JCA 自転車総合保険/ 自転車保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

JCA 自転車総合保険
オススメ度:
1
保険会社:
JCA(Japan Cycling Association)
名称:
自転車総合保険
補償範囲:
交通事故
賠償責任:
最大1億円
示談交渉:
あり
特徴:
万一の交通事故などを原因とするケガによる入院等を補償

JCA 自転車総合保険は会員費と追加保険料を考えると!

JCA 自転車総合保険はJCA(Japan Cycling Association)という日本サイクリング協会が会員向けに販売している保険だ。会員になるには年会費が必要であり、保険を利用するなら同協会の会員になる必要がある。また、正確には保険の引受会社は三井住友海上であり、協会の団体保険に加入するという体裁で保険を利用することになる。以下で概要を記載し、他社の自転車保険と比較する。

JCA 自転車総合保険の保険料・保険金・補償内容・サービスなど

まず補償範囲だが、自転車事故に限らず交通事故全般がカバーされる。他社同様に保険金は死亡時の死亡保険金、入院時には日数に応じて入院日額分の保険金、他人にケガを負わせた場合の個人賠償責任補償で保険金が受け取れる。手術になった場合も一時金が受け取れる一方、ケガで通院となった場合には補償外となる(各保険金の比較は後述)

保険料は、前述したように団体保険という扱いのため個人で保険に加入した場合よりも20%の割引があるが、他社のように本人・夫婦・家族といった区別はなく本人契約のみとなっている。さらに2014年からは年会費と保険料は別扱いとなったため、年会費5,000円に追加保険料という形で3,000円を支払う必要がある。会員自体のメリットは情報誌・交流イベント・休暇村の割引のため、そこに5,000円の価値があるか判断する必要がある。

下図では各社の自転車保険を、補償内容は補償範囲・補償対象に加え、個人賠償・死亡保険金・入院日額・通院日額の上限額を比較した。さらに自転車保険を単体で契約する場合には、自動車保険に個人賠償責任補償特約を付帯する場合と異なり示談サービスの有無が、いざという時に肝要なため併せて記述した。

保険料面では、各社が設けるプランの中で最もスタンダードなものを採用し、家族型ではなく一般的に保険料が安価な個人型の金額を、月払い・年払いの金額で比較した。

名称 au
交通事故
au
バイクル
セブン
自転車
三井住友
サイクル
エアーリンク
自転車
イオン
自転車
ジャパン
少額短期
ちゃりぽ
エース
自転車
JCA
自転車
補償範囲 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 自転車 自転車 傷害全般 自転車
補償対象 本人/家族 本人/家族 本人/家族 本人/家族他 本人 本人 本人 本人 本人
個人賠償 1億 1億 1億 1億 1億 1,000万 1,000万 5,000万 1億
死亡
保険金
400万 400万
(800万)
400万 500万 305万 - 300万 1,000万 272万
入院日額 6,000円 6,000円
(12,000円)
6,000円 2,000円 3,000円 4,000円 6,000円 10,000円 4,000円
通院日額 1,000円 1,000円
(2,000円)
- 1,000円 - - - 4,000円 -
示談 - - - -
保険料
(月額)
460円 580円 350円 450円 300円 295円 240円 2,460円
(830円)
250円
(660円)
保険料
(年額)
5,520円 6,910円 4,160円 5,120円 3,600円 3,550円 2,900円 26,760円
(9,950円)
3,000円
(8,000円)
自転車保険の比較表(au・セブン・三井住友・エアーリンク・イオン・ちゃりぽ・エース・JCA)

上図で1番右のJCA 自転車保険だが、個人賠償責任補償の額こそ他社と横並びだが、死亡保険金・入院日額は他社に劣る額だ。さらに前述したように通院日額は存在していないが、示談交渉サービスが付帯している点では評価できる。

保険料だが、保険料自体は年額3,000円(月額換算で250円)と安いが、会員になるための年会費5,000円を加味するとトータルの額は高額だ。そのため保険目当てで会員になるのは得策とはいえない。2013年までは会員費に保険料も内包されていた点を考えれば、この保険のメリットは激減したといえる。

結論としては、保険料・補償内容からして特にオススメできる保険ではない。会員になるメリットは主に情報誌・交流イベント・施設割引だ。個々人の主観にもよるが、それに5,000円というのは決して安くはない。そのため、特にサイクリングが好きで頻繁に行く人や元からの会員を除き、日常の通勤通学で自転車を利用するようなら他社の自転車保険を利用した方が賢明だ。