マニュライフ生命 未来につなげる終身保険/ 外貨建て終身保険の返戻率・予定利率・保険金・保障を評価 レビュー

マニュライフ生命 未来につなげる終身保険
オススメ度:
3
保険会社:
マニュライフ生命
名称:
未来につなげる終身保険
通貨:
米・ユーロ・豪ドル(NZドル)
支払方法:
一時払い
予定利率:
円0.78% 米1.76% 豪2.88%
特徴:
ふやして、のこして、あげたい、その想いにお応えします

マニュライフ生命 未来につなげる終身保険の予定利率は他社より高いが?

未来につなげる終身保険はマニュライフ生命の一時払いの外貨建て終身保険で、同社の代理店・営業所の他に三菱UFJ銀行や各県の地方銀行等を通じて契約できる。以下、未来につなげる終身保険はの概要を記載し他社の保険と比較する。

マニュライフ生命 未来につなげる終身保険の仕組み・予定利率・返戻率・解約返戻金(解約払戻金)・死亡保険金など

まず、この保険は「簡単な告知で申込可能」となっているが、告知には5年内の病歴などが含まれており、職業の告知のみで済む引受基準緩和型ではない点は抑えておきたい。

保障内容は他社の外貨建て終身保険と同様に、外貨で保険料を運用され、死亡保険金も外貨で受け取れる。外貨で受け取るため円安になればプラス、円高になればマイナスになる。さらに死亡保険金は契約時から一定額で契約後まもなく死亡しても支払った保険料より大きい額が受け取れ得をする(為替レートは考慮しなければ)また、円より高い金利の外貨のため解約返戻金が円より早いペースで増加していくメリットがある。

次に下図では、各社の外貨建て終身保険(予定利率変動型)を選択できる通貨・契約できる年齢・予定利率の更改時期・支払い方法・死亡保険金の増減・死亡保険金の返戻率・解約返戻金が支払った保険料を上回るタイミング等で比較した。いずれも為替レートの変動は度外視して計算している点に注意してほしい。また、参考までに苦情率(苦情数÷契約数 ※生命保険協会公表)を算出し顧客満足度面も考慮した。さらに予定利率と最低保証の予定利率を比較し、他の金融商品である定期預金・国債・社債等より得かを確認した。

名称 マニュライフ
未来
第一F
レシーブ
第一F
ギフト
メットライフ
外貨一時払
メットライフ
Be with
三井住友
プライマリー
マスミューチ
ュアル
三井生命
クルーズ
メットライフ
米ドル終身
通貨 日米豪NZ 米欧豪 日米豪 日米豪 米欧豪
契約年齢 60~87歳 0~85歳 40~87歳 40~80歳 0~85歳 0~87歳 50~87歳 0~70歳
支払方法 一時払 一時払 一時払 一時払 一時払 一時払 一時払 月払い 月払い
予定利率
更改
10年 10年 15年 15年 10年 20年 15年 毎月
死亡保険金
増減
一定 一定
利率次第
一定
2段階
一定
利率次第
一定
利率次第
漸増
利率次第
2段階
利率次第
一定 一定
利率次第
死亡返戻率 ~118% 100%
~103%
~186% 152.4%~ 145.4%~ 134.3%
10年後
115%
~164%
169.8% 180.7%
解約返戻率
100%超
10年以降 ~15年 ~15年? 3~5年 変動 25年 25年
苦情率 0.12% 0.07% 0.07% 0.78% 0.78% 2.31% 0.69% 0.92% 0.78%
予定利率 日0.78%
米2.79%
豪3.73%
米1.76%
欧-----%
豪2.88%
豪2.96% 日1.00%
米2.76%
豪3.67%
日1.00%
米2.76%
豪3.67%
米1.50%
欧0.10%
豪2.40%
豪2.8%
~3.66%
豪3.6% 米3.0%
最低保証 0.55% 豪2.50% 日1.00%
米2.00%
豪2.25%
日1.00%
米2.00%
豪2.25%
0.01% 豪0.5% 豪2.5% 米3.0%
外貨建て終身保険の比較表(マニュライフ生命・第一フロンティア生命レシーブ・ギフト・メットライフ生命・Be with・三井住友プライマリー・マスミューチュアル生命・三井生命・ドリームクルーズ・プラス・デュアルセレクト・メットライフ生命

上図で1番左のマニュライフ生命 未来につながる終身保険だが、選択できる通貨は円・米ドル・豪ドルの3つとなっている。一応、保険料の払い込みにはNZドル(ニュージランドドル)も利用できるが、運用されるのは日米豪のみだ。それ以外で基本的な内容を他社と比較すると、契約できる年齢が60歳からという点には注意が必要だ。40~50代から長期で利用するといった利用方法は不可能で、60歳で契約しても平均寿命の85歳(男性は80歳)まで最長で25年程度が契約期間となる。死亡保険金を返戻率にすると118%程度で一時払いの他社の保険と比較して物足りない感は否めない。他社が50歳で計算していることもあるが、この数字はどうにも。。。ただ、予定利率は米ドルで2.79%、豪ドルで3.73%と優秀な数字を誇る。最低保証の数字は不明なのが残念ではあるが。

結論としては、予定利率を重視するなら検討の余地があるが、メットライフの方が最低保証が堅い数字で死亡返戻率も高いためオススメだ。何かしらの理由でメットライフが利用できないなら代替候補になりうるが、あくまで解約返戻金目当て(貯蓄目的)での利用が妥当といえそうだ。