三井住友海上 GKすまいの保険/ 火災保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

三井住友海上
オススメ度:
2
保険会社:
三井住友海上
名称:
GKすまいの保険
基本補償:
火災・風水災・盗難・水濡れ
サービス:
カギ・水回りの補修
割引:
なし
特徴:
GKすまいの保険ですまいを取り巻くリスクに備えましょう

三井住友海上 GKすまいの保険は住まいの守護神としては召集されない?

三井住友海上はMS&AD(三井住友海上・あいおい)グループとしては、現在は損保業界で1位のシェアを誇る。GK(ゴールキーパー)は、保険契約者の安心のゴールキーパー(守護神)であり、保険を通して安心を守るといった意味合いが込められているようだ。以下、GKすまいの保険の概要を記載し、他社の火災保険と比較する。

三井住友海上 GKすまいの保険の補償内容・付帯サービス等

まずベーシックプランの基本補償は火災・風水災(台風・雪災)・盗難・水濡れまでで、オススメプランと呼ばれる補償を拡充したプランにすると偶発的な破損等が補償される。他社と異なり、大きく削るプランも用意されており、火災・風水災・盗難・水濡れまでの4つを補償するタイプ、火災・風水災のみを補償する最小限のものまである。ただし、この2つのプランの場合には、水回り・カギ開けサービスは付帯されない。しかし、そういった場合でも大抵は火災保険ではなく、自分で業者を手配する人が多いため無くても支障はないだろう。

それ以外では特に特筆すべき点はないが、強いて挙げれば、建物付属機械設備等の電気的・機械的事故補償特約で対象物が明記されている点ぐらいか。火災保険は落雷による損害もカバーしているが、これはあくまで建物に落雷が直撃した場合で、落雷によって家の中の電化製品が故障しても補償されないが、この特約があれば補償対象となる。GKの場合にはエアコン・トイレ・レンジ・室外機までカバーすると明記している点で安心感はある。

次に、下図で各社の火災保険を、補償内容では火災・風水災・破損・個人賠償が基本補償か否か、カギ/水回りのトラブル対応等のサポートサービスが選択できるかを比較した。さらに保険料面では、建物に2,000万円・家財に1,000万円を設定した場合のT構造(コンクリート造り)・H構造(木造)の1年の保険料を比較した。

その際にはスタンダードプランを採用し、風水災・盗難・水濡れは補償内として特約は全て割愛した。※便宜上、東京海上・アメリカンホームの建物への設定額は各々1,500万・1,000万円となっているため注意してもらいたい。

名称 東京海上
トータルA
三井住友
GKすまい
損保ジャパン
ほ~む
アメホ
安心プラン
セコム
マイホーム
セゾン
えらべる保険
エース
住宅
全労済
火災共済
火災
風水災 選択
盗難 選択 選択
水濡れ 選択
破損 別プラン 別プラン 別プラン 選択 特約 -
個人賠償 特約 特約 特約 特約 特約 特約 特約
カギ
水回り

一部自己負担

一部自己負担

一部自己負担
- - -
一部自己負担
-
その他 災害常備品
サービス
- 評価済保険
(再調達額)
ストーカー 豊富な割引 高い自由度 - ケガ・地震
風呂空焚き
T構造 \28,780 \28,570 \20,160 \22,790 \26,000 \20,720
H構造 \54,990 \57,240 \56,350 \42,480 \44,840 \57,900 \33,320
火災保険・住宅総合保険の比較表(東京海上・三井住友・損保ジャパン・アメホ・セコム・セゾン・エース・全労済)

上図で左から2番目の三井住友海上のGKすまいの保険だが、他社比較して特に目立った点は無い。前述した通り、取り立ててオリジナリティのある付帯サービスも見受けられない。また、平均モデルを使った保険料のシミュレーション比較では、T構造(コンクリート)では不明だが、H構造(木造)をベンチマークにすると、特に他社の火災保険よりも安価ではなく、若干高めの額と分かる。これはT構造でも同様と考えられる。ただし、補償内容を火災・風水災に限定したプランも存在するため、保険料重視ならセゾン自動車火災と同じように限界近くまで補償内容を削って安価な保険料にする手はある。

結論としては、特に目立って他社よりオススメする理由も無いが、補償を削って火災保険の保険料を削って節約したい人なら、検討の余地はありそうだ。ただし、それならセゾン火災の方が自由度が高くオススメできる。逆に充実した補償を中庸の保険料で求めるとしても、三井住友海上を選ぶ理由は見当たらない。その場合でも、アメリカンホームやセコムあたりを検討した方が可能性はありそうだ。