40v型液晶テレビ・レグザ/ 型番:40G5 レビュー

40v型レグザ(40G5)
オススメ度:
2
メーカー:
東芝(TOSHIBA)
型番:
40G5
サイズ:
40v型液晶テレビ
発売日:
2012/9月下旬
最安値:
59,800円 ※2012年12月現在
コンセプト:
みんなの「録りたい」を叶えるテレビ。ファミリーレグザ

40v型レグザ(型番:40G5)は他社比較すると中途半端さが浮き出る!

このレグザはハイエンド・ファミリー・パーソナルのカテゴリの中で、中間のファミリーモデルのシリーズに含まれる。その中でも2チューナー搭載で2番組同時録画中に裏番組も録画できる大型テレビとして位置づけられている。そのため、サイズも40v型と50v型しかラインアップされていない。さて、このレグザで特徴的なのは ①2チューナー裏録 ②ゴルフモード ③40v型では若干安価という3点だ。注意したいのが、3Dは未搭載、長時間録画には未対応、Youtube,ひかりTVには未対応という点だ。

レグザ40G5の各種機能(録画・ゴルフモード)

まず2チューナー裏録だが、このレグザには3つのテレビチューナーが搭載されているため、2番組を同時録画中でもチャンネルを固定されるこなく、別のテレビ番組が視聴できる。実質、同時間帯の3つのテレビ番組を視聴できる。活躍の場面は少ないだろうが、ゴールデンの時間帯や、年末年始の特番時期など、家族内で視聴したい番組が異なる場合など、万が一の時には役に立ちそうだ。ただし、長時間録画に対応していないため、500GBで60時間程度しか録画ができない点に注意したい。HDDは同時に最大4台まで接続できるため、それでカバーするしかないだろう。
また、新機能として「ゴルフモード」が搭載された。ゴルフ番組を視聴するためだけの機能で、グリーンの緑を綺麗に補正したり、ボールのディンプルの立体感の再現性、選手の肌の質感を向上させている。さすがに選手のフォームを参考にしたい人向けのスーパースローや、ボールの弾道を示す加工線を描写するまでには至らないが、今後の反響次第で搭載されるようなら、一部のファンからは支持を受けそうだが。。。

次に、本体価格・サイズ(幅・高さ・奥行き)・年間の電気代に加え、各種機能の対応状況を他社(ブラビア、ウー、レグザ、リアル、ビエラ)の2012年発売の40v型の液晶テレビと比較した。価格は2012年12月現在の価格を価格.com/比較.comなどを参考にした。また、年間電気代は1Kwhを24円、1日の視聴時間は4.5時間で計算した。ただし、リアルとウーの40型はHDD内蔵モデルのみで、ビエラは40型を発売していないため比較対象外とした。また、参考までに42型レグザも追加した。

製品名 アクオス
LC-40H7
ブラビア
KDL-40EX750
レグザ
40J7
レグザ
40G5
レグザ
42Z7
REAL/VIERA
Wooo
本体価格 52,183円 67,500円 63,766円 59,800円 93,739円 -
年間の電気代 1,920円 2,616円 2,352円 1,920円 3,000円 -
幅(cm) 93.8cm 94.1cm 92.1cm 92.2cm 95.4cm -
高さ(cm) 61.0cm 61.2cm 60.0cm 61.8cm 63.4cm -
奥行き(cm) 26.3cm 23.1cm 18.1cm 19.1cm 21.5cm -
3D - - - - -
外部録画 -
裏番組録画 - -
長時間録画 - - -
2番組同時録画 - - -
2画面表示 - -
インターネット - -
無線LAN内蔵 - - - -

まず本体価格だがアクオスに次いで安価になっている。年間電気代はアクオスと同額のため、電気代で本体価格差を逆転させることは不可能だが、他テレビとの価格差は広がる。機能の対応状況では、さすがに価格を抑えているだけあって、幾つかの未対応の機能が存在している。特に気になるのは長時間録画に未対応、インターネットで一部の機能(Youtube,ひかりTVなど)に未対応という点だ。前者は大容量のHDDを購入するか小まめに録画番組を削除するしか対応策はなく、後者は諦めるしかない。また、2画面表示が外部入力と地デジの組み合わせでも不可能なため、HDDレコーダーを利用しての2画面表示という荒業もできない。これらの点には購入前に留意する必要がある。

結論としては、買いどころが難しく中途半端な印象で、オススメできるテレビと言い切れない。なぜなら、外付け録画をヘビーに利用するとすると、2TBの外付けハードディスクは欲しいが、その平均価格は8,000円1万円程度が相場だ。そうするとレグザ40J7との価格差は逆転する。一方で3倍まで録画時間を延長できる長時間録画を利用すれば、相場が4,000円~5,000円の500~750GBの外付けHDDで、同じ時間の録画が可能になる。この条件なら、どちらのテレビを購入しても要する予算は同じことになる。それなら、2画面表示やインターネット機能、さらには無線LANも内蔵されている40J7の方がお得だ。ある程度の録画をする人ならレグザの40J7の方がオススメだ。一方で、あくまで外付けHDDでの録画は、サブか万が一の時にしか利用しない人や、ネット機能でさえ不要なら、このレグザより安価なアクオスで十分だ。ゴルフモードが欲しい人以外には、やはり買いどころが難しいテレビといえる。