コープ共済 CO・OP火災共済+自然災害共済/ 火災保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

コープ共済 CO・OP火災共済+自然災害共済
オススメ度:
2
保険会社:
コープ共済(CO・OP共済)
名称:
CO・OP火災共済+自然災害共済
基本補償:
火災・風水災・水濡れ
サービス:
地震共済がセット
割引:
-
特徴:
火災・落雷などに備え、組合員さんの大切な住まいと家財を守ります

コープ共済 火災共済+自然災害共済は他の共済と比較すると!?

コープ共済 CO・OP火災共済+自然災害共済は、生協の1つであるコープ共済の火災共済(火災保険)だ。数千円の供託金を預けて(後に返還される)組合員になれば各種サービスを受けられ、ほぼ誰でも火災共済を利用できる。以下、同共済の火災共済の概要を記載し他社と比較する。

コープ共済 CO・OP火災共済+自然災害共済の補償内容・付帯サービスなど

まずコープ共済の火災共済は、火災の補償に自然災害の補償をプラスするか否かを選択することになる。自然災害をプラスしないと風水害が補償されないため付帯した方が安心感はある。また、他の共済と同様に地震補償(火災共済のみでも地震見舞金は受け取れるが数万円程度に留まる)が付帯するためお得感はある。ただし、共済は大地震が起きた際の政府によるセーフティネットがないため一抹の不安もある(地震保険 共済編を参照)

補償は他の共済・保険と同様に、火災・風水災・地震等による損害を補償し、受け取る保険金は支払う保険料を鑑みて自分で設定することになる。それ以外の補償では、盗難・火災時の持ち出し家財の補償・風呂の空焚きによる損害の補償がある。その中でも特に保険の契約者・親族が火災で死亡・傷害を負った場合にも保険金(最大300万円)が出る点で補償は幅広いといえる。だが、共済ではなく保険会社が付帯している偶発的な破損の補償(個人賠償責任補償)や、住宅の水回り・カギ開けの応急作業サービスは存在しない。

次に、下図で各社の火災保険を、補償内容では火災・風水災・破損・個人賠償が基本補償か否か、カギ/水回りのトラブル対応等のサポートサービスが選択できるかを比較した。さらに保険料面では、建物に2,000万円・家財に1,000万円を設定した場合のT構造(コンクリート造り)・H構造(木造)の1年の保険料を比較した。

その際にはスタンダードプランを採用し、風水災・盗難・水濡れは補償内として特約は全て割愛した。※便宜上、東京海上・アメリカンホームの建物への設定額は各々1,500万・1,000万円となっているため注意してもらいたい。

名称 東京海上
トータルA
損保ジャパン
ほ~む
アメホ
安心プラン
セコム
マイホーム
セゾン
えらべる保険
コープ
火災共済
JA共済
むてき
全労済
火災共済
火災
風水災 選択
盗難 選択 選択
水濡れ 選択
破損 別プラン 別プラン 選択 プラン次第 - -
個人賠償 特約 特約 特約 特約 - 別共済 特約
カギ
水回り

一部自己負担

一部自己負担
- - - - - -
その他 災害常備品
サービス
評価済保険
(再調達額)
ストーカー 豊富な割引 高い自由度 ケガ・地震
風呂空焚き
広い補償
ケガ・地震
ケガ・地震
風呂空焚き
T構造 \28,780 \28,570 \20,160 \22,790 \26,000 \34,500 \34,893 \20,720
H構造 \54,990 \56,350 \42,480 \44,840 \57,900 \60,000 \39,936 \33,320
火災保険・住宅総合保険の比較表(東京海上・三井住友・損保ジャパン・アメホ・セコム・JA共済・コープ共済・全労済)

上図で右から3番目のコープ共済 火災共済だが、火災共済単体だと風水災の補償がなたいため自然災害共済を付ける必要がある。補償の項目では住宅の破損は大型タイプと標準タイプで有無が異なり、地震関連の補償についても全壊・半壊などで受け取れる保険金のパーセンテージは、大型タイプが標準タイプよりも大きい(大型タイプは最大1,800万、標準プランは最大1,200万)ため、地震にも相応の補償を求めるなら大型タイプの方がいいだろう。その他、前述したように個人賠償・カギ水回り修理サービスは補償外とな。

保険料のシミュレーション比較では、鉄筋コンクリート構造だと他社より保険料が高めだが、これは地震補償が入っている分と割り切るしかない。とはいえ、同じく地震補償が入っている全労済よりも保険料は高く、さらに木造構造となると最大で他社の1.5倍の保険料になるため、保険料は割安とは言い難い。

結論としては、地震保険(地震共済)がセットにした保険が希望なら検討の余地はあるが、それでも他の共済の方が保険料が安いため微妙だ。ただし、上図では東京在住で保険料を比較し、地域によって保険料は若干変動するが、コープ共済の火災共済は全国一律の掛け金となっている。そのため地域によっては他の保険よりも有利になる可能性は否定できない。その意味では一応は見積もりをとる価値はあるだろう。