ジャパン少額短期保険 ちゃりぽ(自転車あんしん保険)/ 自転車保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

ジャパン少額短期保険 ちゃりぽ(自転車あんしん保険)
オススメ度:
2
保険会社:
ジャパン少額短期保険
名称:
ちゃりぽ(自転車あんしん保険)
補償範囲:
自転車事故
賠償責任:
最大1,000万円
示談交渉:
ナシ
特徴:
ご家族や自身の日常をサポートする自転車の保険が登場しました

ジャパン少額短期 ちゃりぽ(自転車あんしん保険)は確かに保険料は安いが!

ジャパン少額短期保険は、JBR(ジャパン・ベスト・レスキュー)の子会社であるジャパン少額短期保険が販売している保険だ。少額短期保険のため保険会社と比較して規模に起因した懸念は若干あるが、JBRは東証に上場している企業(ガラス・水まわり・カギ・PCのトラブル解決サービスを提供)のため一定の安心感はある。以下、同社の自転車保険の概要を記載し他社比較する。

ジャパン少額短期保険 ちゃりぽ(自転車あんしん保険)の保険料・保険金・補償内容・サービスなど

まず補償範囲だが、公式HP等からすると基本的に補償は自転車に限られるように見えるが、重要事項説明書を見る限りは、交通乗用具(自転車・バスなど)に搭乗中のケガへの補償と記載されている。他社の自転車保険と同様に、交通事故全般をカバーする可能性が高い。

補償内容は、「あんしんプラン」だとケガで死亡・入院した場合に保険金が受け取れるが、通院に留まる場合には補償外となる。「もっとあんしんプラン」にすれば通院保険金も付帯されるが、通院日額は1,000円と微額で、それだけ保険料が1000円以上増額される点を考えれば削減しても問題はない。個人賠償は少額短期保険のため最大1,000万となっている。自転車事故の高額賠償は1億円手前にまで到達する可能性ががあり、1000万円だと何とも心もとない。

下図では各社の自転車保険を、補償内容は補償範囲・補償対象に加え、個人賠償・死亡保険金・入院日額・通院日額の上限額を比較した。さらに自転車保険を単体で契約する場合には、自動車保険に個人賠償責任補償特約を付帯する場合と異なり示談サービスの有無が、いざという時に肝要なため併せて記述した。

保険料面では、各社が設けるプランの中で最もスタンダードなものを採用し、家族型ではなく一般的に保険料が安価な個人型の金額を、月払い・年払いの金額で比較した。

名称 au
交通事故
au
バイクル
セブン
自転車
三井住友
サイクル
エアーリンク
自転車
イオン
自転車
ジャパン
少額短期
ちゃりぽ
あいおい
タフ
チューリッヒ
傷害Lite
補償範囲 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 自転車 自転車 交通事故 交通事故
補償対象 本人/家族 本人/家族 本人/家族 本人/家族他 本人 本人 本人 本人/家族 本人/家族
個人賠償 1億 1億 1億 1億 1億 1,000万 1,000万 1億 5,000万
死亡
保険金
400万 400万
(800万)
400万 500万 305万 - 300万 300万 500万
(3,000万)
入院日額 6,000円 6,000円
(12,000円)
6,000円 2,000円 3,000円 4,000円 6,000円 3,000円 5,000円
通院日額 1,000円 1,000円
(2,000円)
- 1,000円 - - - 3,000円 (1,500円)
示談 - - - - -
保険料
(月額)
460円 580円 350円 450円 300円 295円 240円 660円 570円
保険料
(年額)
5,520円 6,910円 4,160円 5,120円 3,600円 3,550円 2,900円 7,550円 6,880円
(1,340円)
自転車保険の比較表(au・セブン・三井住友・エアーリンク・イオン・ちゃりぽ・エース・JCA)

上図で右から3番目のジャパン少額短期の自転車保険だが、各保険金の上限では個人賠償の額が他社の10分の1、死亡保険金は他社よりも少額だ。さらに通院保険金は存在せず、示談交渉サービスも存在しない。その一方、入院保険金は6,000円と優秀で、自転車事故で保険金が2倍になるau損保バイクルを除けばトップの額となっている。

保険料だが、月額240円・年額2,900円で他社比較すると最安値だ。同じ少額短期保険のイオンと比較しても安価な保険料で、補償を削っているとはいえ、この保険料の安さは一定の評価ができる。ただし、徹底的に補償を削った場合のチューリッヒの傷害保険には及ばない。

結論としては、保険料を徹底的に削るなら悪くはない保険だ。ただし、前述したように補償内容(保険金の上限)では物足りない面もあり、示談交渉サービスも付帯していない。これらは覚悟のうえで契約する必要があるだろう。また、個人賠償すら削っていいならチューリッヒを選ぶ手もある。逆に一定の補償を確保しながら示談交渉サービスも求めるならセブン自転車保険、最大限の補償を確保したいならauバイクルなどを検討する必要がある。