第一フロンティア生命 プレミアレシーブ(外貨建)/ 外貨建て終身保険の返戻率・予定利率・保険金・保障を評価 レビュー

第一フロンティア生命 プレミアレシーブ(外貨建)
オススメ度:
1
保険会社:
第一フロンティア生命
名称:
プレミアレシーブ(外貨建)
通貨:
米・ユーロ・豪ドル
支払方法:
一時払い
予定利率:
米1.76% 豪2.88%
特徴:
上手に使い、きちんと残す。大切なあなの資産を、より活かすために

第一フロンティア生命 プレミアレシーブは定期支払金に目がいくが!?

プレミアレシーブ(外貨建)は第一フロンティア生命の一時払いの外貨建て終身保険で、各県の地方銀行を通じて契約できる。金融機関によって名称が異なり、みずほ銀行だとプレミアレシーブM、りそな銀行だと安心一生涯という名称になるが中身は同一だ。また、外貨建てではないプレミアレシーブ(円建)も存在する。以下、プレミアレシーブ(外貨建)の概要を記載し他社の保険と比較する。

第一フロンティア生命 プレミアレシーブの仕組み・予定利率・返戻率・解約返戻金(解約払戻金)・死亡保険金など

この保険の最大の特徴は定期支払金といえるが、これは特にプレミアレシーブに限ったものではなく他社の保険でも同様の仕組みの保険はある。この定期支払金は、予定利率に基づいて計算され契約者は毎年一定額が受け取れる。あくまで死亡保険金を上回った分だけとなるため、一定の死亡保障を確保しながら公的年金の補完に利用できなくもない。ただ、その役割を保険に課すのは疑問だ(後述)

ちなみに予定利率に応じて増加するのは解約返戻金も同様で、国債などの債券市場が良好であれば解約返戻金でも利益が出る可能性がある。ただし、円建てのプレミアレシーブと異なり外貨建てのため、死亡保険金・定期支払い金は為替レートに大きく影響を受ける。仮に契約時からドル/円レートが10円の円高となれば、当初の目論見より10%分減額された額になる。

次に下図では、各社の外貨建て終身保険(予定利率変動型)を選択できる通貨・契約できる年齢・予定利率の更改時期・支払い方法・死亡保険金の増減・死亡保険金の返戻率・解約返戻金が支払った保険料を上回るタイミング等で比較した。いずれも為替レートの変動は度外視して計算している点に注意してほしい。また、参考までに苦情率(苦情数÷契約数 ※生命保険協会公表)を算出し顧客満足度面も考慮した。さらに予定利率と最低保証の予定利率を比較し、他の金融商品である定期預金・国債・社債等より得かを確認した。

名称 日本生命
エバー
第一F
レシーブ
第一F
ギフト
メットライフ
外貨一時払
メットライフ
Be with
三井住友
プライマリー
マスミューチ
ュアル
三井生命
クルーズ
メットライフ
米ドル終身
通貨 米欧豪 日米豪 日米豪 米欧豪
契約年齢 16~85歳 0~85歳 40~87歳 40~80歳 0~85歳 0~87歳 50~87歳 0~70歳
支払方法 一時払 一時払 一時払 一時払 一時払 一時払 一時払 月払い 月払い
予定利率
更改
10年 10年 10年 15年 15年 10年 20年 15年 毎月
死亡保険金
増減
漸増
(緩和)
一定
利率次第
一定
2段階
一定
利率次第
一定
利率次第
漸増
利率次第
2段階
利率次第
一定 一定
利率次第
死亡返戻率 100%
~119%
100%
~103%
~186% 152.4%~ 145.4%~ 134.3%
10年後
115%
~164%
169.8% 180.7%
解約返戻率
100%超
4~6年後 10年以降 ~15年 ~15年? 3~5年 変動 25年 25年
苦情率 0.56% 0.07% 0.07% 0.78% 0.78% 2.31% 0.69% 0.92% 0.78%
予定利率 米2.5% 米1.76%
欧-----%
豪2.88%
豪2.96% 日1.00%
米2.76%
豪3.67%
日1.00%
米2.76%
豪3.67%
米1.50%
欧0.10%
豪2.40%
豪2.8%
~3.66%
豪3.6% 米3.0%
最低保証 米0.05% 0.55% 豪2.50% 日1.00%
米2.00%
豪2.25%
日1.00%
米2.00%
豪2.25%
0.01% 豪0.5% 豪2.5% 米3.0%
外貨建て終身保険の比較表(日本生命エバー・第一フロンティア生命レシーブ・ギフト・メットライフ生命・Be with・三井住友プライマリー・マスミューチュアル生命・三井生命・メットライフ生命

上図で左から2番目の第一フロンティア生命 プレミアレシーブだが、選択できる通貨は米ドル・ユーロ・豪ドルの3つとなっている。しかし、現在のユーロの予定利率が空白であることから、ユーロに関しては募集を停止している可能性がある。契約できる年齢幅は0~85歳で上限は他社と大差はないが、下限が0歳のため若いうちから契約(もしくは子供・孫名義で契約)も可能だ。死亡保険金は前述の通り、あくまで一定に保つことに主眼置かれているため大した意味を持たず、特に得をするわけではない。死亡返戻率でも100%前後に留まるが、定期支払金を考慮せねば比較にならない。円建て同様に予定利率から単純計算で10年後に死亡すれば、実質的な死亡返戻率は117%ということになる。そのため1000万で契約すれば毎年17万ドル(17万円程度)を受け取ることになる。

予定利率は米ドルで1.7%と現在はなっているが、他社と比較して明らかに劣る水準だ。定期支払い金があるとはいえ、他社よりも低い予定利率に抑えられお得さを逃していることになる。

結論としては、定期支払金が魅力的に映るかもしれないが、実質的に他社より低い利率にされているためイマイチの保険といえる。これなら死亡保障に限った終身保険に加入して、残りを投資信託・社債・外債などにして年金の補完をした方がいい。どうしても定期支払い金が欲しければ、まだ数字が優秀な三井生命のものを選んだ方がいい。また、そもそも仕組みが分かりやすいと言い難い保険で、現在50歳・60歳だと数年後ならともかく、数十年後に仕組みを覚えていて再び理解できるかは大いに疑問だ。そうなると解約返戻金・死亡保険金が少ないと感じたりする可能性も出てくる。やはりイマイチな保険と言わざるを得ないだろう。