ふるさと納税のお得感の有無

ふるさと納税はお得感を感じにくい!?

ふるさと納税は、実質2000円の自己負担で全国津々浦々の特産品が受け取れる人気の節税方法だ。会社員(給与所得者)では確定申告が不要となったのも、人気に拍車を掛けている。ただ、ふるさと納税はお得感が感じにくいため注意が必要だ。それでは、ふるさと納税の大まかな流れを確認するが、基本的には寄付をして商品が後日届き、寄付額の分だけ翌年からの税負担が減るという流れになっている。

ふるさと納税の流れ(フロー)

その流れを示したのが上図だが、軽減された税金分だけ月々の給料が少し増え、その分で寄付の元がとれるのが分かる。この仕組みでは実際に寄付した金銭が懐に戻るまでのタイムラグが大きく、即時のお得感は得にくい。例えば、正規価格よりも割引されている場合(10万円の商品が1万円で販売)のようなお得感を感じることはない。

また、この流れではポイントプログラムのようなお得感の心理も働かない。ポイントプログラムの場合には、毎日の何気ない買い物で気づかない内にポイントが貯まり、ポイントで商品交換・割引が受けられる。この場合には多少のサプライズ感と、手元の現金(預金)は減らないことからお得感が出てくるといえる。その点、ふるさと納税はスタート時点で手元の現金が減るため、ポイントのようなお得感は発生しない。

ふるさと納税のお得感を例に表すなら「同僚に3万円を貸す代わりに同僚の実家のミカンを貰い、返済は月1回の飲み会代(5000円)の奢りにする」感覚に近いかもしれない。これをフローにすれば、前掲のふるさと納税のフローに近い。

友人に金を貸した場合の流れ(フロー)

この場合にも、ふるさと納税と同じく「同僚の実家のミカン」の分だけ得をしているわけだが、感覚的には如何だろうか。。。寄付額が小さければ飲み代5000円ではなくビール1杯500円ということにもなり得る。そうなれば得をしているのか否かが、さらにピンと来なくなりそうだ。人によっては、刹那的に数万円でミカンを買った感覚がしないでもないだろう。

以上のように、ふるさと納税は間違いなく得ではあるが、感覚としてはお得感が出にくい仕組みといえる。マスコミ等ではお得感が喧伝されるが、もしも感覚的に自分に合わないようなら利用しないのも1つの考え方だ。もちろん、地域振興・ふるさとに貢献という本来の趣旨に沿って利用するなら話は別だ。