ミニカード(MINI Card)/ カーライフの中で割引節約・ポイント獲得でのお得度の比較

ミニカード(MINI Card)
オススメ度:
1
名称:
ミニカード(MINI Card)
年会費:
4,000円
ETC年会費:
無料 ※発行時1,050円
ポイント率:
0.5%
ETC/給油特典:
-
入会ボーナス:
-

ミニカード(MINI Card)は一定程度の価値は認められるが?

ミニカード(MINI Card)は、ドイツ車(元来は英国)のMINIとVISAが提携して発行するクレジットカードで、MINIの最新情報が手に入る他、VISA加盟店での買い物、ミニの正規ディーラーの利用でポイントが貯まり、貯めたポイントがキャッシュバックされる(Value Back ※バリューバック)また、三菱UFJニコスの提携店舗の優待割引などの各種特典も付帯されている。

ミニカードの各種特典(ポイント・エマージェンシーサービスなど)

まずポイントだが、VISA加盟店は1,000円で1ポイント(5円相当)で、MINIの正規ディーラーの利用なら2ポイントとなり、ポイント還元率は0.5%から1.0%に上昇する。MINI以外でもヒルトン・シェラトンなどのホテルでもポイント上乗せがあり、年間利用額が50万円で10%、100万円で20%分のボーナスポイント制度がある。そして、貯めたポイントはMINIの正規ディーラーでキャッシュバックできる他、三菱UFJニコスのポイントプログラムにすればマイレージ等とも交換できる。

ポイント以外では、他の自動車系カードと同様にロードサービス(MINIエマージェンシーサービス)が付帯し、トラブル時の修理・代替交通費用の補償もしれくれるが、新車の登録後の3年間限定のサービスのため魅力は乏しい。また、海外旅行保険・空港ラウンジの利用といった一般的なサービスも付帯しているが、海外旅行保険は航空券・パック代金をカード払いにする利用付帯となるため注意したい。

次に、下図でカーライフ全般でお得といわれるクレジットカードを、年会費・ポイント還元率・特定の優待店(自動車関連)での特別還元率・ガソリンの割引率などを比較した。さらに、年間50万円を利用して年会費を差し引いた額、それが特定の優待店であった場合、さらに年間50万円に加えて月1万円(年間12万円)分の給油をした場合にポイントで得をする金額をシミュレーションして比較した。ガソリン価格はリッターあたり150円を想定した。

名称 トヨタ
VIEW
レギュラー
トヨタ
VIEW
ゴールド
日産
カード
ホンダC
カード
ホンダC
ゴールド
VW
オーナー
BMW
ニコス
BMW
ダイナース
Audi
カード
MINI
カード
デザイン TOYOTA TS CUBIC  VIEW CARDレギュラー TOYOTA TS CUBIC VIEW CARDゴールド 日産カード(NISMOカード) ホンダCカード ホンダCゴールドカード Volkswagen Owner's Pass(フォルクスワーゲン) BMW Card BMWダイナースカード Audi Ambassador Card(アウディ アンバサダー カード) MINI CARD(ミニカード)
年会費 1,837円 10,500円 1,312円 1,575円 10,500円 0円 5,000円 18,900円 10,500円 4,000円
ポイント
還元率
1.0% 1.0% 0.75% 1.0% 1.0% - 0.5% 0.5% 0.5% 0.5%
特別
還元率
1.5% 1.5% 1.5% 2.0% 2.0% - 1.5% 1.0% 1.5% 1.5%
ガソリン
割引
- \2/L
1.5%
1.0% - - - - - - -
利用額
ボーナス
- - - - - - - -
ロード
サービス
電子
マネー
Suica Suica - Edy Edy - - - - -
保険 - 旅行 - - 旅行 - 旅行※ 旅行 旅行 旅行※
1年50万 \3,163 -\5,500 \2,438 \3,425 -\5,500 - -\2,250 -\16,400 -\8,000 -\1,250
1年50万
特別
\5,663 -\3,000 \6,188 \8,425 -\500 - \3,250 -\13,900 -\3,000 \1,500
1年50万
ガソリン
\3,163 -\3,300 \3,638 \3,425 -\5,500 - -\2,250 -\16,400 -\8,000 -\1,250
カーライフの中で割引節約・ポイント獲得できるカードの比較表(トヨタカード・日産カード・ホンダCカード・VWオーナー・BMWカード・AUDIカード・MINIカード)

上図で一番右の"ミニカード"を他社と比較すると、年会費は国産車のノーマルカード勢よりも高額だが、同じ外車のBMWと比較すると納得できる額ではある。ただ、そのポイント還元率は低めで、特別還元率(ミニカードの場合にはヒルトンを利用時)でも他社と同等か劣る数字に留まる。

ただ、利用額ボーナスが設定されているため、年間利用額が50万円をクリアできれば外車勢よりも有利になる。とはいえ、普通にレストラン・スーパーなどで利用する分には、50万円をクリアしても年会費分だけマイナスになる点には、一応は注意しておきたい。他の付帯サービスでは、ロードサービスが付帯されているもの3年間限定、海外旅行保険も利用付帯となるため他社カードには一歩劣る感は否めない。

結論としては、特別に悪いわけではないが、特にオススメもしないカードだ。数字面での優位性がなく、特典でもミニの情報誌が得られるだけとなると、いかんともし難い。ただ、ミニのオーナーで車検などでも正規ディーラーしか利用しない人であれば一定程度の価値はある。しかし、車検を1回15万円としても車検1回で得られるポイントは1,500円分にしかならず、到底年会費をカバーできるものではない。車検だけなら持っているだけ損が膨らむのは間違いない。それなら思い切って、他ジャンルの高ポイント還元率のカードを検討するというのも1つの手だ。