法人化・損益通算・収益構造の変化等 一覧

法人設立で所得を給与所得に転化して節税
代表例が、事業所得及び不動産所得を給与所得に転化する方法だ。具体的には事業を法人化ないしは法人成りして自分に給与を支払えばい・・・
不動産所得者は法人活用で節税
不動産所得者が法人活用する場合、設立する法人は「不動産所有会社」「不動産管理会社」「不動産会社(サブリース方式)」の3つの選択肢が・・・
不動産所得者が経費で節税できる4つのポイント
一般的には不動産所得の法人活用で所得の転化をして節税したりするが、個人事業主のままでも効果的な必要経費の発生によって一定の節税が・・・
不動産所得者は贈与か親族間売買で節税
不動産所得者が少なくとも50歳以上である必要があるが、特に収益性のよい物件を早めに子供へ贈与・売却(あるいは子供が株主である法人へ売却)する・・・
株式・投信の損益通算は本当に節税になるか
株式・投信等の売却する際に発生する譲渡益と譲渡損(黒字と赤字)が挙げられる。この2つは同一年度であれば通算してプラス幅の縮小ないしはマ・・・
19~23歳の子供と70歳以上の親がいれば節税
扶養控除は「一般の控除対象の扶養親族※1」「特定扶養親族※2」「老人扶養親族※3」に分かれる。「一般の控除対象の扶養親族」は16歳以上の・・・
赤字がある土地と保険等は黒字と内部通算
売却益の出る土地と売却損の出る土地の売却だ。特に1つの不動産で多額の売却益(譲渡益)が発生する場合には、他に所有する不動産を見直して・・・
給与所得者ができる所得税対策・節税
第一に挙げられるのが「給与の特定支出控除」だが、特定支出は給与所得控除額の2分の1を超えた額となっており、自腹が全て特定支出としてカウント・・・
事業所得者ができる所得税対策・節税
個人事業主から法人成りして、所得の転化によって給与所得控除の分だけ節税する方法だ。法人設立には数十万円が必要になるが、それを補って余り・・・