32v型液晶テレビ・レグザ/ 型番:32BE3 レビュー

32v型レグザ(32BE3)
オススメ度:
2
メーカー:
東芝(LED REGZA)
型番:
32BE3
サイズ:
32v型液晶テレビ
発売日:
2011/12/1
最安値:
78,800円 ※2012年1月現在
コンセプト:
LED高画質。シングルチューナー留守録搭載モデル

32v型レグザ(型番:32BE3)はecoチップでの省電力では差額は埋められず?

このテレビの機能で知っておきたいのは、①ecoチップ搭載で待機電力が0、②シングルチューナー留守録 ③時計ボタン・節電ボタン(新機能)、④他社の32v型と比較した際の価格は中途半端(後述)の4点だ。
注意点としては、①3Dは視聴不可、②録画中の視聴可能なチャンネルに制限があり、2番組の同時録画は不可能、③2番組の同時視聴は不可能、④アクトビラ・TV版Yahoo!・ひかりTV等のインターネットの使用は不可能という5点だ。

ecoチップで待機電力が0ワット

このレグザは、基本的には32B3にエコ機能を追加しただけのテレビで、性能は大きく異ならない。

その「ecoチップ」だが、従来であれば待機電力を0ワットにするためにはコンセントを抜かなければならなかったが、このecoチップを搭載したことで、リモコンで電源を切るだけで待機電力が0をすることが可能となった。もちろん、待機電力が発生していなくても予約録画は可能となっているので安心だ。実際に、どれほどの省エネ(電気代の節約)効果があるかは、他社と比較した後述の図を参照してほしい。

シングルチューナー留守録

次に「シングルチューナー留守録」だが、別売りのUSBハードディスクを購入して接続すれば、地デジ番組やBSやCSの録画が可能だ。ボタンを押すだけで録画したニュース番組を視聴できる「今すぐニュース」や、連ドラを自動で毎回録画する「簡単連ドラ予約」も搭載されている。

ただし、録画中の視聴番組に制限があり、地デジを録画中には、BSやCSは他チャンネルを視聴できるが、地デジは録画中のチャンネルに固定される。裏番組の録画は不可能ということだ。また、2番組の同時録画も不可能のため注意したい。さらに、他社TVも外付け録画は基本的に可能となっている点も注意だ。

上記以外にも、TV番組の一般的な人気をランキング形式で表示する「おすすめサービス」、部屋の明るさで画質を調整する「おまかせドンピシャ高画質2」、ゲームに適した画面になる「ゲームダイレクト機能」、スマートフォンと連携してレグザで録画した番組をスマートフォンやタブレット端末で視聴できる「レグザApps」が搭載されている一方で、インターネット対応によるツタヤTV・アクトビラ等による動画の視聴はできない。は搭載されていない。最新モデルのはずが、搭載されていないのは残念だ。

サイズは幅74.6cm、高さ51.1cm、奥行き18.8cmだが、サイズに加え価格(2012年12月/価格.com等参照)を他社(ブラビア、ビエラ、レグザ、リアル、ウー)の32v型の液晶テレビと比較したのが下図だ。ただし、ソニーのブラビアは秋冬モデルを発売しなかったため、最新の32v型を比較対象とした。電気代は1Kwhを24円、1日の視聴時間は4.5時間で計算した。

32v型液晶テレビ(アクオスLC-32H9・アクオスLC-32J9・ブラビアKDL-32W600A・ビエラTH-L32X6・レグザ32BE3・ウーL32-K1)の幅・高さ・奥行き・体積・電気代・価格の比較表

上図の通り、幅・奥行きは32v型では最小サイズで、高さこそビエラに劣るものの、トータルの体積で考えれば最小サイズと分かる。一方で、年間消費電力はecoチップを搭載しているだけあって、最も省電力を実現している。ビエラやブラビアと比較すれば半額となる。何もしないでも、10年間同じテレビを使用し続けることで10,000円の電気代を節約することができる。上図では省略したが、同シリーズのB3と比較しても年間で408円の電気代節約となる。

また、レグザの価格は、2012年12月発売ということで若干高価格な部類といえる。他社製品では3Dを搭載していることを考えると、このレグザは割高感があるのは間違いない。ただし、前述の電気代の節約を考えれば、アクオスに近い価格にはなる。しかし、大きく差は埋まらず、やはり他社TVよりも割高といえる。

結論としては、ecoチップ搭載による省電力・電気代の節約には目を見張るものがあるが、前述の通り、本体価格と電気代を考慮すると結果的に支払う金額は多いことになる。もちろんエコ意識が非常に高い人にはオススメできる。しかし、そこまでエコ意識が高くない人には、あまりオススメはできない。なぜなら他の機能を見れば、3Dは不可、インターネットは不可という点もあり、さらには価格も中途半端なためだだ。最小サイズの32v型テレビという点は評価できるが・・・また、レグザ独自のゲームモードの愛好者、またはスマートフォンで東芝製のレグザフォンを使用していてレグザリンクの恩恵を受けられる人にはオススメできる。それ以外の人は、特別、このテレビを購入する理由は無さそうだ。