不動産売買・貸借の留意点/注意点 一覧

賃貸借契約は定期借家契約で大丈夫か?
一軒家は元より、マンション・アパートでも賃貸をする際には、まず賃貸借契約を結ぶことになる。ただ、賃貸借契約には普通借家契約と定期借家契約の2つがあり・・・
新築マンションの床面積はパンフより狭い
不動産(土地・建物)の面積は法務省の登記記録に記録されているが、建物は増築の登記を行っておらず現状と登記記録が異なることは間々ある。ただ、それよ・・・
土地・住居・マンションの賃料の消費税は?
土地・住宅・マンションなどの地代・賃料は消費税が非課税となっている。そのため、度重なる消費税の増税も気にする必要は無いわけだが、物件を賃貸する際に・・・
土地は登記面積と実測面積が異なる
不動産(土地・建物)の売買にあたって、その面積は売買代金・価格を決定づける重要な要素の1つなのは疑いようがない。ただ、不動産の面積を表すのは登記・・・
不動産価格の仕組み・調べ方と落とし穴!
土地の価格は一物四価と呼ばれるように、様々な目的に応じて価格差があることを知らなければならない。例えば、実際に土地が売買される金額と、相続税や固定・・・
不動産の売買代金の内訳
売主・買主が共に売買が完了するまでに不安がある結果、不動産の売買代金には手付金・内金・残金といった形式で金銭の授受が行われる。手付金・内金・残・・・
不動産の売買契約では相手方の確認
不動産(土地・建物)の売買契約にあたっては、金額が他の売買と異なり多額という点もあるが、必要以上に慎重に確認すべき点がある。こちらが買い方である・・・
不動産の瑕疵担保責任
不動産(土地・建物)は一生に一度とも言われる高額な買い物で、買い手としてはローンを組んで購入するなどの相当の負担がある。そんな状況の中で不動産を・・・
不動産の危険負担
仮に戸建住宅の売買契約が成立した後に、その引渡しまでに住宅が売主に過失がない火災で消失した場合、その売買代金はどうなるのか?
不動産の売買で最初に支払う手付金
買い手が最初に支払うのが手付金だ。手付金は契約通りに売買が成立すれば売買代金の一部となるが、他にも幾つかの意味がある。契約成立の証として証約・・・
不動産の賃料収入に課される税金は多い
不動産(土地・建物など)を貸して地代や家賃といった賃料収入を受け取ると、それらは不動産所得として課税される。もちろん賃料収入(総収入金額)からは、必要・・・
不動産所得で収入になるのは家賃・地代だけ?
総収入金額については、マンション等を貸して受け取った家賃、土地を貸して受け取った地代が含まれる。その他に礼金・更新料といった契約・再契約時に受け取る・・・
不動産所得での必要経費は税金・利息だけ?
必要経費については、貸している不動産で発生する固定資産税・都市計画税・事業税は必要経費になる。注意すべきは、不動産所得に係る所得税・住民税は必要・・・