40型液晶テレビ・アクオス/ 型番:LC-40Z5 レビュー

アクオス(LC-40Z5)
オススメ度:
4
メーカー:
シャープ(アクオス)
型番:
LC-40Z5
サイズ:
40型
発売日:
2011/3/10
最安値:
121,800円(2011年3月現在)
コンセプト:
コンパクトに設置できる高画質映像の大画面サイズをお望みの方に!

40型アクオス(型番:LCD-40Z5)は3Dに倍速機能でスポーツ観戦に最適だ40型で3D視聴できる中では最安テレビ!

このテレビの機能の特徴として知っておきたいのは、①4原色技術「クアトロン」、②高画質Wクリア倍速、③3D視聴が可能の3点。 逆に気を付けたいのは、3Dメガネが別売り、価格が他社の40型より高額な部類、2画面表示は地デジと外部入力のみが可能と限定されている点、という3点だ。そして、最大のメリットは40型の中で3Dが搭載されたモデルでは最安値ということか。

色の表現力を高めた4原色技術クアトロン

まず4原色「クアトロン」は、黄色がキレイに再現される技術だ。詳細は46型アクオス(LC-46LB3)を参照してほしい。
「高画質Wクリア倍速」は、速い動きの映像の際にボヤケを減らして滑らかな画像に補完してくれる。こちらも詳細は26型アクオス(LC-26DZ)を参照してほしい。

2D映像を3D映像に変換

次に「3D視聴可能」だが、40型ではブラビアとアクオスのみに搭載されている。
別売りの3Dメガネを購入すれば、フレームシーケンシャル方式の3D映像を視聴することができる。さらに、2Dを3Dに変換する機能も搭載されている。

その他、購入者の好みで画質を調整する「おまかせ画質センサー」、パネルの隙間を埋めて"白"の発色が良くなり"黒"がより深い黒になる「UV2A」技術、、外付けHDDで録画が可能、インターネットにも対応していてT V版YahooやアクトビラやひかりTVを視聴することができる。ただし、3Dメガネが別売り、外部入力との2画面表示が可能だが、地上デジタルとDVDレコーダーなどの外部入力のみ2画面表示が可能な点、以上には注意が必要だ。
サイズは、幅93.8cm、高さ63.6cm、奥行き26.8cmだが、サイズに加え価格(2011年3月/価格.com等参照)を他社(ブラビア、ビエラ、レグザ、リアル、ウー)の40型テレビと比較した。ただし、ビエラとWoooは40型テレビが無いため、比較対象外となっている。電気代は1Kwhを22円、1日の視聴時間は4.5時間で計算した。

製品名 アクオス
LC-40Z5
ブラビア
KDL-40EX72S
ビエラ
40型はナシ
ウー
40型はナシ
レグザ
40A2
リアル
LCD-40MLW1
幅(cm) 93.8cm 94.3cm - - 95.6cm 97.0cm
高さ(cm) 63.6cm 70.4cm - - 59.4cm 68.3cm
奥行き(cm) 26.8cm 25.0cm - - 20.3cm 27.3cm
総体積(cm3) 159.880 165,968 - - 115,276 180,865
年間の電気代 2,332円 2,882円 - - 1,914円 2,530円
本体価格 121,800円 142,500円 - - 99,800円 75,000円

上図の通り、幅は最小サイズだが、高さと奥行きはレグザに及ばない。総体積で考えても、レグザには遠く及ばないサイズだ。一方で、年間消費電力は平均でレグザとは400円程度の差額がある。テレビを10年使うとすると、レグザとは4,000円程度の差額が発生する計算だ。価格だが、アクオスの価格は他社より高額な部類。3D機能や倍速機能やUV2A技術などの最新技術が搭載されているためだが、それでもブラビアよりは2万円程度は安い。
結論としては、3D視聴機能、Wクリア高画質倍速などのシャープの最新技術が結集しているため、高額な部類になっている。だが、それに見合った価格ともいえる。3Dが視聴したくて40型のテレビが欲しい人、かつスポーツも頻繁に視聴する人にとっては最適なテレビだ。オススメする!3Dが不要という人は、レグザやリアルを購入した方がお得だろう。