朝日火災 自転車の保険/ 自転車保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

朝日火災 自転車の保険
オススメ度:
2
保険会社:
朝日火災海上
名称:
自転車の保険
補償範囲:
交通事故
賠償責任:
最大1億円
示談交渉:
ナシ
特徴:
様々な事故のリスクからあなたを守ります!

朝日火災 自転車の保険は悪くはないが微妙・・・?

朝日火災は中堅の損害保険会社で、現在は野村傘下に入っている。同社の自転車の保険の中身は、交通傷害保険(スーパーガード保険)に特約を付けた保険でしかない。以下、同社の自転車保険の概要を記載し、他社の自転車保険と比較する。

朝日火災 自転車の保険の保険料・保険金・補償内容・サービスなど

補償範囲は、自転車事故に限らず交通事故全般において補償が受けられる。他社同様に死亡時には死亡保険金、入院時には日数に応じて入院日額分の入院保険金、他人にケガを負わせた場合の個人賠償責任は1億円となっている。

他社と異なり通院日額の有無によってコースコースが異なり、さらに各保険金額も変動する。A1コースでは通院日額が存在せず、B1コースでは通院日額が付帯している。だからといってB1の方が補償が充実しているわけではなく、死亡保険金や入院日額は減額されるという不思議な組み合わせになっている。とはいえ、B1の方が保険料は1,000円近く高額なため、補償を拡充するならB1コースとなるのだろう。

下図では各社の自転車保険を、補償内容は補償範囲・補償対象に加え、個人賠償・死亡保険金・入院日額・通院日額の上限額を比較した。さらに自転車保険を単体で契約する場合には、自動車保険に個人賠償責任補償特約を付帯する場合と異なり示談サービスの有無が、いざという時に肝要なため併せて記述した。

保険料面では、各社が設けるプランの中で最もスタンダードなものを採用し、家族型ではなく一般的に保険料が安価な個人型の金額を、月払い・年払いの金額で比較した。

名称 au
交通事故
au
バイクル
セブン
自転車
三井住友
サイクル
エアーリンク
自転車
イオン
自転車
ジャパン
少額短期
ちゃりぽ
ドコモ
サイクル
朝日火災
自転車
補償範囲 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 自転車 自転車 交通事故 交通事故
補償対象 本人/家族 本人/家族 本人/家族 本人/家族他 本人 本人 本人 本人/家族他 本人
個人賠償 1億 1億 1億 1億 1億 1,000万 1,000万 2億 1億
死亡
保険金
400万 400万
(800万)
400万 500万 305万 - 300万 500万 259万
入院日額 6,000円 6,000円
(12,000円)
6,000円 2,000円 3,000円 4,000円 6,000円 3,000円 3,500円
通院日額 1,000円 1,000円
(2,000円)
- 1,000円 - - - - 1,400円
示談 - - - -
保険料
(月額)
460円 580円 350円 450円 300円 295円 240円 440円 415円
保険料
(年額)
5,520円 6,910円 4,160円 5,120円 3,600円 3,550円 2,900円 5,280円 4,980円
自転車保険の比較表(au・セブン・三井住友・ネットでサイクル・エアーリンク・ちゃりぽ・ドコモ・朝日火災)

上図で1番右の朝日火災の自転車保険(B1)だが、各保険金額で他社比較すると個人賠償責任の額が1億、通院日額が1,400円と平均的な額だ。その一方で、死亡保険金はトップの2分の1、入院日額も3分の2程度と厳しく、示談交渉サービスは付帯していない。補償は中途半端と言わざるをえない。

保険料だが、B1コースだと年額4,980円(月額換算で415円)で他社と比較すると平均的な額だ。ただし、同じく示談ナシで通院日額アリのau交通事故と比較すると割安ともいえる。しかし、通院日額を外したA1コース(年額3,980円)を選択すると、同じく通院ナシのエアーリンクなどよりも保険料は高額になってしまうため保険料面でのメリットは無くなる。

結論としては、B1コースなら悪くはないが示談交渉がなく微妙なところだ。前述したように保険両面でも最安ではないが、同型の自転車保険よりは有利な面がある。しかし、入院保険日額が他社の半額、au損保と比較しても概ね半額という点を考えると、auの方に分があるともいえる。やはり中途半端な保険で、補償を重視すうrにも保険料節約重視でもバランス重視でも食指は伸びない保険といえる。