液晶テレビの選び方:部屋の広さでテレビを選ぶ方法

部屋の広さに合うサイズのTVを選ぶにはTVの高さの3倍の距離が目安だ!部屋が狭いならテレビパソコンも検討してみたい

液晶テレビを部屋の広さでサイズを決めるポイントは下記の4点。
①画面の高さの3倍の距離が最適な視聴位置(下表を参照)
②部屋の広さのみでTVサイズは決めない(あくまで目安にする)
③部屋が狭いなら地デジ対応パソコンでテレビを視聴するスタイルも検討したい
④持ち運び・置き場所フリーの20v型のポータブルテレビ(スタイルフリー)という選択肢もある

テレビからの最適な視聴距離

まず「画面の高さの3倍の距離が最適位置」だが、左図を参照してほしい。テレビの液晶ディスプレイの高さ(※スタンドを含めたテレビの頂点から、地面までの距離ではない)の3倍の距離を、テレビから離れた場所が視聴に最適な距離だ。例えば42v型のテレビ(画面の高さは52cm)であれば、160cm離れた距離が最適な位置となる。もし、自分が現在保有しているテレビのサイズ(型)が不明な場合には、新聞のサイズを参照する手もある。その場合には、新聞紙1枚にプラスで何cmかでテレビが何型かを調べることができる。
次に、視聴距離とTV画面サイズと部屋の間取りをまとめたのが下図となる。部屋の広さだが、人によって家具の配置やレイアウトが異なるため、あくまで目安に留めて欲しい。「6畳の部屋の場合」「8畳の部屋の場合」は別ページで詳細にシミュレートしたので参照してほしい。

部屋の広さに応じたテレビとの距離の目安表 国内メーカー・テレビパソコンのラインナップ

また、部屋が狭い場合には「テレビパソコン」も検討してみたい。デスクトップPCとTVを同室に置く場合には地デジ対応のPCを購入することで、部屋の無駄なスペースを削減することが可能だ。PCでテレビ番組を視聴する場合、画面(ウィンドウ)の大きさは自在に調整することが可能のため、前述のような画面と視聴する距離を気にする必要はない。さらに、ネットをしながらのTV閲覧が1画面で済めば別々に視聴するよりはスムーズだ。

ただし、PCの機能と十分な録画容量を確保するとしてHDDを1.5~2TB、ダブルチューナー搭載、メモリ8GBにすると12~15万程度は覚悟する必要がある。写真やムービーをPCに保存する人も多いので、HDD容量は十分に確保したい。もちろん、クラウドで保存すれば、そういった心配は無いだろうが。。。また、PCがフリーズ or クラッシュした際には、TV番組を録画していれば録画失敗する可能性がある。ウィルスへの感染も注意したい。

また、デスクトップ・ノートPCを購入せずに、全てiPadやNEXUS7のようなタブレットにする手も考えられる。この場合、普通にテレビを購入する手もあるが、むしろテレビも地デジ対応のパソコンも購入せず、タブレットにUSBのチューナーを接続して「タブレットをテレビ代わりにする」というアクロバテックな手法も考えられる。この場合には、もはやテレビ(及び地デジPC)を置くスペースから完全に開放され、その分のスペースを他に有効活用できる。タブレット用のスタンドでもあれば見やすいはずだ。一旦、発想をTV主体に戻すと、wifi対応のポータブルテレビにするという手もある。その場合には、アンテナ端子無しのコードレスでTVを視聴できるうえに、インターネットも可能だ。詳細は「シャープ・アクオスLC-20FE1」等を参照して欲しい。

現在、結論としては部屋の広さに合わせたサイズのTVを購入したい人は、前述の表を参考にして選んで欲しい。2画面表示で頻繁に2番組の同時視聴をする人、TVで番組を視聴しながらweb閲覧をする人(ネットダブルウィンドウ)を頻繁にする人は、表よりも少し大きめのサイズのTVでもいい。
また、部屋を少しでも広くしたい人、PCとTVを同時に購入する人(1人暮らしの開始など)、PCとTVを同時購入するが出費を少しでも削減したい人は、地デジ対応PC(テレビパソコン)を購入したり、タブレットを活用した方がいいだろう。ただし、HDD容量やメモリに不安(録画量が多い、重いネットゲームをする)人、前述の録画の不安が嫌な人は、普通にテレビとパソコンは別々に購入した方が賢明だ。