Yahoo!ちょこっと保険 自転車プラン/ 自転車保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

Yahoo!ちょこっと保険 自転車プラン
オススメ度:
1
保険会社:
Yahoo!(三井住友海上)
名称:
ちょこっと保険 自転車プラン(Yahoo!プレミアム会員専用保険)
補償範囲:
交通事故
賠償責任:
最大5,000万円
示談交渉:
アリ
特徴:
ケガや他人への賠償など、必要な補償を選んで設計できる保険

Yahoo!ちょこっと保険 自転車プランは自在にカスタマイズはできるが!?

Yahoo!ちょこっと保険 自転車プランはYahoo!がプレミアム会員専用に販売している保険だが、実際に保険を引き受けているのは三井住友海上だ。以下、同社の自転車向けの保険の概要を記載し、他社の自転車保険と比較する。

Yahoo!ちょこっと保険(Yahoo!プレミアム会員専用保険)の保険料・保険金・補償内容・サービスなど

まず補償範囲は自転車事故に限らず交通事故全般がカバーされる。補償内容は死亡保険金・入通院日額・個人賠償責任補償があり、それ以外に携行品損害・救援者費用といった補償もオプションで付帯できる。

保険料は、補償によってスモール・ミディアム・ラージが存在するが、各補償の保険金額や補償の有無によってカスタマイズができる。意味があるかは別として、死亡保険金100万円で個人賠償責任を1,000万円にすることで、月額保険料は180円まで抑えることも可能だ。

下図では各社の自転車保険を、補償内容は補償範囲・補償対象に加え、個人賠償・死亡保険金・入院日額・通院日額の上限額を比較した。さらに自転車保険を単体で契約する場合には、自動車保険に個人賠償責任補償特約を付帯する場合と異なり示談サービスの有無が、いざという時に肝要なため併せて記述した。

保険料面では、各社が設けるプランの中で最もスタンダードなものを採用し、家族型ではなく一般的に保険料が安価な個人型の金額を、月払い・年払いの金額で比較した。

名称 au
交通事故
au
バイクル
セブン
自転車
三井住友
サイクル
エアーリンク
自転車
イオン
自転車
ジャパン
少額短期
ちゃりぽ
エース
自転車
Yahoo!
ちょこっと
補償範囲 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 自転車 自転車 傷害全般 交通事故
補償対象 本人/家族 本人/家族 本人/家族 本人/家族他 本人 本人 本人 本人 本人/家族他
個人賠償 1億 1億 1億 1億 1億 1,000万 1,000万 5,000万 1,000万~
死亡
保険金
400万 400万
(800万)
400万 500万 305万 - 300万 1,000万 100万
入院日額 6,000円 6,000円
(12,000円)
6,000円 2,000円 3,000円 4,000円 6,000円 10,000円 500円~
通院日額 1,000円 1,000円
(2,000円)
- 1,000円 - - - 4,000円 250円~
示談 - - - -
保険料
(月額)
460円 580円 350円 450円 300円 295円 240円 2,460円
(830円)
420円
(180円)
保険料
(年額)
5,520円 6,910円 4,160円 5,120円 3,600円 3,550円 2,900円 26,760円
(9,950円)
5,040円
(2,160円)
自転車保険の比較表(au・セブン・三井住友・エアーリンク・イオン・ちゃりぽ・エース・yahoo)

上図で1番右のYahoo!ちょこっと保険(自転車プラン)だが、他社と異なり各保険金額はかなり自由にカスタマイズできる。個人賠償責任の額は最小1,000万~5,000万まで、入院日額は最小500円~5,000円まで(通院日額は入院日額の半額)、死亡保険金は最小100万~1,000万まで調整できる。他社の自転車保険とは異なり、ここまでカスタマイズできる点で評価できるが、個人賠償責任が5,000万円までという点では物足りないともいえる。

保険料だが、スモールセット(死亡100万・入院1,000円・個人賠償1,000万)だと月額420円(年額換算で5,040円)で、他社と比較すると若干高額だ。死亡保険を100万・個人賠償1,000万だと月額180円まで抑えられるが、自転車事故の高額賠償は軽く1,000万円を超えるケースもあることを考えれば、現実的なプランとはいえないだろう。

結論としては、用意されているプランでは保険料・補償面で特にオススメできる内容ではない。しかし、カスタマイズが自在にできる点で利用シーンがなくはない。例えば、携行品損害・救援者費用などを付帯することで海外旅行保険の補完にするといった使い方だ。他の保険を補完する使い方ではなく、自転車保険をメインに保険を組み立てないなら、他社の保険を選択した方がいいだろう。