全労済 いきいき応援/ 引受基準緩和型・限定告知型医療保険の保険料・保障・告知内容・特約を評価 レビュー

全労済 いきいき応援
オススメ度:
1
保険会社:
全労済
名称:
いきいき応援
加入年齢:
40~70歳
保障:
入院・手術・死亡
告知内容:
5項目
特徴:
持病・既往症がある方や、通院・服薬中の方でもサポート

全労済 いきいき応援は告知項目の一部が緩くはあるが保険料が!?

いきいき応援は全労済 の医療共済で、持病・既往症を抱える人向けに告知項目を限定・減少させた医療共済だ。保険会社でいうところの限定告知型/引受基準緩和型医療保険と同一と考えて良い。以下、概要を記載し他社の同型の保険と比較する。

全労済 いきいき応援の仕組み・保障・保険料・告知内容・特約など

まず、この共済は共済期間が5年で更新となるため、掛け金が更新の度に上昇する点を抑えておきたい。同じく共済ではJA共済も同様の仕組みとなっているため、これが共済ではスタンダードなのかもしれない。

保障は入院日額が3,000円・5,000円の2つのプランがあり、さらに死亡共済金によって5つのプランに分かれる。死亡共済金は50万円より下の10万円も選択可能だが、掛け金からしてお得感はまったく無い。告知項目は入院手術の勧めが現在あったか、もしくはがん・肝硬変の疑いがあるか? 2年以内に7日以上の入院・手術を受けたか?5年以内にがん診断・治療を受けたか?要介護認定を受けているか?となっている。2年内が7日以上の入院となっている点で他社よりも僅かに告知は緩めだ。

次に下図では引受基準緩和型医療保険(限定告知型医療保険)を加入年齢入院日額と給付日数・通院日額と給付日数・手術給付金先進医療給付金の有無等で比較した。告知項目は「現在~1年以内」「2年以内」「5年以内」に分け、項目の有無と内容から告知項目の緩さも比較した。また、参考までに苦情率(苦情数÷契約数 ※生命保険協会公表)を算出し顧客満足度の指標とした。

保険料は男性で40歳・50歳・60歳に分け、入院給付金5,000円プランを終身払いで選択した場合の金額で比較した。その際に選択可能であれば、先進医療給付金・通院特約は付加した。

名称 メディケア
メディRe
メットライフ
フレキシィ
アフラック
もっとEVER
アクサ生命
OKメディ
朝日生命
ワイド
アメホ
みんなホスピ
JA共済
けあ
全労済
いきいき
加入年齢 20~85歳 30~85歳 30~80歳 20~70歳 20~80歳 30~80歳 50~75歳 40~70歳
入院日額
日数
\5,000~
60日
\5,000~
60日
\5,000~
60日
\5,000~
60日
\3,000~
60日
\3,000~
60日
\5,000~
60日
\3,000~
180日
通院日額
日数
- \3,000~
30日
\3,000~
30日
- - \2,500~
45日
- -
手術
給付金
5~20万
(外来2.5万)
5万
(外来1.2万)
2.5~5万
(外来2.5万)
5~20万
(外来5万)
5万
(外来5万)
5万
(外来5万)
5万
(外来?万)
5万
(外来?万)
その他 放射線
骨髄移植
がん無制限
放射線
骨髄移植
三大疾病
放射線 災害入院 放射線
入院一時金
葬式 5年更新
祝い金
5年更新
死亡
告知
(~1年内)
入院手術の
勧め
入院手術の
勧め
入院手術の
勧め
入院手術の
勧め※
入院手術の
勧め
入院手術の
勧め※
入院手術の
勧め
入院手術の
勧め※
告知
(~2年内)
入院/手術 - 入院
12種
入院/手術 入院/手術
放射線
- 入院/手術 7日入院
手術
告知
(~5年内)
がん/肝硬変
慢性肝炎
がん/肝硬変 がんなど
13種
がん - がん/肝硬変 がん/脳腫瘍 がん
苦情率 0.19% 0.45% 0.42% 0.31% 0.11% -% -% -%
40歳保険料 \2,745 \4,668
(\3,831)
\4,606
(\3,600)
\3,509 \3,720
(\5,360)
\4,848
(\4,510)
- \4,555
50歳保険料 \4,256 \5,632
(\4,516)
\5,394
(\4,470)
\4,514 \4,500
(\6,570)
\6,260
(\5,810)
\5,480 \6,650
60歳保険料 \6,898 \7,416
(\5,901)
\7,097
(\5,915)
\5,929 \5,635
(\8,220)
\8,483
(\7,855)
\6,680 \8,135
引受基準緩和型・限定告知型医療保険の保障・保険料の比較表(メディケア生命 メディフィットRe・メットライフ フレキシィ・アフラック もっとever・アクサ生命OKメディカル・チューリッヒ 思いやり・オリックスCUREサポート・朝日生命ワイド・JA共済 がんばるけあスマイル・全労済いきいき)

上図で1番右の全労済 いきいき応援だが、加入できる年齢はJA共済ほどではないが下限が40歳で、上限も70歳と幅が狭い。また、80歳までは更新が可能だが、現在では男性の平均寿命が80歳、女性が86歳という点を鑑みれば、いざという時に保障が消滅している可能性がある。告知内容は他社と比較して平均的だが、前述したように2年内の項目が緩い。他社では日数に関係なく入院をしていれば告知項目に該当するが、全労済の場合には7日未満の入院なら該当しない。がん以外の病気・ケガで直近2年内に入院していても加入できるのはポイントといえそうだ。

掛け金は入院日額5,000円の金額で比較したが、他社と比較して一見すると平均的な額に見える。ただし、他社でも通院給付金がない保険(+通院給付金がある保険でも通院給付を外した場合の保険料)と比較すると、1,000円近く保険料が高額だ。さらには保険料が5年毎に上昇するとなると、保険料面でのメリットは皆無と言って過言ではあるまい。

結論としては、告知などの一部の面で評価すべき点もあるが、肝心の保障・保険料で他社に劣るためイマイチな保険とえいる。他社の保険料・保障・告知内容が優れた保険か、総合的にバランスのとれた保険を検討した方がいいだろう。