SBI損保 がん保険/ がん保険の保険料・保障内容・特約を評価 レビュー

SBI損保 がん保険
オススメ度:
3
保険会社:
SBI損保
名称:
SBI損保のがん保険
保障内容:
診断給付金・入院・通院・手術
保険期間:
5年
オリコン:
対象外
特徴:
先進医療も自由診療も治療費にかかった費用をお支払い

SBI損保 がん保険はサブの保険か自由診療に備える目的なら!

SBI損保 がん保険は、セコム損保と共に入院日額・通院日額といった一定額の保障ではなく、治療費の実費を保障する数少ないがん保険だ。数百万を超えることもある先進医療・自由診療もカバーできるのが強みだ。以下、SBI がん保険の概要を記載し他社と比較する。

SBI損保 がん保険の仕組みと主な保障内容・保険料

この保険は入院・通院で支払った治療費の実費が保障され、他社のように診断給付金を受け取る特約も付加できる。実費補償だと窓口で支払った額が保険会社が受け取れるため治療費が不足するといった事態は回避できる。さらに良い点としては数百万円を超える先進医療・自由診療(日本未承認の抗がん剤の使用等)をカバーできる。

セコム損保との違いで言われるのは、セコムだと指定の病院での治療のみが給付金の対象でSBIには指定が無い点で、これはSBIの方が有利だ。次に診断給付金がSBIが初回から2年経過後に新たに発生したガンでなければ受け取れず、セコムは3年経過後に新たに発生したガンも治療し切れなかったガンでも給付金が受け取れる点があり、これはセコムが有利だ。最後に治療費の実費だが、SBIは高額療養費を差し引いた治療費が受け取れ、セコムだと高額療養費を差し引かない額の治療費が受け取れる。これはセコムの方が有利だ。ただし、その分だけSBIの方がセコムよりも保険料が安く、SBIでも自由診療には備えられるのは事実のためSBIが保険として劣っているわけではない。

次に、下図ではガン保険を加入できる年齢・保険期間から、診断給付金(上段は悪性・下段は上皮内)と回数制限、入院日額と給付日数、通院日額と給付日数、手術給付金・先進医療給付金で比較した。顧客満足度では、保険の究極的な目的である保険金を比較するためオリコンの保険金・給付金ランキングで比較した(価格.comや各保険サイトのランキングは契約数だけが基準のため参考外)また、参考までに苦情率(苦情数÷契約数 ※生命保険協会公表)を算出し、契約した場合に自分が苦情を言う可能性も考慮した。

保険料では、各社の最もベーシックなプランを用いて、男性で診断給付金が100万円を選択した場合の、40歳・50歳・60歳の月額保険料で比較した。また、先進医療給付金の特約は付加した。

名称 メットライフ
ガードX
アフラック
デイズ
SBI
がん
セコム
メディコム
オリックス
ガンBelieve
AIG
がんベスト
損ジャ
勇気
チューリッヒ
がんプラス
メディケア
一時払がん
年齢
期間
~80歳
終身
~80歳
終身
~75歳
5年
~74歳
5年
~75歳
終身
~70歳
終身
~75歳
終身
~70歳
10年
~75歳
終身
診断給付 100万
50万
100万
10万
100万
100万
100万
100万
100万
100万
1~300万
50万~
1~300万
1~300万
100万
100万
-
診断給付
限度
年1回
(計5回)
1回 無制限 無制限 1回 無制限
1回※
無制限 無制限
上皮は1回
-
入院日額
限度
1万※
無制限※
1万
無制限
実費 実費 50+1万
無制限※
1万※
無制限
1万
無制限
1万
無制限
\2,000~1万
無制限
通院日額
限度
- 1万
無制限
実費
(1000万)
実費
(1000万)
1万
無制限
- 1万
120日
5000円
30日
-
手術給付 - 20万 実費 実費 20万 10~40万 10~40万 20万 2~10万
先進医療 2,000万 1,000万 実費 実費 2,000万 2,000万 1,000万 500万 2,000万
その他 ホルモン 放射線
抗がん剤
- - 退院一時金 死亡
無事故
- 退院一時金
在宅療養
ゼロトク
死亡
放射線
骨髄移植
オリコン 4位 6位 対象外 対象外 3位 ランク外 7位 1位 ランク外
苦情率 0.78% 0.82% - - 0.31% 0.24% 0.82% 0.42% 0.30%
保険料
40歳
\2,785
(\4,128)
\4,605 \1,600
(\900)
\1,930 \3,710 \4,442
(\7,661)
\4,182 \1,347 200万~
6,000万
保険料
50歳
\4,199
(\6,223)
\7,459 \3,330
(\1,950)
\4,460 \5,500 \6,710
(\11,877)
\6,475 \2,837 200万~
6,000万
保険料
60歳
\6,136
(\8,959)
\12,271 \7,200
(\3,500)
\8,310 \8,050 \10,055
(\17,735)
\9,865 \5,497 200万~
6,000万
がん保険の比較表(メットライフ生命ガードX・アフラック デイズ・SBI損保・オリックス ガンBelieve・アクサ生命・AIGがんベスト・損ジャ日本興亜・チューリッヒ がんプラス・メディケア 一時払がん)

上図で左から3番目のSBI がん保険だが、契約可能な年齢は75歳までだが保険期間は5年定期のため保険料は終身と異なり、更新時の年齢に応じて上昇していく。そのため保険料は見た目より高くなる(後述)がん診断給付金は100万円としたが、前述したように削減も可能で、その意味ではセコムよりも柔軟性がある。上皮内新生物でも同額なのは評価できる。それ以外の保障は実費補償となるため他社と比較できない。顧客満足度の面では、損保会社のためオリコンでは同一水準で比較できず、苦情率も同様の理由で比較はできない。とはいえSBI損保の主力である自動車保険での評判は、その安さに比例して相応に悪い。そのため顧客満足度には一抹の不安が残る。

保険料は他社と比較すると一見すると安いが、5年毎に上昇するため見た目ほど安くはない。例えば、終身型のメットライフだと40歳契約で65歳まで支払うと合計83万円(2785円×12ヶ月×25年)だが、SBIだと同条件で合計116万円となる(1600円×12ヶ月×5年+2290円×12ヶ月×5年+3330円×12ヶ月・・・)。メディコムよりは安いが保険料が一般的なガン保険より安いわけではない。

結論としては、通常のガン保険の補完となる保険を検討している人、または自由診療(+先進医療)だけが不安な人にはオススメできる保険だ。サブの保険にしては保険料は決して安くはないが、診断給付金を外せば60歳時でも保険料は3500円まで抑えられる。この金額なら定期型とはいえ十分に検討に耐えうるだろう。ただし、前述したようにSBI損保の顧客満足度は、オリコンの損保分野で見ても保険料の安さ以外では、決して上位には来ておらず不安がある。そのため貯金で備える場合の補完か、他の保険のサブの保険としての位置が妥当だろう。