40v型液晶テレビ・アクオス/ 型番:LC-40H7 レビュー

40v型アクオス(LC-40H7)
オススメ度:
2
メーカー:
シャープ(SHARP)
型番:
LC-40H7
サイズ:
40v型液晶テレビ
発売日:
2012/7/4
最安値:
52,183円 ※2012年12月現在
コンセプト:
シンプルで使いやすいスタイリッシュデザイン

40v型アクオス(型番:LC-40H7)は機能を削いで40v型では最安値!

このアクオスは、画質を追求したクアトロンシリーズ、テレビ線をwifiで飛ばして場所を自由にしたフリースタイルシリーズ、ベーシックなLEDシリーズの中で、最後のベーシックなシリーズに含まれる。その中でも2012年後半に発売とあってシンプルさと一部の最新機能が搭載されたモデルといえる。ただ、シンプルとは裏返せば機能が幾つか割愛されているということでもある。さて、このアクオスで特徴的なのは ①外付けハードディスクでの長時間録画 ②おはようタイマー ③2012年発売の40型では最安値という3点だ。注意したいのが、裏番組録画は不可、インターネット・無線LANには未対応という点だ。

アクオスLC-40H7の各種機能

まず長時間録画だが、今となっては珍しい機能では実はアクオスがUSB外付けのHDDでの録画で、初めて長時間録画に対応した。これにより、通常は500GBで60時間程度しか録画できないが、地デジで最大3倍の180時間の録画が可能になる。下表を参照して欲しいが、実は他社メーカーのテレビでは未だに未対応の機種も多い。ただし、長時間録画は可能だが、録画中はチャンネルが固定されるため、録画中の裏番組の視聴や2番組の同時録画は不可能になっている点には注意しておきたい。あくまで念のため録画機能という位置づけなのだろう。シンプルなテレビということで、それ以外に目立った機能は、テレビなのにベル音を内蔵して目覚まし時計代わりにできるぐらいのものだ。
また、Youtube等を視聴できるインターネット機能(アクオスシティ)には未対応だが、他のBDレコーダーなどのアクオス機器と連携できるアクオスファミリンクは搭載されている。

次に、本体価格・サイズ(幅・高さ・奥行き)・年間の電気代に加え、各種機能の対応状況を他社(ブラビア、ウー、レグザ、リアル、ビエラ)の2012年発売の40v型の液晶テレビと比較した。価格は2012年12月現在の価格を価格.com/比較.comなどを参考にした。また、年間電気代は1Kwhを24円、1日の視聴時間は4.5時間で計算した。ただし、リアルとウーの40型はHDD内蔵モデルのみで、ビエラは40型を発売していないため比較対象外とした。また、参考までに42型レグザも追加した。

製品名 アクオス
LC-40H7
ブラビア
KDL-40EX750
レグザ
40J7
レグザ
40G5
レグザ
42Z7
REAL/VIERA
Wooo
本体価格 52,183円 67,500円 63,766円 59,800円 93,739円 -
年間の電気代 1,920円 2,616円 2,352円 1,920円 3,000円 -
幅(cm) 93.8cm 94.1cm 92.1cm 92.2cm 95.4cm -
高さ(cm) 61.0cm 61.2cm 60.0cm 61.8cm 63.4cm -
奥行き(cm) 26.3cm 23.1cm 18.1cm 19.1cm 21.5cm -
3D - - - - -
外部録画 -
裏番組録画 - -
長時間録画 - - -
2番組同時録画 - - -
2画面表示 - -
インターネット - -
無線LAN内蔵 - - - -

まず本体価格だが、2012年後半発売の40v型テレビでは最安値になっている。もちろん、他社より数ヶ月早く発売した点もあるが、相応に機能を削ってシンプルにしているのも影響している。年間電気代も最安値で、レグザと比較すれば最大で年間1,000円の差額が発生する。10年使えば1万円、仮にテレビを1日9時間視聴するなら2万円だ。予算重視ならアクオスで決定的だ。さて、そぎ落とされた機能は、3D、裏番組録画、2番組の同時録画、インターネット、無線LAN内蔵が挙げられる。2画面表示も地デジと外部出力のみで、地デジの2番組は同時視聴できない。どの機能も有用性はあるが、HDDレコーダーを所有している人なら不要ともいえる。また、2番組表示も外部入力との組み合わせなら可能ため、テレビとHDDレコーダーの組み合わせなら実質的には地デジの2番組同時視聴も可能だ。

結論としては、価格・予算重視ならオススメだ。また、HDDレコーダーかBDレコーダーの所有者であればノンストレスで使用できそうだ。その一方で、録画重視の人、ネット機能などの最新機能を堪能したいような人には、間違いなく物足りないテレビになる。そういった人は、レグザの40J7か42Z7をオススメする。特に40J7との価格差は1万円程度のため、5~10年は使用する予定の人なら、この程度の価格差は無視しても購入する価値はあるはずだ。