ケーズデンキ あんしんパスポート/ 家電量販店の割引優待・ポイント獲得の比較

ケーズデンキ あんしんパスポート
オススメ度:
1
名称:
ケーズデンキ あんしんパスポート
年会費:
無料
優待店:
ケーズデンキ各店
通常ポイント:
-
優待ポイント:
100円 → 5.0円割引(5%)
ボーナス:
-

ケーズデンキ あんしんパスポートはとりあえず保有した方が得だが・・・

ケーズデンキ あんしんパスポートはケーズデンキで100円で5円分のポイント(還元率は5%)が獲得できる。ただし、他の家電量販店カードと異なりクレジット機能が無く、ケーズデンキ以外では利用できないため注意したい。以下、家電量販店で割引・キャッシュバックできるカードと数字・サービスで比較した。

さて、このカードのメリット/注目すべきサービスは下記3点が挙げられる。

  • ・ケーズデンキでの買い物は5%分のポイントを付与
  • ・3~10年の長期保証
  • ・購入商品のお調べサービス

逆に利用するに際してのデメリット/注意点は下記3点がある。

  • ・クレジット機能がない
  • ・ポイントは最後に利用してから、他社より短い1年間で失効する
  • ・他社比較のシミュレーションでは、ポイント還元率は低くワーストレベル(後述)
ケーズデンキ あんしんパスポートのポイント・保証サービス

まずポイントについてだが、ケーズデンキでの買い物は100円で5円分(5%)のポイントが貯まる。他社比較は後述するが、他家電量販店カードは10%~11%が主流の中ではメリットが薄い。

ポイント以外のメリットには、3~10年の無料保証があるが、他社のように修理の受け付けから、無料で自宅まで商品を引き取りに来てくれるわけではない。メーカー保証内容の延長というだけだ。その点で他社には劣る。さらに購入商品のお調べサービスでは、購入した商品をデータ保存してくれる。プリンターのインク・フィルター・蛍光灯等の型番やサイズをメモるのを忘れても、カードさえあれば同じ商品が購入でき便利だ。

次に、他社カードと年会費・ポイントの割引換算に加え、年間50万円/100万円を使用した場合の割引額、左記から年会費を差し引いた割引額を比較した。各家電量販店での買い物はポイント優待かボーナスが存在するため、その点も加味した。年会費も考慮したポイントによるキャッシュバック額は下記の式で計算した。
ポイントによるキャッシュバック額= (50万×ポイント還元率)- 年会費
上記に家電量販店の買い物を考慮= 上記 +(10万円×ボーナス還元率)

名称 ヤマダ
ANA
セゾン
ヤマダ
UC
ヤマダ
UC
ゴールド
ビック
Suica
ビック
international
ビック
JMB
WAON
ゴールド
ポイント
プラス
ゴールド
ポイント
Premium
エディオン ケーズ
あんしん
パス
デザイン ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード・セゾンアメリカンエキスプレスカード ヤマダLABIカード ヤマダLABIゴールドカード ビックカメラSuicaカード ビックカード インターナショナル ビックカメラ JMB WAONカード ゴールドポイントカード・プラス(ヨドバシカメラ) ゴールドポイントカード・プラス プレミアム(ヨドバシカメラ) エディオンカード ケーズデンキ あんしんパスポート
年会費 無料 無料 \10,500 無料 無料 無料 無料 \3,900 \1,029 無料
P通常店
ポイント
還元率
0.5% 0.5% 0.5% 1% 1% - 1% 1% 1% -
家電店
ポイント
還元率
10.5% 10% 11.5% 10% 9% 10% 11% 11% 5% 5%
電子マネー Edy - - Suica - WAON Edy Edy Suica -
50万
通常店のみ
\2,500 \2,500 -\8,000 \5,000 \5,000 - \5,000 \1,100 \3,971 -
10万
家電店のみ
\10,500 \10,000 \1,000 \10,000 \9,000 \10,000 \11,000 \7,100 \3,971 \5,000
1年50万
+家電店
10万
\13,000 \12,500 \3,500 \15,000 \14,000 \10,000 \16,000 \12,100 \8,971 \5,000
1年100万
+家電店
20万
\26,000 \25,000 \17,500 \30,000 \28,000 \20,000 \32,000 \28,100 \18,971 \10,000
家電量販店でポイントが貯まりやすいカードの比較表(ヤマダLABI ANAマイレージカード・ヤマダUC・ヤマダUCゴールド・ビックSuica・ビックinternational・ビックJMB WAON・ゴールドポイントプレミアム・エディオン・ケーズあんしんパス)

上図の通り「ケーズデンキ あんしんパスポート」は他の家電量販店系のカードと比較すると、ポイント還元率が明らかに低い。クレジット機能が無いため、相当にポイントは貯まりにくい。さらに、ポイントの有効期限が最終利用から1年と短い点も厳しい。ポイントが貯まりにくい上に、油断すればポイントが失効するためケーズを利用する度にポイントを消費するのが賢明な使い方か。。。

また、全ての電子マネーには非対応で、その点でも同様にクレジット機能を持たないビックJMB WAONには劣る。ビックJMB WAONは、その名の通りWAONの使用でポイントが貯まり、ビックだけでなくJAL航空券でもポイントが貯められるため、貯まり方でも差がある。

結論としては、ケーズデンキを利用するなら、間違いなく利用した方がお得だが、あまりオススメはできないカードだ。他のクレジットカードで支払っても、このカードの提示でポイントが貯まり、保証が付くことを考えれば、とりあえず損をすることはない。

ただ、そもそもポイント率が低く有効期限が短いカードであるため、他の家電量販店カードも検討してほしい。その場合には、ケーズデンキはサブカードに回して、何れかの家電量販店に集約するのが賢明だろう。ヨドバシのゴールドポイント、ビックカメラのビックSuicaがポイント率も高く、電子マネーでもポイントが貯められてオススメだ。特に各家電量販店での価格を比較するのが面倒な人などは、単純にポイント還元率が高いカードを選ぶことで、お得になるため上述のカードも是非検討してほしい。