損害保険 解説・用語集

人身傷害補償保険【じんしんしょうがいほしょうほけん】

人身傷害補償保険とは、保険の対象となっている自動車に搭乗中、ないしは歩行中に自動車事故で死亡・ケガをした場合に、保険金が支払われる保険を意味する。死亡・ケガをしたのが自分を含めた家族でも保険金は支払われる。保険金は過失相殺の示談中で示談が成立していなくとも、治療費が確定した段階で全額が支払われる。

搭乗者傷害保険も、自動車事故で自分が加害者であろうと被害者であろうとケガをすれば保険金が支払われる点で似ている。しかし、搭乗者傷害保険が自動車の搭乗中に限られるのに対して、人身傷害補償保険は歩行中でもバスに搭乗中でもケガをすれば保険金が支払われる点で異なる。さらに、前者が症状が確定(入院)した段階で保険金が支払われるのに対して、後者は治療費が確定(完治・退院)した時点で支払われる点で異なる。

通常、交通事故の場合は過失相殺が行われ、自分が被害者でも過失があれば、相手方の自動車保険の対人補償では治療費の全額がカバーされない可能性がある。また、自分が100%で加害者だが、自分がケガをする可能性も僅かにある。そういった際に極めて活躍する保険といえる。

以上のように、自分及び家族のケガを考えれば、あるに越したことはない保険といえる。特に自動車事故では、自分が100%被害者となる可能性よりも過失相殺となる事故の方が圧倒的に多い。それを考慮すれば人身傷害補償保険の必要性は言うまでもないだろう。