ドコモ サイクル保険/ 自転車保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

ドコモ サイクル保険
オススメ度:
2
保険会社:
ドコモ(東京海上日動)
名称:
サイクル保険
補償範囲:
交通事故
賠償責任:
最大2億円
示談交渉:
アリ
特徴:
ついに出ました!最大2億円の賠償責任保険金!

ドコモ サイクル保険は最大2億円の個人賠償責任補償ではあるが!

ドコモ サイクル保険は、携帯通信会社のドコモが提供している保険で、自転車保険(サイクル保険)以外にも1日自動車保険海外旅行保険なども販売している。実際にはドコモは損保代理店のようなもので、事故の補償・サポートは東京海上が担っている。以下、同社のサイクル保険の概要を記載し、他社の自転車保険と比較する。

ドコモ サイクル保険の保険料・保険金・補償内容・サービスなど

まず注意したいのが、この保険はドコモプレミアクラブ会員向けとなっている点だ。そのためドコモユーザーであり、かつプレミアクラブに入会している必要がある。ただ、プレミアクラブの会員であれば問題はなくステージは関係ない。プレミアステージではなく1stステージであっても、この保険を契約できる。

補償範囲は名称に反して、自転車事故に限らず交通事故全般に及ぶ。交通事故による死亡時には死亡保険金、入院時には日数に応じて入院日額分の入院保険金、さらに他人にケガを負わせた場合の個人賠償責任補償は他社の2倍の2億円となっている。示談交渉サービスも付帯している。ただし、ケガで通院した場合の通院保険金は存在していない。保険料は、本人・夫婦・家族の3パターンで分かれ、補償の保険金上限額による保険料は上下しない。保険金は据え置きで個人で月額440円、夫婦だと約1.5倍の640円、家族だと約2倍の980円となる。

下図では各社の自転車保険を、補償内容は補償範囲・補償対象に加え、個人賠償・死亡保険金・入院日額・通院日額の上限額を比較した。さらに自転車保険を単体で契約する場合には、自動車保険に個人賠償責任補償特約を付帯する場合と異なり示談サービスの有無が、いざという時に肝要なため併せて記述した。

保険料面では、各社が設けるプランの中で最もスタンダードなものを採用し、家族型ではなく一般的に保険料が安価な個人型の金額を、月払い・年払いの金額で比較した。

名称 au
交通事故
au
バイクル
セブン
自転車
三井住友
サイクル
エアーリンク
自転車
イオン
自転車
ジャパン
少額短期
ちゃりぽ
ドコモ
サイクル
朝日火災
自転車
補償範囲 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 自転車 自転車 交通事故 交通事故
補償対象 本人/家族 本人/家族 本人/家族 本人/家族他 本人 本人 本人 本人/家族他 本人
個人賠償 1億 1億 1億 1億 1億 1,000万 1,000万 2億 1億
死亡
保険金
400万 400万
(800万)
400万 500万 305万 - 300万 500万 259万
入院日額 6,000円 6,000円
(12,000円)
6,000円 2,000円 3,000円 4,000円 6,000円 3,000円 3,500円
通院日額 1,000円 1,000円
(2,000円)
- 1,000円 - - - - 1,400円
示談 - - - -
保険料
(月額)
460円 580円 350円 450円 300円 295円 240円 440円 415円
保険料
(年額)
5,520円 6,910円 4,160円 5,120円 3,600円 3,550円 2,900円 5,280円 4,980円
自転車保険の比較表(au・セブン・三井住友・ネットでサイクル・エアーリンク・ちゃりぽ・ドコモ・朝日火災)

上図で右から2番目のドコモ サイクル保険だが、個人賠償責任補償の額が他社の2倍の2億、死亡保険金も自転車事故で2倍になるau バイクルを除けばトップの数字となっている。その一方、入院日額は他の保険会社数社が6,000円に設定している点を考えれば物足りない。
保険料だが、個人型では月額440円(年額換算で5,280円)で他社と比較すると高額な部類に入る。ただ、示談交渉サービスありの自転車保険と比較すると平均的な額といえなくもない。とはいえ、同じく通院日額が存在しないセブン 自転車保険と比較すると、個人賠償は2倍だが入院日額は半額であり割高感は否めない。個人賠償が2億円という点に、そこまでの価値があるかが焦点といえる。

結論としては、補償面で評価できるポイントはあれどイマイチな保険といえる。前述したように個人賠償補償の2億を如何に考えるかが焦点だが、自転車事故の高額賠償の事例を見るに、1億円を超える賠償額になった事例は少なく、1億円以下が圧倒的に多い。そのために割高の保険料を支払うのは、無駄になる可能性が高いだろう。もちろん、今後、1億円以上の賠償額になる事故が頻発するようなら、この保険の価値は見直す必要があるが、ここまでの補償は現状では不要だろう。