32v型液晶テレビ・アクオス/ 型番:LC-32V7 レビュー

32v型アクオス(LC-32V7)
オススメ度:
3
メーカー:
シャープ(AQUOS)
型番:
LC-32V7
サイズ:
32v型液晶テレビ
発売日:
2012/2/10
最安値:
35,555円 ※2012年5月現在
コンセプト:
画質&省エネ。録画やネットワーク機能も充実したLED AQUOS

32v型アクオス(型番:LC-32V7)は他社比較するとバランスが際立つ?

このテレビの機能で知っておきたいのは、①マスターエンジンネオ搭載/バッファローの長時間HDDに初対応、②AQUOS CITY、③スマートファミリンク、④他社の32v型と比較すると価格は若干は高価格(後述)という4点だ。注意点としては、①3Dは視聴不可、②外付けHDDで2番組の同時録画は不可能、③2画面表示は外部入力のみ可能という3点だ。

アクティブコンディショナー

まず「マスターエンジンネオ」だが、これは新機能で従来よりも画像処理を1.3倍にして、コントラストや色合いを、より鮮明にする機能だ。もちろん、従来までの、ノイズを抑える高画質アクティブコンディショナーなどの機能も据え置きだ。

さらに、バッファローの長時間録画HDDに初対応し3~4倍録画可能になったが、2番組同時録画が不可能なままだ。2TB(178時間)で2万円程度のため、BDレコーダーよりは安価に抑えられる。

アクオスシティ

次に「AQUOS CITY」だが、これはインターネットに関する新サービス名で、様々なネットサービスを利用することが可能だ。

他社TVでも同様に利用可能な動画系サイトである「YouTube」「アクトビラ」「ひかりTV」「ツタヤTV」の他に、カメラメーカーであるNIKONが運営している写真保存・共有Webサイト「my Picturetown on TV」、スーパー等の最新チラシを電子チラシとしてチェックできる「shufoo」、電子カタログでショッピングができる「カタログデパート・パラリー」等のマニアックなサイトも利用可能だ。

その他、カレンダーや時計が表示される定番機能や、有害なインターネットサイトをブロックするPCのような機能も搭載されている。一方で、購入者の好みで画質を調整する「おまかせ画質センサー」、パネルの隙間を埋めて"白"の発色が良くなり"黒"がより深い黒になる「UV2A」技術などの他のアクオスに搭載されている機能で、このアクオスに搭載されていない機能もある。また、3D映像の視聴不可、外付けHDDで録画可能だが2番組の同時録画は不可能、2番組の2画面表示は不可(BDレコーダーなどの外部入力と地デジは可能)という点には注意が必要だ。

サイズは、幅77.4cm、高さ52.9cm、奥行き22.5cmだが、サイズに加え価格(2012年5月/価格.com等参照)を他社(ブラビア、ビエラ、レグザ、リアル、ウー)の32v型の液晶テレビと比較したのが下図だ。電気代は1Kwhを24円、1日の視聴時間は4.5時間で計算した。また、三菱電機のリアルは32型春夏モデルを発売しなかったため、最新の32v型を比較対象とした。※32v型録再モデルは発売している。

32v型液晶テレビ(アクオスLC-32V7・ブラビアKDL-32EX500・ビエラTH-L32C5・レグザ32AC4・ウーL32-K09・リアルLCD-32MR2)の幅・高さ・奥行き・体積・電気代・価格の比較表

上図の通り、幅・高さ・奥行きは他社とは同レベルか、多少大きいサイズだ。サイズ面で特筆すべき点は無いといえる。年間消費電力も他社の平均レベルだ。ビエラが優秀過ぎるのだが、年間の電気代で400円程度の差が発生する。10年間使用しても4,000円程度の差にしかならないため、無視しても良いレベルかもしれない。。。また、アクオスの価格はレグザよりも高額だが、かろうじて安価な部類に入る。レグザは、インターネットや外部録画などを削ったモデルのため、それらを揃えているという意味では安価ともいえる。

結論としては、サイズ・主要な機能については平凡だが、バランスという意味では悪くはない。価格も前述したように、外部録画・ネット込みであれば安価ともいえる。もちろん、レグザほどではないが、このアクオスも画質では、他のアクオスよりもワンランク落としていることは確実だ。ただ、画質のハスペックモデルとい比較して、そこまで画質が悪いというわけではなく、普通のテレビとしては十分に満足できるレベルと言っていい。安価にバランスのとれたテレビが欲しい人、リンク機能があるため他のシャープ機器を利用している人にはオススメはできそうだ。一方で、最新機能や画質にこだわる人、価格にこだわる人はブラビアやレグザを検討したいところだ。