢は?を参照)で比較した。

名称 明治安田
介護ささえ
メットライフ
ロング
アフラック
Vタイプ
太陽生命
My介護
ソニー
介護
AIG富士
愛する
コープ
介護
住友生命
ふるL
東京海上
長生き
年齢 40~80歳 18~70歳 18~60歳 15~75歳 20~85歳 40~70歳 40~69歳 15~75歳 15~55歳
保険料
払込期間
終身 60~70歳 終身 55~85歳 55~85歳
終身
終身 1年更新
(79歳)
60~65歳 60・65歳
保障 介護
死亡
介護
死亡
介護 介護
死亡
介護 介護 介護 介護
死亡
死亡
介護
支払基準 要介護3 ADL障害
認知症
認知症
寝たきり
要介護2 要介護2 要介護4 要介護2 要介護3? 要介護2
介護
一時金
300万※ - 60万 - 120万 300~1000万 500~700万 195~296万 200~2000万
介護
年金
60万 50~700万 60万 12万~ 60万 - - - -
年金支払
日数
一生涯 一生涯 10年 一生涯
(10年保証)
一生涯 1回 1回 1回 1回
特約 軽度特約
払込免除
健康祝い金 4プラン - - - - 年金支払 年金支払
健康祝金
苦情率 0.24% 0.44% 0.41% 0.05% 0.29% 0.21% - 0.36% 0.15%
40歳保険料
返戻率
\3,780
165.3%
\9,580
87.0%
\4,248
323.7%
\19,524
128.0%
\3,960
221.0%
\3,000
347.2%
\150※
316.3%
\10,000
123.6%
\10,548
197.5%
50歳保険料
返戻率
\5,178
160.9%
\15,965
86.9%
\6,282
291.8%
\22,208
112.6%
\5,880
198.4%
\4,400
315.7%
\480※
321.4%
\20,000
116.9%
\22,308
186.8%
60歳保険料
返戻率
\7,512
166.4%
\27,415
76.0%
\9,964
275.4%
\46,473
107.6%
- \6,950
299.8%
\1,800※
339.9%
\30,000
108.4%
-
介護保険の比較表(明治安田 介護のささえ・メットライフ生命ロング・アフラックVタイプ・太陽生命My介護・ソニー生命 介護保険・AIG富士 愛する・コープ共済 介護・住友生命ふるL・東京海上 長生き)

上図で真ん中のソニー生命の介護保険だが、契約できる年齢の上限が他社より高い85歳となっている。さすがに85歳から契約を考えている人は少ないだろうが、その際には契約からの責任開始時期と介護状態が180日継続しないと保険金が受け取れない点に注意したい。その他で他社と比較して特に目立った点はないが、強いて挙げれば苦情率が低めといったところか。

保険料は介護一時金・介護年金の額が他社と異なるため、金額のみでの比較はできない。ただ、返戻率で比較するとトップ勢には及ばないものの優秀な部類に入ることが分かる。要介護4を必要とするAIGを除けば、トップ3に入るお得さと言えなくもない。

結論としては、お得さでは他社に一歩劣るが総合的にはオススメできる保険だ。特にコープが79歳までの保障で止まることを考えれば、それ以降の介護状態を懸念をする人には有力な保険といえる。流れとしてはコープからソニーに移るのが保険料からすれば良い手ではあるが、手間と60歳まで乗り換えることを記憶しているかという疑念を考えれば、最初からソニー生命を選択するという選択肢もアリだろう。