32インチ録画機内蔵きテレビ・レグザ/ 型番:32H1S レビュー

レグザ32型(32H1S)
オススメ度:
2
メーカー:
東芝(LED REGZA)
型番:
32H1S
サイズ:
32型(HDD内蔵・録画機能付きテレビ)
発売日:
2010/12/1
最安値:
56,800円(2011年4月現在)
コンセプト:
500GBの大容量録画。内蔵ハードディスク・レグザ

レグザ(32H1S)は他社比較して価格が激安の32インチ録画機能付きTVだ!ただし、機能は並でBDにも対応せず

このテレビの機能は ①倍速モーションクリア、 ②新開発スピーカーユニット、 ③録画リスト(新機能)の3点に注目する。 逆に見逃せない欠点は、インターネットには対応しているがツタヤTVなどは非対応、ブルーレイは視聴が不可、2画面表示が不可、という点だ。このTVの最大のメリットは、32型録再テレビの中では、他社を圧倒している価格の安さであろう。

新開発スピーカーユニットはスピーカー部分を従来より拡大

まず「倍速モーションクリア」だが、速い動きを鮮明に見せる機能だ。詳細は40型レグザ(40A2)をご参照。ただ、他社も横並びで搭載しているので、特別な機能というわけではない。
新開発スピーカーユニットは、スピーカー部分を大きくしたことで音の幅域が広がる。

録画リスト(見たい番組を探して再生)

次に新機能の「録画リスト」だが、録画番組を画面の左側にプレビュー表示しながら、グループ毎などに番組を検索できる。ジャンル・連ドラでも検索でき、大量に録画する人には便利だろう。日毎でのダラダラしたスクロールも不要で、すばやく番組を探せられる。HDDの容量は500GBで他社と同容量で、裏番組の録画も可能だ。それ以外にも、部屋の明るさで画質調整する「おまかせドンピシャ高画質2」、ゲームに適した画面になる「ゲームダイレクト機能」、レグザ標準搭載の機能は搭載されている。ただし、TV版Yahooやアクトビラは視聴できるが、ツタヤTVやひかりTVには未対応、さらに2画面表示が不可な点と、アクオス・リアルとは違いBD未対応の点にも注意だ。

サイズは、幅78.6m、高さ52.5cm、奥行き27.9cmだが、これに加えて価格(2011年4月/価格.com等参照)を他社(アクオス、ブラビア、ビエラ、ウー、リアル)32型録画機能付きテレビと比較した。電気代は1Kwhを22円、1日の視聴時間は4.5時間で計算している。

製品名 アクオス
LC-32DR3
ブラビア
KDL-32EX42H
ビエラ
TH-L32R3
ウー
L32-HP07
レグザ
32H1S
リアル
LCD-32BHR400
幅(cm) 77.2cm 75.5cm 76.9cm 77.2cm 78.6cm 78.4cm
高さ(cm) 54.9cm 50.1cm 51.4cm 53.2cm 52.5cm 56.2cm
奥行き(cm) 22.5cm 22.5cm 23cm 23.9cm 27.9cm 32.9cm
総体積(cm3) 95,361 85,107 90,911 98,158 115,129 144,960
年間の電気代 2,200円 1,848円 1,320円 1,364円 1,848円 2,332円
本体価格 100,475円 73,800円 76,791円 69,799円 56,800円 78,878円

上図の通り、幅・高さ・奥行きの全てでブラビアには及ばない。総体積で考えても、リアルに次ぐ大きさで、場所をとる大きさだ。一方で、年間で消費する電気代は並み。ビエラとは年間の電気代で約500円程度の差額が発生する。10年間使用するとすれば約5,000円だ。最後に価格だが、レグザは他社と比較して最安値で、アクオスと比較すると約半額!価格面でのメリットは、このTVに勝てるTVは無い。

結論としては、BDに非対応、いくつかの制限やサイズが大きいなど、デメリットはあるが、何よりも価格が最安値で、他社と比較しても2万円は安い。この点を考えれば、とにかく安く32型の録画機能付きテレビが欲しい人は、このTVで間違いない。BDや2画面表示やインターネットが充実しているTVが欲しい人は、別のTVを買った方がいい。また、最新の機能が欲しい人にも、間違いなく物足りないTVなのでオススメはできない。