原状回復・リフォームの費用削減等のポイント

原状回復などでのリフォーム業者の選び方・見極め方とは!?

アパート経営などの不動産投資では、退去後の原状回復や入居率向上のためのリフォーム業者の選定は重要な要素となる。もちろん、安く請け負ってくれるに越したことはないが、それによって何かしらの不都合が生じては元も子もない。それでは、リフォーム業者の選び方や見極め方には何かポイントがあるのか?

まず、リフォームが費用が安い業者は、業者の立場からすると安く仕事を引き受けた分だけ何かしら経費を削減するか、仕事量を増やす(薄利多売)をする必要がある。前者であれば、適正な許容範囲内のことであれば良いが、質の悪い壁紙クロスであったり、明らかに経験が浅い若手(もしくはバイト)に作業をさせるという可能性もある。後者であっても、スピードを重視する以上は工程を省くか、雑な仕事にならざるを得ない。壁紙クロスの張替えなら下地の補修を適当に行うといった具合だ。これらの仕事で迷惑を被るのは入居者だが、それが回りまわってオーナーの不利益になるのは目に見えている。そのため、過度に価格競争に持ち込んでいる業者には要注意だ。

それでは何を基準に選べばいいのか? あくまで1つの指針でしかないが、施行事例が基準の1つにはなるだろう。企業ホームページでの施行事例だけでなく、会社案内などの資料を見て、手の込んだ仕事をしているか?施行事例は古いものばかりではないか?などをチェックして技術力を推して測ればいい。昨今では原状回復のみを請け負う業者もおり、工事費は確かに安い。ただし、将来的にリフォームが必要になる可能性を踏まえれば、大掛かりなリフォームの実績のある業者とのパイプを作っておいて、気軽に相談できる体制を整えておいた方が後々有利になる可能性が高い。

一方で、どうしても安さを追求したいなら、前述の原状回復専業の業者も含めて数社の業者を試すしかないだろう。前述したように安い業者の技術がすべからく悪いということはない。退去者が出る度に異なる業者を利用して、その仕上がりを写真に収めて比較するという手もある。ほぼ同じ金額だが仕事の質が同等であれば1円でも安い業者を利用すればよく、ほぼ同じ金額でありながら仕事の質に一定の差があるようなら、多少高くとも質の高い業者を選べばいい。もちろん、条件を同じにするため同じ間取りであったり同じ壁紙クロスでお願いすることが必要だ。

以上が原状回復などでのリフォーム業者の見極め方と選び方だが、技術云々もさることながら物件に近い業者を選択するのも重要だ。何か不具合があれば即座に駆けつけてもらえ、薄利多売の業者でも移動時間が短ければ作業時間が結果的に伸びることも考えられるためだ。また、何か原状回復について不安・疑問があれば、インターネット・書籍などの情報だけでなく、不動産会社の不動産相談会(不動産投資セミナー)などを利用して同業者の意見・経験談を得るのも1つの手だ。