32v型液晶テレビ・Wooo/ 型番:L32-V09 レビュー

32v型Wooo(L32-V09)
オススメ度:
2
メーカー:
日立(Wooo)
型番:
L32-V09
サイズ:
32v型液晶テレビ
発売日:
2011/11/1
最安値:
81,898円 ※2011年11月現在
コンセプト:
高画質液晶・3D対応モデル

32v型Wooo(型番:L32-V09)はカセットではなく外付けHDDで録画可能!

このテレビの機能で知っておきたいポイントは、①3D映像の視聴可能、②USB外付けHDDで録画可能(専用カセットではなくなった)、③インテリジェントオート高画質3、④他社の32v型と比較した際の価格は高額(後述)の4点だ。

逆に気を付けたいのは、3Dメガネは別売り、2番組の2画面表示はナシ、500GBの外付けHDDでは135時間まで録画可能、という点だ。

USBハードディスク録画

まず「3D映像の視聴」だが、別売りの専用メガネを装着することで3D映像が視聴でき、2Dの映像を3Dに変換することも可能だ。

次に「外付けHDDで録画」は他メーカーでは当然のように搭載されていた機能だが、Woooでは2011年秋冬モデルからの新機能だ。以前はWooo専用の録画カセットでのみ録画可能であった。ただし、今までカセットを使用していた人も専用機器を使用すれば録画は可能。2番組の同時録画は不可能だが、他メーカーとは異なり、録画中にチャンネルが固定されない。

インテリジェントオート高画質3

次に「インテリジェントオート高画質3」だが、これは部屋・映像の明るさや、映像の種類・ジャンルによってテレビの画質を自動調整する機能だ。

今までのモデルにも搭載されていた機能だが、スリーにパワーアップした結果、検知範囲や精度がさらに向上した。超解像技術という画質を補正する機能が内包され、部屋の照明がLEDであったとしても最適な画質に自動調整されるようになった。

その他、録画予約した番組や録画番組の情報(番組名、出演者、ジャンル、放送時間帯など)からユーザーの好みを解析しておすすめ番組を推薦する「Woooおすすめ番組」機能、映像の色彩を補完し鮮やかな色合いを表現する「ピクチャーマスター」機能等が搭載され、さらにスマートフォンやタブレットによる遠隔操作が可能となっている。ただし、2番組の2画面表示はナシ、何倍にも録画する機能は搭載されていないため500GBの外付けHDDでは135時間までの録画しかできない点には注意したいs。

サイズは、幅77.8cm、高さ55.5cm、奥行き24.2cmだが、サイズに加えて価格(2011年11月/価格.com等参照)を他社(ブラビア、ビエラ、レグザ、リアル、ウー)の32v型の液晶テレビと比較したのが下図だ。電気代は1Kwhを24円、1日の視聴時間は4.5時間で計算した。

32v型液晶テレビ(アクオスLC-32F5・ブラビアKDL-32CX400・ビエラTH-L32DT3・レグザ32B3・ウーL32-V0・リアルLCD-32MR29)の幅・高さ・奥行き・体積・電気代・価格の比較表

上図の通り、幅・高さ・奥行きの全てにおいて、必要とするスペースは他社より大きい。トータルの体積で考えてもワースト2に入るレベルだ。一方で年間消費電力は優秀な部類だが、リアルとの差額は年間で300円発生する。10年間使用したとしても3,000円のため無視できるレベルだろう。最後に価格だが、Woooの価格は、他社と比較すると呼応額な部類だ。同様に3D対応モデルであるビエラと似た金額だが、Woooの方が若干低価格だ。

結論としては、3D視聴が必要であれば最新機種ではWoooかビエラしか選択の余地は無いのだが、ビエラの方が2画面表示・スカイプ等のインターネット機能の充実、外部録画機能の充実を考えれば、ビエラの方がオススメできる。8,000円の差額が生じるが、それを埋める程の差と考えられる。このWoooを購入する明確なメリットは、他社と比較すると特別な点は無いようだ。強いて言えば、今までWoooを使用していてカセットに録り溜めたTV番組を捨てずに済むという点か。もしも3D対応で最安のテレビが欲しい場合には、型落ちの2011年の春夏モデルを購入すれば良いだろう。3D対応が不要であればブラビアやレグザを購入した方がいいだろう。