32v型液晶テレビ・アクオス/ 型番:LC-32J9 レビュー

32v型アクオス(LC-32J9)
オススメ度:
3
メーカー:
シャープ(AQUOS)
型番:
LC-32J9
サイズ:
32v型液晶テレビ
発売日:
2013/1/25
最安値:
35,476円 ※2013年6月現在
コンセプト:
インテリアに映える、スタイリッシュなLED AQUOS

32v型アクオス(型番:LC-32J9)は予算を抑えながらも一定の機能を搭載!

このアクオスJシリーズは、クアトロンで高画質に特化したシリーズ群、TVケーブルに場所を拘束されないフリースタイル群、LEDパネルを搭載したベーシックシリーズの中では、ベーシックに分類される。その中でもテレビ台を含めてデザインに一工夫がありつつチューナー2基を搭載した録画にも寄与するシリーズとして発売されている。さて、このアクオスで特徴的なのは ①スラントデザイン ②外付けHDDで裏番組録画が可能 ③AQUOS Cityの3点だ。注意したいのが、2番組の同時録画が不可、BS/CSの録画中は裏番組の録画が不可能などが挙げられる。

32v型アクオス(型番:LC-32J9)の各種機能(スラントデザイン・アクオスシティなど)

まずスラントデザインだが、スラント(傾斜)を上向きにし、さらにテレビ台にありがちなクビを無くしたことでテレビ自体の高さも小さくしている。そのため左図のようにソファ等から見下ろしてテレビを見る場合には非常に見やすくなる一方で、寝転がってテレビを見る場合には逆に見にくくなる可能性が高い。自分の視聴スタイルを鑑みる必要があろう。

また、外付けHDDでの録画だが2つのチューナーを搭載しており、USBで接続したHDDをアクオスに接続すれば録画中にチャンネル固定をされず、テレビ番組を録画しながら裏番組の視聴もできる。バッファローの長時間録画対応HDDなら約3倍の容量まで伸ばせられる。しかし、2番組の同時録画が不可能で、BS/CSを録画中にはチャンネルが固定され裏番組録画ができない欠点は覚えておきたい。その他の機能ではアクオス・シティでYoutubeを始めとしたネット動画から、CS契約をしていない人でもCS番組が視聴できるスカパーオンデマンドが利用できる。MHLケーブルとテレビを接続することでスマホ内に保存されている画像・動画をテレビの大画面で視聴できスマホは充電もされる機能も搭載されている。

次に、本体価格・サイズ(幅・高さ・奥行き)・年間の電気代に加え、各種機能の対応状況を他社(ブラビア、ウー、レグザ、リアル、ビエラ)の2013年発売の32v型の液晶テレビと比較した。価格は2013年6月現在の価格を価格.com/比較.comなどを参考にした。また、年間電気代は1Kwhを24円、1日の視聴時間は4.5時間で計算した。ただし、リアルの32v型はHDD内蔵モデルのみで発売時期も2012年のため割愛した。

32v型液晶テレビ(アクオスLC-32H9・アクオスLC-32J9・ブラビアKDL-32W600A・ビエラTH-L32X6・レグザ32S7・ウーL32-K1)の幅・高さ・奥行き・体積・電気代・価格の比較表

まず本体価格だが、2013年に発売されたシリーズ(モデル)の中では最安値とまではいかないが、かなり安価な価格といえる。年間で消費する電気代は、同じアクオスとは差があり、本体価格と合わせて予算面ではH9シリーズの方が優秀だ。サイズ面では、前述したスラントデザインが寄与し、幅こそ他社テレビよりも大きいものの、高さ・奥行きは他社よりも小さい。テレビで場所をとりたくないような人にはプラス材料といえるだろう。さらに、各種機能の対応状況に目を向けると、外付け録画に関しては2013年発売モデルの中では上々の対応状況だ。2番組の同時録画・2画面表示が外部入力と地デジの組み合わせに限定されるが、そこさえ納得できれば、価格とのバランスは悪くない。

結論としては、予算を抑えながらも相応に機能も欲しい人ならオススメだ。さらにBDレコーダーを使わずにテレビの録画を済ませようと考えている人には、十分に検討の余地はある。ただ、前述したようにスラントデザインは、逆に寝転がってもテレビを見たいような人には、逆にテレビが見づらくなる可能性もある。その点は要考慮と考えておいた方がいいだろう。