イオンの自転車保険/ 自転車保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

イオンの自転車保険
オススメ度:
1
保険会社:
イオン少額短期保険
名称:
イオンの自転車保険(傷害入院保険・ひったくり損害保険・個人賠償保険)
補償範囲:
自転車事故
賠償責任:
最大1,000万円
示談交渉:
ナシ
特徴:
イオンの自転車保険がサイクルライフをサポートします!

イオンの自転車保険は89歳まで更新できる点は評価できそうだが!

イオンの自転車保険は、イオンの子会社であるイオン少額短期保険が引き受け、親会社であるイオンが販売している保険だ。少額短期保険のため保険会社と比較して規模に起因した懸念は若干あるが、一応はイオンが後ろ盾という点で安心感はある。以下、同社の自転車保険の概要を記載し他社比較する。

イオンの自転車保険(傷害入院保険・ひったくり損害保険・個人賠償保険)の保険料・保険金・補償内容・サービスなど

まず補償範囲だが、他社の自転車保険が名称に反して自転車事故に限らず交通事故全般をカバーしているのに対して、このイオンの保険は基本的に補償は自転車に限られる。ケガに関しては自転車に限らず日常生活全般をカバーするが、他人にケガを負わせた場合の賠償責任は自転車事故に限られている。注意すべきは賠償責任の保険金額で、最大1,000万円と他社よりも明らかに少額だ。さらに他社とは異なり死亡保険金は存在せず入院保険金のみとなっている。その代わりといっては何だが、自転車搭乗中にひったくり被害に遭うと最大5万円の保険金が受け取れる。5万円という金額は何とも微妙な金額なのだが。。。

保険料は他社のように補償項目の有無で分かれず、搭乗者の年齢によって分かれる。この点、他社は新規加入・継続は69歳までとしているのに対して、イオンは新規加入こそ他社同様に69歳だが、更新可能な年齢は89歳までと幅広い。70歳を超えると自動車免許の返納して自転車に切り替える人もいる点、高齢になればケガをする可能性が高まる点を考慮すれば、89歳まで継続できる点は評価に値する。

下図では各社の自転車保険を、補償内容は補償範囲・補償対象に加え、個人賠償・死亡保険金・入院日額・通院日額の上限額を比較した。さらに自転車保険を単体で契約する場合には、自動車保険に個人賠償責任補償特約を付帯する場合と異なり示談サービスの有無が、いざという時に肝要なため併せて記述した。

保険料面では、各社が設けるプランの中で最もスタンダードなものを採用し、家族型ではなく一般的に保険料が安価な個人型の金額を、月払い・年払いの金額で比較した。

名称 au
交通事故
au
バイクル
セブン
自転車
三井住友
サイクル
エアーリンク
自転車
イオン
自転車
ジャパン
少額短期
ちゃりぽ
あいおい
タフ
チューリッヒ
傷害Lite
補償範囲 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 自転車 自転車 交通事故 交通事故
補償対象 本人/家族 本人/家族 本人/家族 本人/家族他 本人 本人 本人 本人/家族 本人/家族
個人賠償 1億 1億 1億 1億 1億 1,000万 1,000万 1億 5,000万
死亡
保険金
400万 400万
(800万)
400万 500万 305万 - 300万 300万 500万
(3,000万)
入院日額 6,000円 6,000円
(12,000円)
6,000円 2,000円 3,000円 4,000円 6,000円 3,000円 5,000円
通院日額 1,000円 1,000円
(2,000円)
- 1,000円 - - - 3,000円 (1,500円)
示談 - - - - -
保険料
(月額)
460円 580円 350円 450円 300円 295円 240円 660円 570円
保険料
(年額)
5,520円 6,910円 4,160円 5,120円 3,600円 3,550円 2,900円 7,550円 6,880円
(1,340円)
自転車保険の比較表(au・セブン・三井住友・エアーリンク・イオン・ちゃりぽ・エース・JCA)

上図で右から4番目のイオンの自転車保険だが、各保険金では個人賠償の額が他社の10分の1(少額短期保険は1,000万までしか支払えない制度となっている)、死亡保険金や通院保険金は存在しない。入院保険金があるが、これも他社よりも有利というわけでなく、示談交渉サービスも付帯していない。ここまで補償を削っているとなると、保険料に期待するしかない。

その保険料だが、年額3,550円(月額換算で295円)で他社比較すると安価な部類に入る。しかし、ほぼ同額のエアーリンクと比較して補償内容は劣り、挙句にはイオンより保険料が安い同じ少額短期保険のジャパン少額短期にも入院日額こそ上回るが、その他の内容では劣る。保険料から考えた補償内容は物足りない内容といえる。

結論としては、保険料・補償内容からして特にオススメできる保険ではない。補償を重視するにも、保険料を重視するにも他社の自転車保険を選択した方がいいだろう。ただし、更新年齢が89歳までと幅広いため、超長期で自転車を利用する、ないしは現段階で65歳以上なら検討の余地は十分にある。その際には自転車保険間の比較ではなく傷害保険・積立傷害保険と比較した方が妥当だろう。