液晶テレビの選び方:製造メーカーでテレビを選ぶ方法

メーカーでTVを選ぶ方法は、各社の特徴を踏まえ自分に合うか否かを把握!そして、そのメーカーが好きかどうか?

TVメーカーでテレビを決めるポイントは下記の3点。
①各メーカー(シャープ・ソニー・東芝・パナソニック・日立・三菱)の特徴を把握
②周辺機器との連動はスムーズか?
③メーカーの打ち出すブランドイメージが好きかどうか?

アクオスの特徴(クアトロン液晶)及びソニーの特徴(ブラビアネットチャンネル)

まず「シャープ(アクオス)」だが、国内の販売シェアが1位のメーカーだ。独自の液晶パネルの開発に、かなり力を入れており、「UV2Aパネル」や黄色を鮮明にする「クアトロン」などで画質(色)へのこだわりが強い。鮮明な色を求める人であれば、シャープがオススメだ。

「ソニー(ブラビア)」は、販売シェアは3位~4位だが、デザイン・機能は独自路線で魅力的だ。見た目とサイズを両立したデザインは、幅・高さ・奥行きが他社より最小サイズの場合が多い。
また、ネット接続すれば、Youtube・ひかりTVの他、他社には無いDMMでのレンタルやU-NEXT等の視聴も可能だ。さらに、スポーツ等の動きを滑らかに見せる倍速駆動を、4倍・8倍にして、さらに滑らかにしているのもソニーならではといっていい。デザイン・サイズ・web接続・スポーツ観戦にこだわるなら、ソニーがオススメだ。

レグザの特徴(レグザエンジンcevo)及びビエラの特徴(省エネ・エコ)

次に「東芝(レグザ)」は、販売シェアは2位。レグザエンジンによる低画質の映像を高画質に補正する機能(他社にも似た機能が搭載)と録画機能が充実している。ほぼ全てのレグザで、外付けHDDか内蔵HDDで録画可能で、画質を劣化して録画した場合に、前述の画質を補正する機能と相まって相乗効果を得られる。また、他社には無いゲームダレクト機能で、ゲームの画質向上、コントローラーとのタイムラグを減少させゲームを快適にする。ただし、HD-DVDとブルーレイの規格戦争に負けた結果、ブルーレイを内蔵したテレビが極端に少ないのが欠点。

「パナソニック(ビエラ)」は、販売シェアが3位~4位。特別な特徴は無いが、ヌケている機能が無いのがウリ。また、電気代が安い(エコ)ので、他社より本体が高めでも使用期間によってはお得な場合がある。機能比較するのが面倒であれば、ビエラを買っておくと大抵は大丈夫なのでオススメだ。また、ポータブルテレビは、他社よりインターネット機能が充実。

「日立(Wooo)」は、シェアは5位か6位。特別な特徴は無いが、"ネットダブルウィンドウ"という機能でWebとTVが同時に視聴できるなど、一部で秀でた機能がある。また、他社と同型・同サイズでも最安値の場合は多い。だが、他機能・技術面では買う理由を見つけるのが難しいメーカーだ。
「三菱(リアル)」は、シェアは5位か6位。リモコンでテレビ画面を左右に、自在に首フリできる(オートターン機能)が唯一の特徴。3Dを視聴する場合、正面から見ないと飛び出ない。それを考えると、この機能は役に立つ。最近ではGIGAテレビという携帯でもリアルでも視聴できる機能が出たが、動画のラインナップは一部の韓流だけがメインで微妙だ。こちらも他機能・技術面では微妙なメーカーだ。

周辺機器との連動は、現在ほぼ全てのテレビがDLNA対応のため、HDDレコーダーやPCとも連携は可能だ。
ただし、TVと同じメーカーのレコーダーの方が互換性は良いのは間違いない。そう考えると、レコーダーを積極的に販売している「パナソニック」「シャープ」「ソニー」がオススメだ。3社はレコーダーのシェアで3割ずつで拮抗している。昨年からBDレコーダー市場に参入した「東芝」も悪くない。

メーカー各社のプロモーションキャラクター

2011年現在のブランドイメージ(広告展開)だが、アクオスは「吉永小百合」を採用しシルバー層を意識、ブラビアは「篠原涼子」を採用し20代~30代女性を意識していると思われる。

レグザは「福山雅治」を採用し、30代~40代女性が中心に幅広い支持層を意識、ビエラは「滝川クリステル」を採用し、20代後半~40代の男性を意識していると思われる。
Woooは「佐藤浩一」を採用し30~40代女性を意識、リアルは「菊池桃子」を採用し40~50代の男性を意識していると思われる。このタレントが好きだから、特定のメーカーのテレビをひいきにする、というのもアリだろう。

各メーカーの特徴を踏まえ比較して、自分に合ったメーカーを選んで欲しい。自分に合ったメーカーが分からない場合は、単純に「このメーカーが好き」という心情が沸けば、その基準で選んでも良いだろう。
大切なのは後悔しないこと、購入後に他社CMやポスターを見て「こっちのメーカーにすれば良かった」と思わなければ、メーカー選びについては成功と言える。