ANA JCBワイドゴールドカード/ マイレージ獲得効率・貯め方比較

ANA JCBワイドゴールドカード
オススメ度:
4
名称:
ANA JCBワイドゴールドカード
年会費:
14,700円
マイル移行費:
無料
ポイント付与:
1,000円 → 1ポイント
マイル付与:
100円 → 1マイル
ボーナス:
入会時2,000マイル・継続時2,000マイル

ANA JCBワイドゴールドカードは海外では別カード利用ならマイルは最強!

ANA JCBワイドゴールドは、ANAとJCBの提携カードの1つ。年会費はANA JCBプレミアムの73,500円に次いで高額な設定になっている。他社のANA提携カードと比較すると、一般カードよりは高額だが、ゴールドカードで比較するとアメックスよりは安価になっている。

さて、このカードを利用するにあたって注目すべき付帯サービスは下記4点が挙げられる。

  • ・エアポートラウンジを無料で利用可/ビジネス専用カウンターの利用
  • ・空き巣被害見舞金
  • ・健康サービス
  • ・海外/国内旅行傷害保険は自動付帯(JCBで航空券を購入する必要なし)

逆に利用するにあたって注意すべき点は下記3点がある。

  • ・海外での利用する場合にJCBを利用できない店舗が多々ある
  • ・モバイルSuicaのチャージではマイルが獲得できない
  • ・他社比較のシミュレーションでは、マイル取得の効率はトップ(後述)
JCB・空港ランジ及びANAカウンター

このカードの特徴だが、海外/国内旅行の際には空港ラウンジが利用可能、さらにANA 国際線を利用時にはビジネスクラスのカウンターを利用でき、混雑を回避できるメリットがある。また、JCBで航空券を購入しなくても旅行保険は自動付帯になる。ただし、これらのサービスは他のANAカードにも付帯されているため、このカード独自のメリットではない。

JCBの完全オリジナルとしては、空き巣に遭うと空き巣被害見舞い金の5万円が進呈、24時間健康について相談できる健康サービスがある。

一方で注意したいのが、JCBのため、海外の地方都市などに旅行に行くと、店舗によってはJCBが利用できないことが多々あること。国内で使用する分には問題無いだろうが、海外の場合にはVISAやMASTERとの2枚持ちをしておいた方が、いざという時に不便は無いだろう。また、Edy機能が搭載されており、チャージでは還元率が半分に減額されるが200円で1マイルが獲得できる。しかし、モバイルSuicaのチャージはマイル対象外のため注意したい。

次に、他社カードと年会費・移行費・マイルが貯まる効率・各種ボーナス・電子マネー等を比較した。さらに年間で50万円を使用した場合のマイルの貯まり方、加盟店で10万を50万に追加で利用した場合、50万の利用に追加で東京・札幌間を1往復した場合を比較した。下記計算式でシミュレーションした。
初年度マイル={ (\500,000-年会費-マイル移行費)×マイル換算率} +入会ボーナス +継続ボーナス
次年度マイル={ (\500,000-年会費-マイル移行費)×マイル換算率 } +継続ボーナス
加盟店を加味=次年度マイル +(\100,000×マイル換算率×加盟店ボーナス比率)
1旅行を加味=次年度マイル +(東京札幌マイル + 東京札幌マイル×搭乗ボーナス) ※東京札幌は510マイル

名称 ANA
AMEX
ANA
AMEX
ゴールド
楽天 JCB
EIT
ANA
ダイナース
ANA
JCB
ANA
JCB
ゴールド
ANA
VISA
Suica
ANA
VISA
ゴールド
ライフ
カード
画像 ANAアメリカン・エクスプレス・カード ANAアメリカン・エクスプレス・ゴールド・カード 楽天カード JCB EIT(エイト)カード ANAダイナースクラブカード ANA JCBカード ANA JCB ワイドゴールドカード ANA VISA Suicaカード ANA VISAワイドゴールドカード ライフカード
年会費 \7,350 \32,550 \0 \0 \27,000 \2,100 \14,700 \2,100 \14,700 \0
マイル
移行費
\6,300 \0 \0 \0 \0 \2,100 \0 \6,300 \0 \0
マイル
換算率
1% 1% 0.5% 0.6% 1% 1% 1% 1% 1% 0.3%
加盟店
ボーナス
1.5% 2% 2% 6% 2% 3% 3% 2% 2% 3%
入会
ボーナス
2,000 7,000 2,500 30 2,000 1,000 2,000 1,000 2,000 0
継続
ボーナス
1,000 2,000 0 0 2,000 1,000 2,000 1,000 2,000 0
搭乗
ボーナス
10% 25% 0% 0% 25% 10% 25% 10% 25% 0%
edy 0% 0% 0% 0% 50% 0% 50% 0% 0% 50%
Suica 100% 100% 50% 0% 0% 0% 0% 100% 0% 100%
1年50万
初年度
7,864 13,675 5,000 3,030 8,730 6,958 8,853 6,916 8,853 4,897
1年50万
次年度
5,864 6,675 2,500 3,000 6,730 5,958 6,853 5,916 6,853 4,597
1年50万+加盟店 7,364 8,675 4,500 9,000 8,730 8,958 9,853 7,916 8,853 7,597
1年50万+旅行 6,425 7,312 3,010 3,510 7,368 6,519 7,491 6,477 7,491 4,597
ANAマイレージ獲得に効率が良いカードと貯めやすいカードの比較表(ANAアメックス・ANAアメックスゴールド・楽天カード・JCB EITカード・ANAダイナース・ANA JCBカード・ANA JCBゴールド・ANA VISA Suica・ANA VISAゴールド・ライフカード)

上図の通り、ANA JCBワイドゴールドは他社カードと比較すると、初年度に獲得できるマイルこそアメックスには劣るが、他社よりも効率よくマイルを貯められることが分かる。そのアメックスとは次年度では年会費分だけ自由に買い物ができ、結果的にマイル獲得に差が出る。ただし、モバイルSuicaでのチャージではマイルが獲得できないため、獲得マイル数で逆転される可能性はある。。。

加盟店での買い物を加味すると、他のANA提携カードと同様にANAグループショップでの買い物で2倍のマイルは獲得できる。ただし、JCBが運営するOkiDokiランドでの買い物では、最大でポイントを20倍獲得が可能になっている。ボーナスポイントをマイルに移行する場合には還元率が減少するが、それでも上手く年間で10万円を利用すれば、圧倒的に多くのマイルを獲得できる。ただし、OkiDokiランドのラインナップは微妙なところのため、相当の工夫をして利用する必要があるだろう。

結論としては、初年度を無視できる人でEdyユーザーであれば、マイルを獲得する効率が最も良いためオススメだ。ただし、モバイルSuicaユーザーであればアメックスゴールドも検討したい。モバイルSuicaを年間で20,000円以上は利用するのであれば、このANA JCBワイドゴールドの獲得マイルを超える。また、JCBは海外利用で難があるため、モバイルSuicaやEdyを利用しない人であれば、ANA VISAワイドゴールドを持つことで海外利用の不安を一蹴し、1枚持ちにすることも可能だ。