あいおいニッセイ同和損保 タフ・住まいの保険/ 火災保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

あいおいニッセイ同和損保
オススメ度:
2
保険会社:
あいおいニッセイ同和損保
名称:
タフ・住まいの保険
基本補償:
火災・風水災・盗難・水濡れ
サービス:
カギ・水回りの補修
割引:
長期分割払いで10%割引
特徴:
充実した補償と頼れるサービスであなたの建物・家財などをお守りします

あいおいニッセイ同和 タフ住まいの保険は平凡だが優待割引次第では!

あいおいニッセイ同和損保はMS&AD(三井住友海上・あいおい)グループとしては、現在は損保業界で1位のシェアを誇る。商品名の「タフ」は"タフな安心をあなたに"という意味が込められており、迅速・頼れる・優しいをコンセプトにしているようだ。以下、タフ・住まいの保険の概要を記載し他社比較する。

あいおいニッセイ同和損保 タフ・住まいの保険の補償内容・付帯サービス等

まずベーシックの基本補償は火災・風雪災・水災・盗難・水濡れまでで、ワイドプランだと偶発的な破損等が補償される。逆にエコノミープランにすると火災・風雪災のみが補償となり保険料は削れる。ただ、この場合には他社と異なり、水災までも割愛される点に注意が必要だ。水災を割愛すると台風による床上浸水等が補償外となる。実際、火災保険で支払われる保険金の件数の割合は、各社でバラつきがあるが火災が約10%、風雪災が約15%、破損が約60%で、水災は1%程度でしかない。そのため削れなくはないが、自分の住む地域の水災の頻度や可能性を考慮したうえで判断した方が賢明だ。

それ以外では他社同様に水回り・カギ開けサービスが付帯しているが、注目すべきはホームセキュリティ・ハウスクリーニング業者を紹介してくれ、かつ優待割引の料金で利用できる点だろう。ネットで見積をとった方が安い可能性もあるが、火災後でなくとも利用できる点でメリットといえる。

次に、下図で各社の火災保険を、補償内容では火災・風水災・破損・個人賠償が基本補償か否か、カギ/水回りのトラブル対応等のサポートサービスが選択できるかを比較した。さらに保険料面では、建物に2,000万円・家財に1,000万円を設定した場合のT構造(コンクリート造り)・H構造(木造)の1年の保険料を比較した。

その際にはスタンダードプランを採用し、風水災・盗難・水濡れは補償内として特約は全て割愛した。※便宜上、東京海上・アメリカンホームの建物への設定額は各々1,500万・1,000万円となっているため注意してもらいたい。

名称 東京海上
トータルA
三井住友
GKすまい
あいおい
タフ住まい
損保ジャパン
ほ~む
コープ
火災共済
アメホ
安心プラン
セコム
マイホーム
セゾン
えらべる保険
火災
風水災 選択
盗難 選択
水濡れ 選択
破損 別プラン 別プラン 別プラン 別プラン プラン次第 選択
個人賠償 特約 特約 特約 特約 - 特約 特約
カギ
水回り

一部自己負担

一部自己負担

一部自己負担

一部自己負担
- - - -
その他 災害常備品
サービス
- セキュリティ
クリーニング
評価済保険
(再調達額)
ケガ・地震
風呂空焚き
ストーカー 豊富な割引 高い自由度
T構造 \28,780 \28,570 \34,500 \20,160 \22,790 \26,000
H構造 \54,990 \57,240 \74,280 \56,350 \60,000 \42,480 \44,840 \57,900
火災保険・住宅総合保険の比較表(東京海上・三井住友・あいおい・損保ジャパン・日本興亜・セコム・セゾン・)

上図で左から3番目のあいおいニッセイのタフ住まいの保険だが、ベーシックプランでの基本補償では他社と差異は無い。前述したように、ホームセキュリティ・ハウスクリーニングの優待割引ぐらいがある程度で、特約でも他社よりもオリジナリティのあるものは存在しない。

また、平均モデルを使った保険料のシミュレーション比較では、T構造(コンクリート)では不明だが、H構造(木造)をベンチマークにすると、若干高めの保険料となっている。ただし、あいおいニッセイのモデルケースは幾つかの特約が含まれてしまっている。大手の損保会社が横並びの料金設定にしている点からも、概ね他社と保険料で差はないだろう。保険料を節約するなら、前述した火災・風雪災のみのプランで他社よりどこまで保険料を抑えられるかが問題だろう。

結論としては、特に補償などで他社より秀でた面は無いが、優待割引を有効活用できそうな人や、極限まで補償を減らして保険料を節約したい人なら検討の余地はありそうだ。ただし、重ねてになるが、その場合には水災まで補償外となる点には注意しておいて、各社で見積もりをとってほしい。