三井住友海上 ネットde保険@さいくる/ 自転車保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

三井住友海上 ネットde保険@さいくる
オススメ度:
3
保険会社:
三井住友海上
名称:
ネットde保険@さいくる
補償範囲:
交通事故
賠償責任:
1億円
示談交渉:
アリ
特徴:
事故の相手に対する賠償責任を最大1億円まで補償します!

三井住友海上 ネットde保険@さいくるはBコースなら上々!

三井住友海上 ネットde保険@さいくるは、三井住友海上がネット専用で販売する自転車保険だ。この保険とは別に保険市場と三井住友海上で販売しているGK自転車の保険もあり、補償内容・保険料で差異がある。以下、ネットde保険@サイクルの概要を記載し他社と比較する。

三井住友海上 ネットde保険@さいくるの保険料・保険金・補償内容・サービスなど

まず補償範囲だが、保険にはサイクルという名称が付いているが、自転車事故に限らず交通事故全般がカバーされる。事故で死亡すれば死亡保険金、入通院すれば日数に応じた入院日額/通院日額、手術が必要となれば手術保険金が受け取れる。

ただし他社と異なり、他人にケガを負わせた場合の損害を補償する個人賠償責任補償と、通院日額はコースによって付帯されない場合がある。一番保険料が安いCコースには個人賠償責任・通院日額が付帯せず、Bコースは通院日額が付帯されない。Aコースのみが全てが付帯されるわけだが、自転車事故の最大のポイントは数千万~1億近い賠償額になることもある個人賠償責任補償である点を考えれば、保険料も鑑みて通院日額は削ったBコースが妥当だろう。ちなみに、個人賠償責任補償には示談交渉サービスが付帯している。

保険料は、個人型・夫婦型・家族型・配偶者以外の家族型の4つが用意されているが、事故の可能性から考えて通勤・通学に利用する人数分のプランに加入すれば十分だろう。

下図では各社の自転車保険を、補償内容は補償範囲・補償対象に加え、個人賠償・死亡保険金・入院日額・通院日額の上限額を比較した。さらに自転車保険を単体で契約する場合には、自動車保険に個人賠償責任補償特約を付帯する場合と異なり示談サービスの有無が、いざという時に肝要なため併せて記述した。

保険料面では、各社が設けるプランの中で最もスタンダードなものを採用し、家族型ではなく一般的に保険料が安価な個人型の金額を、月払い・年払いの金額で比較した。

名称 au
交通事故
au
バイクル
セブン
自転車
三井住友
サイクル
三井住友
ネット
エアーリンク
自転車
ジャパン
少額短期
ちゃりぽ
あいおい
タフ
チューリッヒ
傷害Lite
補償範囲 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 自転車 交通事故 交通事故
補償対象 本人/家族 本人/家族 本人/家族 本人/家族他 本人 本人 本人 本人/家族 本人/家族
個人賠償 1億 1億 1億 1億 1億 1億 1,000万 1億 5,000万
死亡
保険金
400万 400万
(800万)
400万 500万 500万 305万 300万 300万 500万
(3,000万)
入院日額 6,000円 6,000円
(12,000円)
6,000円 2,000円 6,000円 3,000円 6,000円 3,000円 5,000円
通院日額 1,000円 1,000円
(2,000円)
- 1,000円 - - - 3,000円 (1,500円)
示談 - - - -
保険料
(月額)
460円 580円 350円 450円 375円 300円 240円 660円 570円
保険料
(年額)
5,520円 6,910円 4,160円 5,120円 4,490円 3,600円 2,900円 7,550円 6,880円
(1,340円)
自転車保険の比較表(au・セブン・三井住友・ネットでサイクル・エアーリンク・ちゃりぽ・エース・JCA)

上図で真ん中の三井住友海上 ネットde@サイクルだが、保険金の上限額では個人賠償が1億、死亡保険金は500万で他社よりも大きく、入院日額も6,000円で他社よりも優秀な額だ。通院日額こそ付帯していないが補償に関しては優秀といえる。また、示談交渉サービスが付帯している点もプラスだ。

保険料は年払いで4,490円(月額450円換算)で、他社比較すると平均か若干高額な部類に入る。ただし、死亡保険金・入院日額の金額がトップであり、ほぼ同額に設定されている他社の保険(au交通事故やチューリッヒなど)と比較すれば、補償のわりには保険料は安いともいえる。

結論としては、通院日額さえ不要なら上々の保険といえるだろう。セブンよりも死亡保険金が多く、セブンの少し特殊な申込方法を敬遠したいなら、この三井住友海上の方が保険の方がオススメになろう。その一方、通院日額を希望する人、徹底的に保険料を削減したい人は他の保険を検討した方がいいだろう。