BMW Card(ニコス)/ カーライフの中で割引節約・ポイント獲得でのお得度の比較

BMW Card(ニコス)
オススメ度:
3
名称:
BMW Card(ニコス)
年会費:
5,000円
ETC年会費:
無料 ※発行時1,050円
ポイント率:
0.5%
ETC/給油特典:
-
入会ボーナス:
-

BMW Card(ニコス)はBMWをカード払いにするならコレしかない!

BMW Card(ニコス)は、BMWと三菱UFJニコスが発行するカードで、BMWの正規ディーラーでグランツーリスモ・XシリーズなどのBMW車の購入時にポイントが貯まる他、ニコス(VISA)の加盟店で買い物をしてもポイントが貯まる。貯めたポイントは新車・中古車の他、パーツ購入などでもキャッシュバックに利用できる。また、車両の購入で大量ポイントを獲得すれば、そのポイントを新車の買い替えではなくマイレージなどに交換することも可能だ。

BMW Card(三菱UFJニコス)のポイントプログラム及び特典

まずポイントプログラムだが、基本は1,000円で1ポイント(5円相当)でポイント還元率では0.5%となる。ただし、BMWの正規ディーラーで新車・認定中古車の他、純正パーツの購入などであれば、2倍の2ポイントになる。また、年間利用額が50万円を超えると10%分、100万円で20%のボーナスが獲得できる。また、BMWとは無関係だが、ヒルトン・シェラトンといった外資系ホテルの利用でもポイントが2~3ポイントにアップする。貯めたポイントは1ポイント=5円でBMWディーラーを通じてキャッシュバックできる他、マイレージの他、ニコスが設定する景品とも交換できる。

ポイント以外の付帯するサービスでは、出張修理・レッカー移動などのロードサービス(BMWエマージェンシーアシスタンス)がある他、海外旅行保険の利用付帯、空港ラウンジの利用といった見慣れたサービスが付帯している。また、一風変わったところでは、中国で販売店との絶大な提携網を築いている銀聯(ぎんれん)カードを併せて発行できる。

次に、下図でカーライフ全般でお得といわれるクレジットカードを、年会費・ポイント還元率・特定の優待店(自動車関連)での特別還元率・ガソリンの割引率などを比較した。さらに、年間50万円を利用して年会費を差し引いた額、それが特定の優待店であった場合、さらに年間50万円に加えて月1万円(年間12万円)分の給油をした場合にポイントで得をする金額をシミュレーションして比較した。ガソリン価格はリッターあたり150円を想定した。

名称 トヨタ
VIEW
レギュラー
トヨタ
VIEW
ゴールド
日産
カード
日産
NISMO
ホンダC
カード
ホンダC
ゴールド
マツダ
m'z
PLUS
マツダ
m'z
ゴールド
BMW
ニコス
BMW
ダイナース
デザイン TOYOTA TS CUBIC  VIEW CARDレギュラー TOYOTA TS CUBIC VIEW CARDゴールド 日産カード(NISMOカード) NISMOカード ホンダCカード ホンダCゴールドカード マツダm'z PLUSカード マツダm'z PLUSゴールドカード BMW Card BMWダイナースカード
年会費 1,837円 10,500円 1,312円 4,462円 1,575円 10,500円 0円 10,500円 5,000円 25,000円
ポイント
還元率
1.0% 1.0% 0.75% 0.75% 1.0% 1.0% 1.0% 1.0% 0.5% 1.0%
特別
還元率
1.5% 1.5% 1.5% 1.5% 2.0% 2.0% 2.0% 2.0% 1.5% 1.0%
ガソリン
割引
- \2/L
1.5%
1.0% 1.0% - - 1.0%
上乗せ
1.0%
上乗せ
- -
利用額
ボーナス
- - - - - - - - -
ロード
サービス
787円
電子
マネー
Suica Suica - - Edy Edy - - - -
保険 - 旅行 - - - 旅行 - 旅行 旅行※ 旅行
1年50万 \3,163 -\5,500 \2,438 -\712 \3,425 -\5,500 \5,000 -\5,500 -\2,250 -\20,000
1年50万
特別
\5,663 -\3,000 \6,188 \3,038 \8,425 -\500 \10,000 -\500 \3,250 -\20,000
1年50万
ガソリン
\3,163 -\3,300 \3,638 \488 \3,425 -\5,500 \6,200 -\3,100 -\2,250 -\20,000
カーライフの中で割引節約・ポイント獲得できるカードの比較表(トヨタカード・日産カード・ホンダCカード・VWオーナー・BMWカード・AUDIカード・ポルシェカード)

上図の"BMW Card(ニコス)"を他社と比較すると、ノーマルカードにしては年会費は高額な部類に入る。だが、ポイント還元率は他社より低めで、特別還元率(このカードの場合には新車購入よりもポイントが有利なヒルトンホテル利用時)でも他社に劣る。他社の特別還元率で記載している数値は、新車・中古車か、パーツ購入時のポイント還元率を記載しているため、その意味では、さらにポイントの効率は他社カードよりも低い。一応、焼け石に水の感も否めないが、年間利用額が50万円・100万円以上でボーナスが発生するが、10%増と20%増では還元率は1.6超にしかならず如何ともし難い。海外旅行保険も付帯しているが、他社カードが自動付帯なのに対して、航空券等の決済が必要な利用付帯になっている点で一枚落ちる。

結論としては、カード払いでポイントの大量獲得を狙う以外での使い道は厳しい。それにしても他の自動車メーカーよりもポイント率が低く、相対的にはオススメし難いカードともいえる。とはいえBMWを購入しようとして正規ディーラーを利用して、公然とカード払いで新車が購入できるのはお得ではある。

ただし、それが本当にお得か否かは、欲しいBMW車の価格を比較してからよく検討してほしい。最初から正規ディーラーで購入する気なら関係ないが、カード払いで0.5%のポイントを獲得するよりも、他のディーラーで購入した方が0.5%以上のプライスダウンをしてもらえるなら、そちらの方が得になる。その点は十分に計算のうえでカード払いで車両を購入した方が賢明だ。