セゾン自動車火災 じぶんでえらべる火災保険/ 火災保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

セゾン自動車火災
オススメ度:
4
保険会社:
セゾン自動車火災
名称:
じぶんでえらべる火災保険
基本補償:
火災・落雷・爆発
サービス:
-
割引:
-
特徴:
じぶんの住まいにあわせて、自由に補償をえらべます

セゾン自動車火災 じぶんでえらべる火災保険は取捨選択で保険料が削り放題!

セゾン自動車火災は、自動車保険で「おとなの自動車保険」という年齢で明確に保険料に差を設けて差別化を図っているように、火災保険でも他社と異なり選択制を最重視した商品をリリースしている。以下、セゾン自動車火災の「じぶんでえらべる火災保険」の概要を記載し他社比較する。

セゾン自動車火災の補償内容・付帯サービスなど

まずセゾンの場合には、スリム・ベーシック・ワイドといったプランは用意されていない。基本補償は火災・落雷・破裂(爆発)による建物・家財への損害の補償に限られる。そこから自分が必要だと判断した補償を足していき、自分好みにカスタマイズできる。補償を最小限にすれば保険料は大幅に削減できる。

とはいえ、完全にカスタマイズができるわけではない。水濡れ・飛来物(隕石など)の落下・騒擾はセットになっている。水濡れは火災保険の中でも比較的支払い件数(金額ではない)が多いため削るには相応の注意が必要だ。その一方で、風雪災と水災は過去の自分の居住地での被害件数を調べて、件数が少ないならカットして保険料を削減するのはアリだ。各種諸費用や盗難も、考え方次第だが一定のセキュリティや貯蓄があればカットできる。

次に、下図で各社の火災保険を、補償内容では火災・風水災・破損・個人賠償が基本補償か否か、カギ/水回りのトラブル対応等のサポートサービスが選択できるかを比較した。さらに保険料面では、建物に2,000万円・家財に1,000万円を設定した場合のT構造(コンクリート造り)・H構造(木造)の1年の保険料を比較した。

その際にはスタンダードプランを採用し、風水災・盗難・水濡れは補償内として特約は全て割愛した。※便宜上、東京海上・アメリカンホームの建物への設定額は各々1,500万・1,000万円となっているため注意してもらいたい。

名称 東京海上
トータルA
三井住友
GKすまい
損保ジャパン
ほ~む
アメホ
安心プラン
セコム
マイホーム
セゾン
えらべる保険
エース
住宅
全労済
火災共済
火災
風水災 選択
盗難 選択 選択
水濡れ 選択
破損 別プラン 別プラン 別プラン 選択 特約 -
個人賠償 特約 特約 特約 特約 特約 特約 特約
カギ
水回り

一部自己負担

一部自己負担

一部自己負担
- - -
一部自己負担
-
その他 災害常備品
サービス
- 評価済保険
(再調達額)
ストーカー 豊富な割引 高い自由度 - ケガ・地震
風呂空焚き
T構造 \28,780 \28,570 \20,160 \22,790 \26,000 \20,720
H構造 \54,990 \57,240 \56,350 \42,480 \44,840 \57,900 \33,320
火災保険・住宅総合保険の比較表(東京海上・三井住友・損保ジャパン・アメホ・セコム・セゾン・エース・全労済)

上図で1番右のセゾンのえらべる保険だが、他社比較すると改めて自由度の高さが際立つ。もちろん、上図は他社のスタンダードプランであり、他社にもスリムプランといった名称で補償を削ったタイプの火災保険は用意されているが、その場合には火災・水災までは必然的にセットになるなどの定型に沿う必要がある。自分で取捨選択できるという点で、セゾンに勝る火災保険は現状では存在しないといい切って差し支えないだろう。

その一方で、平均モデルを使った保険料のシミュレーション比較で、基本補償を拡大した場合の保険料は、他社よりも特別に安いわけではないと分かる。つまり、普通の内容で契約するならセゾンよりもセコムやアメホなどの方が保険料を抑えられるということだ。あくまでセゾンの火災保険は、補償を自分好みにカスタマイズができて、その分だけ保険料を抑えられる点でメリットがあると考えるべきだろう。

結論としては、保険料の節約を目指すなら是非に検討したい火災保険といえる。特に補償内容を自分で取捨選択して保険料を削減したい人には、完全にオススメできる。その一方で、取捨選択がしにくい人や、万が一の補償にも備えておきたいが保険料は削りたい人は、セコムあたりを検討した方がいいだろう。カスタマイズは制限があるが、大手損保よりは割引項目も多く、割引を利用しなくても保険料が安価になる可能性が高いためだ。