32v型録画機能内蔵テレビ・ブラビア/ 型番:KDL-32HX65R レビュー

32v型録画機能内蔵ブラビア(KDL-32HX65R)
オススメ度:
3
メーカー:
ソニー(SONY)
型番:
KDL-32HX65R
サイズ:
32v型液晶テレビ(録画機能付き)
発売日:
2012/4/20
最安値:
85,000円 ※2013年1月現在
コンセプト:
充実の録画昨日。ネット動画も楽しめるブルーレイ一体型モデル

32v型ブラビア(型番KDL-32HX65R)は録画よりも他の機能に注目!

このブラビアHX65Rシリーズは、2012年春に発売開始した。スペックが上位の順にプレミアム・ハイスペック・録画機能内蔵・スタンダードの4つのカテゴリがあるが、その中で録画機能内蔵にカテゴライズされている唯一のモデルだ(2013年1月現在)テレビメーカー各社の流れで、録画機能内蔵(HDD内蔵)のテレビは少なくなり、外付けHDDで録画できるテレビが隆盛を極めている。ソニーもご他聞に漏れず、その流れに乗っているといえる。さて、このブラビアで特徴的なのは ①3D映像が視聴可能 ②充実のネット機能 ③カメラ取り込み/ソニータブレット連携という3点だ。注意したいのは、本体価格が若干高額、2画面表示なし、2番組録画中はチャンネルが固定という点だ。

ブラビア(KDL-32HX65R)の各種機能

まず3D映像だが、別売りのメガネを購入すればフルハイビジョンの3D映像が視聴できる。映画以外にも3Dゲームやスポーツ中継も3D映像で楽しむことができる。今となっては特に珍しくもない機能だが、一時ほどの過熱感は明らかに冷め、今では逆に32v型の録画機能搭載テレビでも、このブラビアのみ搭載されている。ネット機能は、他メーカーと比較してもブラビアの充実度は突出しており、Youtube・スカイプ・twitterなどを始め、hulu・DMM・ユーネクストといった有料のビデオ・オンデマンドまで利用できる。前述の3Dに関しても、ネットワーク配信の3Dコンテンツもリリースされている。

一方で録画機能は、他メーカーと同様に長時間録画・2番組同時録画に対応しているが、チューナーは2つしか存在していないため、2番組同時録画中にはチャンネルが固定される。その他、カメラとブラビアをUSBケーブルで接続するだけで画像・映像をHDDに取り込んだりBDに移せる。また、新しくソニータブレットと連携して、家庭内の同一の無線LAN内であれば場所を選ばずにテレビが視聴できるようになった。

次に、本体価格・サイズ(幅・高さ・奥行き)・年間の電気代に加え、各種機能の対応状況を他社(ブラビア、ウー、レグザ、リアル、ビエラ)の2012年発売の32v型の録画機能付き液晶テレビと比較した。価格は2013年1月現在の価格を価格.com/比較.com等を参考にした。また、年間電気代は1Kwhを24円、1日の視聴時間は4.5時間で計算した。ただし、2012年発売のアクオス・ビエラ・WoooにはHDD内蔵モデルが存在しておらず外付けHDD録画のみのため比較対象外とした。

製品名 ブラビア
KDL-32HX65R
リアル
LCD-32BHR35
リアル
LCD-A32BHR3
レグザ
32HB2
アクオス
なし
ビエラ
Woooなし
本体価格 85,000円 75,800円 89,800円 58,778円 - -
年間の電気代 2,712円 1,992円 1,992円 1,968円 - -
幅(cm) 75.5cm 75.3cm 75.3cm 77.6cm - -
高さ(cm) 51.0cm 53.7cm 53.7cm 53.8cm - -
奥行き(cm) 23.1cm 32.0cm 32.0cm 20.3cm - -
3D - - - - -
ブルーレイ - -
HDD内蔵容量 500GB 500GB 500GB 500GB - -
裏番組録画 - -
2番組同時録画 - - -
長時間録画 11倍/469時間 12倍/540時間 12倍/540時間 - - -
2画面表示 - - - - - -
インターネット - -
無線LAN内蔵 別売りUSB - - - - -

ブラビアの本体価格は、単純に数字だけ見ると高額といえるが、他機種が3Dを搭載していないことを考えれば安価ともいえる。ただ、年間の電気代は他機種と800円差と大きく、10年間使用するとすると8,000円となる。電気代を加味すれば、リアルA32BHR3との本体価格差は埋められる。
機能面での比較では、前述した3Dの他に特に目立った点はないが、大抵のブラビアには2画面表示が搭載されているが、このブラビアには搭載されていない。また、無線LAN機能は内蔵されておらず、自分で子機を準備するか別売りのUSBアダプターを購入する必要がある。このアダプターは5,000円程度が相場のため、さらに予算は膨らむことになる。

結論としては、予算・費用を無視しての機能重視ならオススメだ。また、インターネット機能でも、他社よりも明らかに充実しているため、テレビでネット動画などを楽しみたい人や、気軽に天気予報や株価やショッピングをしてみたい人にも薦められそうだ。ただし、前述した通り録画機能は、リアルのように2番組同時録画中には、録画中の何れかのチャンネルに固定されるため注意したい。2番組録画中もチャンネルが固定されたくない場合には、リアルを選んだ方が賢明だ。