32インチ録画機能内蔵テレビ・リアル/ 型番:LCD-32BHR400 レビュー

リアル(LCD-32BHR400)
オススメ度:
4
メーカー:
三菱電機(リアル)
型番:
LCD-32BHR400
サイズ:
32型(HDD内蔵・録画機能付きテレビ)
発売日:
2010/7/29
最安値:
78,878円(2011年4月現在)
コンセプト:
高画質液晶にブルーレイとハードディスクを両方内蔵。

32インチ・リアル(LCD-32BHR400)は、HDDとBDを内蔵して他社と同額BDが不要でなければ、このTVがオススメだ

このテレビの機能でメリットは、①HDD内蔵500GBでBDも搭載(2番組同時録画が可能)②オートターン機能の2点だ。逆に気を付けたいのは「倍速機能はナシ」「インターネット対応だがTV版Yahooには未対応」「ダイヤモンドパネルなどの三菱オリジナルの画質関連の機能は搭載せず」という点だ。

ブルーレイソフトやDVDソフトが楽しめるブルーレイ内蔵

500GBのHDD内蔵で録画が可能という点だが、最長で360時間まで録画が可能だ。360時間をフルに録画すると画質が荒すぎるので、実際は、200時間程度と考えた方がいい。容量は他社と同一で、2番組を同時録画などは可能になっている。
ブルーレイに対応だが、現在のところHDD内蔵の32型では、アクオスとビエラ(R2Bシリーズ)のみとなっている。アクオス同様にブルーレイに直接録画することもできる。

その他、リモコンでTVの角度を変えられるオートターン機能(詳細は32型リアルLCD-32ML1をご参照)が搭載されている他、インターネットにも対応しているが、残念ながらテレビ版Yahooには対応しておらず、ツタヤTVとアクトビラにのみ対応している。一方で、要注意な点(デメリット)は、アクオス・レグザなどとは異なり動画が滑らかになる倍速機能は搭載されていない点、ダイヤモンドパネル・超解像技術などの画質を向上させる機能が、ほぼ搭載されていない点や、2画面表示が不可になっている点には注意が必要だろう。

サイズは、幅78.4cm、高さ56.2cm、奥行き32.9cmだが、 これに加え価格(2011年4月/価格.com等参照)を他社(アクオス、ブラビア、ビエラ、レグザ、ウー)の32型録再テレビと比較した。電気代は1Kwhを22円、1日の視聴時間は4.5時間で計算している。

製品名 アクオス
LC-32DR3
ブラビア
KDL-32EX42H
ビエラ
TH-L32R3
ウー
L32-HP07
レグザ
32H1S
リアル
LCD-32BHR400
幅(cm) 77.2cm 75.5cm 76.9cm 77.2cm 78.6cm 78.4cm
高さ(cm) 54.9cm 50.1cm 51.4cm 53.2cm 52.5cm 56.2cm
奥行き(cm) 22.5cm 22.5cm 23cm 23.9cm 27.9cm 32.9cm
総体積(cm3) 95,361 85,107 90,911 98,158 115,129 144,960
年間の電気代 2,200円 1,848円 1,320円 1,364円 1,848円 2,332円
本体価格 100,475円 73,800円 76,791円 69,799円 56,800円 78,878円

上図の通り、幅、高さ、奥行きの全てが大きい。トータルの総体積で考えるとワースト1だ。オートターン機能が搭載されているためのサイズだろうが、小さくならないのか。。。一方で、年間消費電気代も最高額。ビエラとは年間の電気代で1,000円程度の差額が発生する。10年間使用するとすれば、10,000円だ。 最後に価格だが、リアルは他社と比較して並。最安値のレグザと比較して20,000円程度の差額がある。ただし、同じHDDとBDを内蔵したアクオスとでは20,000円程度の差額があるので、価格面で考えると、このリアルの方がお買い得といえる。

結論としては、HDDとBDが両方搭載されているTVが欲しい人で、可能な限り安く購入したい人には最適なTVだろう。倍速機能が無い、TV版Yahooに未対応など、要確認の点はあるものの価格面でのメリットは大きい。BDを搭載していないブラビア・レグザなどと同額なので、BDが付いている分だけお得なTVだと考えられるだろう。サイズと幾つかの機能に目をつむれば、オススメのテレビだ。