セブンイレブン 自転車向け保険/ 自転車保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

セブンイレブン 自転車向け保険
オススメ度:
4
保険会社:
セブンイレブン(三井住友海上)
名称:
自転車向け保険(パーソナル総合傷害保険 交通傷害型)
補償範囲:
交通事故
賠償責任:
最大1億円
示談交渉:
アリ
特徴:
自転車運転中の事故による相手への賠償や自身のケガのリスクをサポート

セブンイレブン 自転車向け保険は通院保険金され不要ならオススメ!

セブンイレブン 自転車向け保険は、セブンイレブン(セブン&アイHD)が保険代理店となり販売し、三井住友海上が保険を引き受けている。中身は三井住友海上のGKケガの保険に特約を付帯しただけだが、補償内容は若干ことなる。また、保険の契約手続きがインターネット+郵送ではなく、インターネット+セブンイレブンで契約手続きが完了する点でメリットがある。以下、同社の自転車保険の概要を記載し、他社の保険と比較する。

セブンイレブン 自転車向け保険の保険料・保険金・補償内容・サービスなど

まず補償範囲だが、自転車向け保険という名称だが、自転車事故に限らず交通事故全般がカバーされる。他社同様に、交通事故でケガをして死亡すれば死亡保険金、入院すれば入院日数に応じて入院日額分の保険金が受け取れる。手術になれば入院日額の最大10倍(≒6万円)が受け取れる。もちろん事故で相手方にケガを負わせた場合の賠償も1億まで補償され、示談交渉サービスも付帯している。ただ、三井住友の保険と異なり通院保険金は存在しない。保険料は個人型・夫婦型・家族型の3つで分かれており、個人型で年額4,160円となる(保険料の他社比較は後述)

冒頭でも記述した契約手続きだが、2パターンの方法が存在する。Web上で必要項目を入力してセブンイレブンのコピー機で書類を受け取り、レジで保険料を払い込んで再びコピー機で書類を受け取れば契約が完了する。もう1つはセブンイレブンで必要事項を入力する方法で、残りの作業は上述同様となる。いずれの方法にしても、近所のセブンイレブンに行けば1日で契約が完了する点でメリットがある。ただし、レジで支払う際には現金かnanacoになる点に注意が必要だ。セブンイレブン自体はクレジットカードは利用できるが、マルチコピー機を利用するサービスはカード不可のため止むを得ない。そのため、月払いではなく一括払いのみになる点にも注意が必要だ。

下図では各社の自転車保険を、補償内容は補償範囲・補償対象に加え、個人賠償・死亡保険金・入院日額・通院日額の上限額を比較した。さらに自転車保険を単体で契約する場合には、自動車保険に個人賠償責任補償特約を付帯する場合と異なり示談サービスの有無が、いざという時に肝要なため併せて記述した。

保険料面では、各社が設けるプランの中で最もスタンダードなものを採用し、家族型ではなく一般的に保険料が安価な個人型の金額を、月払い・年払いの金額で比較した。

名称 au
交通事故
au
バイクル
セブン
自転車
三井住友
サイクル
エアーリンク
自転車
イオン
自転車
ジャパン
少額短期
ちゃりぽ
あいおい
タフ
チューリッヒ
傷害Lite
補償範囲 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 自転車 自転車 交通事故 交通事故
補償対象 本人/家族 本人/家族 本人/家族 本人/家族他 本人 本人 本人 本人/家族 本人/家族
個人賠償 1億 1億 1億 1億 1億 1,000万 1,000万 1億 5,000万
死亡
保険金
400万 400万
(800万)
400万 500万 305万 - 300万 300万 500万
(3,000万)
入院日額 6,000円 6,000円
(12,000円)
6,000円 2,000円 3,000円 4,000円 6,000円 3,000円 5,000円
通院日額 1,000円 1,000円
(2,000円)
- 1,000円 - - - 3,000円 (1,500円)
示談 - - - - -
保険料
(月額)
460円 580円 350円 450円 300円 295円 240円 660円 570円
保険料
(年額)
5,520円 6,910円 4,160円 5,120円 3,600円 3,550円 2,900円 7,550円 6,880円
(1,340円)
自転車保険の比較表(au・セブン・三井住友・エアーリンク・イオン・ちゃりぽ・エース・JCA)

上図で左から3番目のセブンイレブンの自転車保険だが、保険金の上限額では個人賠償が1億、死亡保険金は400万と平均的な額だが、入院日額はトップクラスの6,000円となっている。示談交渉サービスが付帯している点でも評価できる。しかし、前述した通り通院保険金は存在していない。

保険料は年額4,160円(月額換算では350円)で、他社比較すると平均か少し安い。ほぼ同様の補償内容のエアーリンクと比較すると若干高額だが、入院日額が2倍という点からすれば納得できる範疇だろう。通院日額(そもそも通院で1,000円なら無いに等しいとも考えられる)さえ不要なら、保険料と補償内容のバランスはとれている。

結論としては、通院保険金され不要ならオススメできる保険だ。消去法ともいえるが、示談交渉アリで入院日額が意味のある額を求めて、さらに保険料が最安となるとセブンの保険が該当する。契約までの手続きがセブンイレブンで完結できるのも、諸注意点こそあれどスピードを考えれば便利には違いない。その一方、通院日額を希望する人、徹底的に保険料を削減したい人は他の保険を検討した方がいいだろう。